BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

記事 邦楽ロック

空中メトロってバンドのマネジメント会社に記事を書かされました。

2016/07/16

ap

 まず懺悔したい。この記事は先日別件でお会いする機会があった、空中メトロ他のマネジメントをしている方に「是非聴いてほしい!」と押し付けられる形でCDを渡され書くことになったものだ。

 みなさんから最近CDを頂く機会が多くあり、とっても嬉しいんだけど、自分で買ったCDとかじゃないバンドはイマイチ人に薦める気になれない。

 今までCDを頂いて推せた記事なんてのはHelsinki Lambda Clubくらいなもんで、他は滅多に書かないし書いても肯定的な内容で終われた試しがない。バンドやレーベルにみなさんにはとても申し訳ないが、嘘の感想書くとバレるから仕方ない。ほら、アイキャッチ画像見てよ。見るからに僕が嫌いそうなハッピーな匂いのバンドよ。急にこのバンドを両手を振って絶賛しだしたら絶対なにかオカシイと思われちゃうだろ。

 ナタリーや各種音楽誌ならば30万ほど受け取ればインタビュー付きで手放しに褒めてくれるそうなので、僕はそちらがオススメ!

 

 かといって今回記事を書いたのは、もちろん嫌々というわけでもない。今までメジャーレーベルからの呼びかけメールすら既読無視でやり過ごしてきたのだ。書くことがないなら記事はどのみち書けない。しかし空中メトロは
「お、個人的には嫌いなバンドだけど面白いな、是非ともうちのサイトを楽しみに見てる偏屈どもに判断をゆだねたいな」
なんて、思うところもあり、今回珍しく記事にさせていただいたわけだ。

 伺ったところによればこのバンド、関係者の間では大プッシュが決まってるそうで。そういった意味でも今のうちにみなさんに知っていて欲しいバンドだ。さっそく見ていこうぞ。


スポンサードリンク

da08479581968d2308da7b3df64abe225

 正確には男女半々のヘテロバンドだが、ほら、画像を見てのとおりだ。音楽を聴かずとも既に
「あっ、チャットモンチーとかSHISHAMOとかその系譜の」
と訴えかけてくるルックス。ガールズバンドである基準はメンバーの性別なんかじゃない。ほら、考えてもみて欲しい、tricotって全員女性だけど演奏もパフォーマンスも完全に雄のそれだろ。風俗店の待合室で見かけても違和感ない。

 と、比べれば空中メトロはメスのバンド。メス感を中心に構成されたバンドだ。逆に男性メンバーのスマホにルナルナのアプリが入ってても違和感ないよ。飲み会で自分たちのいるテーブルにカシオレのピッチャー頼んだりしそうだし、あぶらもので汚れた口元をハンカチとかで拭いそうだな。はあ?なんか腹が立ってきたぞ。

 

 このサンバーストのテレキャスターよ。そういえばチャットモンチーのえっちゃんもSHISHAMOの宮崎朝子ちゃんもデビュー当時持ってたな。実際ナオンにはテレキャスターは似合う。歌い方もちょっとチャットモンチーが入ってる。好きなんだろ!言い逃れさせねえぞ!!

 "チャットモンチー"という部分で語ると、歌詞観、映像センス、歌声、とボーカルが担う部分には色濃くチャットの影を感じる。ちょっとナツい。しかし今の中高生はチャットモンチー全盛期を知らないわけで、彼彼女らからしたらば「真新しいもの」として目に映るんじゃないだろうか。

「2000年代以前の邦楽バンドは洋楽を聴いて曲をつくっていたが、昨今のバンドは2000年以降の邦楽バンドを聴いて曲を作っている」
 という論を最近このサイトで良く書いているが、空中メトロなんかはまさにその傾向の真っ只中にいる。

 だけども彼女が「えっちゃんの偽物」で終わらないのは、歌詞から滲み出る「普通のメス」感だ。チャットモンチーよりももっと乙女、頭ん中花畑、歌詞カード眺めてるだけで花粉症が悪化しそう。僕は成人男性なのでモチロン全く共感できない。しかし女の子ウケは、絶対いいぜこれ。

 

 気になるポイントもう一点は、ギターだ。リードギター。このバンドのあとの面白い部分はギターの彼に集約されている。

 入口のギターからバリバリ邦楽、2010前後の邦楽ロックの異臭がすごい。音作りも面白い。そしてなにより、ちゃんと録ってミックスもした音源なのに、すげえ不安定。リズムの前後に敏感な人ならば聴いててちょっと不安になるほどだ。

 初めて聴くバンドはドラムばかり気になってしまうのだけれど、空中メトロに関してはギターが面白い。ギターばかり聴いちゃう。サビでボーカルと並走したり、たまにやりすぎて邪魔だったり、つんのめったり、味がある。不安定だからこそただの邦楽ロックのリードギターで終わらない。随所に感じるこだわりが良い。いいぜ。

 しかし反面、ドラムとベースは、すごく退屈だ。もっと行ける。行けるぜ頑張れ。ギター、あいつ頑張ってんぞ。

 この、曲全体のメリハリのなさは完全にリズム隊の責任だ。ワンパターンのリズムで走り切る曲が多い。アルバムを通して聴くといろんなパターン叩けるようなのにそこらが残念だ。あとベースはもっとギターを殺すぐらい目立ってほしい。ベースが大人しくしすぎてるせいで、ギターの奴が悪目立ちしてるようになっちゃいそうだ。ギターと一緒にもっとアホになってほしい。アホになった君が見てえよ。あと顔が好きだよ。

 

 最後に、デザイン・ルックス面をもう一度触れたいんだけども

 メス受けするぜおい… 完全にメスにウケる。フォントや服装、色使い、どれをとっても女の子が好きそうなことやってきよる。

 微妙な差異なんだけど、女心のわかる男がやる"女性ウケ"じゃなく。女の子だから女の子の気持ちがわかる!っていう女性ウケ。女のセンス。そういった意味では貴重なセンスだ。

 

 僕は、このバンド行くとこまで行くと思うのだ。というかガールズ枠で他に有望なバンドが最近存在しない。彼女らでダメだったらば、全滅でしょう。

 みなさんには空中メトロ、どう映るか。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事