BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

記事 邦楽ロック

最近の音楽なんかクソばっか、SANABAGUN.

2016/07/16

head2

 既にちょこちょこ随所で見かけることが多くなっているがSANABAGUN.というバンドをご存知だろうか?

 8人組のヒップホップチームで、ジャズバンドにラップを乗っけるという日本ではかなり珍しいスタイルのバンドだ。

 しかしヒップホップではトラックにジャズなんてのは定番も定番。その定番を本格派の音で表現するのがこのバンド、SANABAGUN.だ。

 このバンド色々変わっていてザックリ特徴を挙げると「8人組」「ジャズ+ヒップホップ」「ストリートライブ」「ディス」「音大卒」「ゆとり世代」、眩暈がした。書くの怖すぎる。こんな密度の高い地雷原走らなきゃいけないのか音楽サイトってのは。

 ceroとかSuchmos、Yogee New Wavesあたりの最近の邦楽内の「シティポップ」とか「ブラックミュージック」みたいなムーブメントが勢いを増しているとこまで含めて、是非チェックしておきたいところ。

 ということで今回はSANABAGUN.を予習しておこうという記事である。


スポンサードリンク

いいぞもっとやれ


もう実家帰りなよ - SANABAGUN.

「もう実家帰りなよ」

 東京にいる自称若者(20代後半)が一撃で死ぬキラーターム。渋谷で道行く若者に一言ささやいて歩けば15分待たずに殴殺してもらえるよ。

 本人たちが言うにはこの曲はただのギャグらしい。ラップも面白半分の冗談。自分たちをルアーにラッパーの一本釣り、らしい。

 しかしだ。勿論姿勢も込みだが、かっこいいよコレ。好きだ。

 メンバーがぐるぐるしながら音楽業界をディスりまくるという内容なのだが、流れをフル無視して「ちんちんのカス」としか言わないヤツ目が据わってる

 こう、過激なことを口に出せば「ディス」と言われる昨今の日本。しかしみんな口に出さないだけで結構数の人間、特に音楽に関わる仕事や趣味を持っている人間はみんな思っていることだ。ていうか音楽に限らず、自分の属するコミュニティは事実がどうあれなんとなく「クソだ」と思いがち。

「最近の音楽は、クソ」

 言われ過ぎて言うのが逆に恥ずかしいが、たぶんバンドマンなんかは自分をだませる奴以外はみーんなそう思っている。言うと角が立つしバンド運営に難が生じるから黙っているだけで。

 クソであることは罪じゃない。誰だって圧倒的な才能で大スターになることを夢見て楽器を手に取る。言うなればクソは罰だ。

 彼らにはそんな身も蓋もないことを言ってしまえるパワーがある。

 

シーンがあってないような場所から出てきた

 リズム隊気持ちよすぎる。本当に、すぎる。心地よすぎると逆に集中できないアレだコレ。

 

 冒頭にも書いたように最近シティポップ、ブラックミュージックへの回帰、みたいなのがぼちぼち流行っている。邦楽オシャレカースト最上位みたいな所で、神奈川県あたりでポツポツ流行っている。

 SANABAGUN.も、音だけで聴けば近いところにある。

sanaba01

 アー写なんかおもっくそブラック。なんかデジャブ感あるもん。

 しかし音楽を聴いてる人間や、界隈で分類するとすれば全く別の立ち位置。ていうかシーンのハザマみたいな場所から「ぬっ」と出てきたイメージ。

「ライブハウスでガンガン活動して、コネ作って・・・」
「ネットで有名になって・・・」
「流行の音楽になぞった上で話題になるように奇を衒って」

 とかそういう一種のテンプレートのような決まったレールをフル無視してスッとメジャーに行ってしまった。カッコイイしズルい。

 しかしあれだけ「メジャークソ」とヘイト撒き散らしていた彼ら。そんな彼ら自身がメジャーに行ってしまった。全くされる筋合いのない心配をして申し訳ないが「あの子たち… クラスでいじめられないかしら…?」と転校初日の息子を見送る母の心境だよ。

 まあしかしSANABAGUN.は日本なんか眼中にないようで、目指すは世界!現状もただの踏み台!と言わんばかりだ。

 個人的には、本当に売れて欲しいアーティストだ。みなさんも是非チェックしてくれ。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事