BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

記事 邦楽ロック

マイミーンズをハヌマーンで語るな。

2016/07/16

 人気バンドのメンバーが解散後、別のバンドを始めるとどうしても各所で過去のバンドの名前がチラつく。

 たとえばこのマイミーンズは元ハヌマーンのベーシスト、えりっさがフロントマンを務めるバンドだ。と、言えばハヌマーンを知っている人ならば「おっ、聴いてみよう」となることだろう。それはとりあえず一聴させる上では正解なのかもしれない。このサイトでも、まだ知名度の弱いバンドを紹介する際とにかくまず聴いてもらう為に、記事を見てもらう為に、わざとビッグネームを引き合いに出したりもしている。そして実際一定の効果を上げている。

 だが反面、前のバンドと並べ比べてしまうと、新しいバンドがどんなに素晴らしい音楽をやっていても、僕らが勝手に抱いているイメージとのギャップが違和感となって「なんか違うな」と、なってしまう。エルレ復活しないかなーって言いながらなんだかんだハイエイタス聴いてる、みたいな構図。いっそ一度忘れてしまえばもっと純に楽しめるのにな、そう思いませんかね!

 わざわざタイトルに出しておいて誠に勝手ではあるが、今回はハヌマーンのことはいい思い出だった、と一旦頭の隅に追いやって、真新しい気持ちでマイミーンズを聴いてみて欲しい。


スポンサードリンク

 ギター二本のバンドでこんなに各楽器が住み分けできている例はとても珍しい。まだ誰の息もかかっていない独力のバンドとは思えない作曲だ。こんなパズルをはめるみたいに曲が作れたらさぞ楽しいことだろう。ていうか本当に楽しそうに音楽してる。ドラムのお姉さんなんかずっと笑ってるしな、どんなくだらない冗談を言っても笑ってくれそう。家にいて欲しい。

 あとごく個人的な話なんだけど、ギターの人めちゃくちゃタイプだ…どうしたらいいんだよこの気持ち。笑いかけるなよ好きになっちゃうだろ。この動画を再生した俺以外の男にもこの笑顔を振りまいてると思うと胸が痛い。
 "好きバイアス"がかかってるせいで正常な判断能力を失ってるからかもしれないが、弾くフレーズも良い。終始コードを弾くベースを邪魔しないシンプルなギター。良い意味で女性的でない。

 きのこのお兄さんのギターも、たまらん。バンド全員が全員自分のテリトリーを守りつつ美味しいメロディをぶつけてくる。センスがあるってこういうことなんだろう。

 

 ジャケットのデザインってあんまり注目して語れることがないが、マイミーンズの君のマインズのジャケットなんか一目見て一発で「こういうバンドか」とわかる良デザインだ。ジャケットは手に取りたくなるような、部屋に置いておきたくなるような、そんなデザインが良いとされるけれど、その音楽を探している人間に「あなたが聴きたい音楽ですよ!」とアピールする。聴く前にイメージさせる。それもジャケットの重要な役割だ。

 流し聴きする気満々のフワついたリスナーの頭を一発で揺り起こすようなイントロが最高。え?と思ってる間に聴いちゃって、良いじゃん!と思わされる。少なくとも僕は思わされてしまった。えりっさの声もそこらへんの女性ボーカルの、キャラ作りの濃いありがちな声じゃなくて、スッと自然に聴ける毒味ゼロの気持ちのいい声をしている。毒がないとみんな満足してくれない、と散々言っては来たがこんなに演奏と構成できっちり聴かせるポイントを作れているのならむしろ毒なんかない方がいい。ずっと聴いてられるから。

 

 ハヌマーンはその知名度以上の爪痕を残した良いバンドだった。が、その名前を借りなくてもまったく平気なくらいマイミーンズだって負けず劣らず良いバンドだ。
是非みんなに聴いてほしい。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事