BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

MVまとめ 記事

今週公開の邦楽MVまとめ 10月2日〜 part2

102-2

今週公開のMVの中から、邦楽ロックファンなら特に見逃せないものをピックアップしました。

みなさんの音楽発掘に是非お役立てください。それではどうぞ!


スポンサードリンク

androp 「Sunny day」

andropの新曲"Sunny day"は当曲収録の新作アルバム”blue"のジャケットの配色と同じ赤色をモチーフとしたMVであり、今までの彼らにないようなスリリングな仕上がりの1曲となっている。

ディレクターはandropデビュー当時から映像制作に関わってきた高橋健人が務めている。

 

SHE'S 「Tonight」・「Stars」

ピアノボーカル率いる男性4人組ロックバンドSHE'Sが放つ新曲は幻想的な映像の中歌われるバラード"Tonight"と、前に進んでいこうというSHE'Sの強い意志の感じられる"Stars"の2曲である。

この2曲は10月19日リリースのニューシングルに収録。"Tonight"には同シングルのジャケットにも起用されているモデルの青柳文子が出演。"Tonight"はフル版、"Stars"はShort版が公開されている。

 

LILI LIMIT / A Short Film

そのファッション性の高いルックス、洗練されたポップさなどが注目され若手バンドの中でもメキメキと頭角を現しているLILI LIMITが、10月26日リリースの1stアルバム「a.k.a」より「A Short Film」のMVを公開した。

主人公の支えになってくれる人へのメッセージが込められているという今作は、タイトルの通り"ショートフィルム"のような出来になっており面白いMVとなっている。

 

MOROHA 「四文銭」

アコースティックギターとラップのみで新たな音楽の可能性を描くMOROHAが、10月5日にリリースした新譜「MOROHA Ⅲ」より「四文銭」のMVを公開した。

MVは彼らが7月に出演したFUJI ROCK FESTIVAL '16でのドキュメンタリー映像を織り交ぜたものになっており、MOROHAのライブでの熱量が画面越しにもひしひしと伝わるものになっている。

 

amazarashi 「虚無病」

amazarashi新曲「虚無病」のMVはボーカル秋田ひろむ自身が楽曲をパフォーマンスする様子と、ミニアルバム初回限定盤に付属する秋田の書き下ろし小説「虚無病」の登場キャラクターが交錯する映像に仕上がっており、楽曲の持つダークで妖しげな世界観を楽しめるものだ。

 

BUZZ THE BEARS 「あなたへ」

 

日本語詞でのメッセージ性で人気を集めるBUZZ THE BEARSが、キャリア10周年に伴いリリースされるベストアルバムより新曲「あなたへ」のMVを公開した。
MVはバンドの演奏シーンと彼らの過去のライブ映像やオフショットを織り交ぜたものになっている。

THE ORAL CIGARETTES 「5150」

人気若手ロックバンドTHE ORAL CIGARETTESの新曲「5150」は、攻撃的で疾走感溢れる中にも妖艶さが光る1曲になっている。

MVは山中拓也(Vo.Gt)が鏡を叩き割ったことをきっかけにパラレルワールドに迷い込むところから始まり、闇の中で苦しみもがく山中拓也の姿、炎と土砂降りの雨の中演奏するメンバーの姿が描いている。

 

THE BACK HORN 「With You」

THE BACK HORNが10月19日にリリースされるニューシングルの表題曲である「With You」のMVを公開した。

アグレッシブな音楽性とライブパフォーマンスを得意とするTHE BACK HORNであるが、新曲「With You」はピアノやストリングスが取り入れられたバラードナンバーとなっており、スーツに身を包んで演奏するメンバーの姿など新鮮な彼らの魅力を楽しめるMVである。

 

ドレスコーズ 「人間ビデオ」

10月12日にリリースされるドレスコーズのニューシングル「人間ビデオ」のMVが公開された。

「人間ビデオ」は10月14日全国公開の映画「GANTZ:O」の主題歌となっており、和嶋慎治(G / 人間椅子)、ピエール中野(Dr / 凛として時雨)、有島コレスケ(B / arko lemming)という豪華なサポートメンバーも楽しめるポイントである。

志摩遼平が血の海の中パフォーマンスするなど過激なシーンが多数ある今作のMVは、モザイクの入った“検閲済版”も同時公開されている。

 

The Birthday 「夢とバッハとカフェインと」

元THEE MICHELLE GUN ELEPHANTチバユウスケ率いるThe Birthdayが1年半ぶりの新曲「夢とバッハとカフェインと」のMVを公開した。

MVの監督は2015年5月発表のシングル「I KNOW」からタッグを組む田辺秀伸であり、実際に演奏するメンバーとプロジェクターにより映し出されるメンバーが交錯する内容である。

 

revenge my LOST「MILLENARIAN」

ジャンルに囚われない音楽性でラウドシーンの中でも抜け出た個性を見せつつあるrevenge my LOSTが、初の全国流通となる1stフルアルバムから「MILLENARIAN」のMVを公開した。

MVは囚われた人やマスクを付けた女性が舞い踊る怪しげな映像で、歌詞や映像の中には彼らの過去作品の系譜が隠されておりファンが楽しめるものとなっている。

 

BRADIO 「Back To The Funk」

ブラックミュージックの影響を色濃く受けつつも、それらを自分たちのロックへと昇華させている4人組バンドBRADIOが新曲「Back To The Funk」のMVを公開した。

この曲は、10月19日にレンタルがスタートするTSUTAYA限定CD「ファンキー中級盤」と、11月2日にリリースされるライブ会場限定シングル「Back To The Funk」に収録されるナンバーであり、セクシーでファンキーな踊れるナンバーである。

 

大森靖子 「非国民的ヒーロー」

大森靖子の新曲「非国民的ヒーロー」は作曲・コーラスをの子(神聖かまってちゃん)が担当しており、MVにも共に出演している。

MVは二人のお互いの生活が入れ替わる内容であり、どちらのファンも楽しめる内容に仕上がっている。なお「非国民的ヒーロー」は10月26日にリリースするニューシングル「POSITIVE STRESS」に収録される。

 

中田ヤスタカ「NANIMONO(feat. 米津玄師)」

Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅなどのプロデュースで知られる中田ヤスタカが、映画「何者」の主題歌として書き下ろされた楽曲「NANIMONO(feat. 米津玄師)」のMVを公開した。

今曲は映画「何者」のプロデューサーの川村元気から話をもらい実現したという今回の豪華なコラボレーションであり、米津玄師がボーカルと作詞を担当している。
また今回、中田ヤスタカは映画「何者」の劇中音楽を全て手掛けている。

 

My Hair is Bad 「恋人ができたんだ」

My Hair is Badの持ち味であるストレートで心を打つ歌詞はそのままに、ストリングスを取り入れた今までの彼らにはないサウンドメイクに挑戦した新曲「恋人ができたんだ」のMVが公開された。

MVは主に東京・よみうりランドで撮影されたフィルム風の写真がスライドショーのように次々と写される内容であり、歌詞の哀愁をより伝えるものとなっている。

「恋人ができたんだ」は10月19日リリースのニューアルバム「woman’s」に収録されるナンバーであり、アルバムの特設サイトでは現在、同曲の歌詞を公開中。特設サイトではアルバム収録曲の歌詞が随時アップされていく模様だ。

 

WEAVER「S.O.S.」

ピアノボーカル、ベース、ドラムという珍しい編成であるスリーピースバンドWEAVERが10月19日リリースされる両A面シングル「S.O.S. / Wake me up」から「S.O.S.」のMVを公開した。

監督はサカナクションやNICO Touches the WallsのMVも手がける中村浩紀が担当し、曲の持つ1980年代の雰囲気をポップに表現している。

 

それではまた次回

次回は10月9日からリリースのMVをご紹介します。

それでは!

オススメ記事

記事検索

オススメ記事