BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

記事 邦楽ロック

邦楽ロックはHalo at 四畳半を聴いとけば間違いない

2016/07/16

みなさんは王道のロックと聞いて何をイメージするだろうか。
改めて振り返ってみればロックが誕生してから既に半世紀以上たっている。
国境を越えればもちろん、ジャンルによってもそれぞれはイメージするロックはバラバラだろう。

ロックというものが何かみたいな話になるとひたすら堂々巡りになりそうなのでとりあえずおいておいて、
邦楽ロックというもの中の主流の一つ、いわゆるギターロックというもの、
細身の青年が細身の黒のパンツをはいてキノコヘアーかパーマか髪を前方向に流した髪形かのどれかをしているアレ。

ところで最近名前をちらほら名前を聴く機会が増えてきた若手バンド、Halo at 四畳半、さてどんなものかと聞いてみたのだが、これがビックリ。
ちょっと笑っちゃうくらいにギターロックの王道を行っているのだ。

もうね、今度からは「ギターロックってどんなの?」って聞かれたら黙ってHalo at 四畳半聴かせることに決めたよ。
それくらい王道。
ということでどれくらい王道か、ちょっと見てみよう。


スポンサードリンク

今の時代ではHalo at 四畳半という名前は逆に普通

ことあるたびに話に挙げるのもアレだが、ゲスの極み乙女。なんてさ、みんな若干麻痺してると思うけど冷静に考えればとんでもない名前してんじゃん。集団に名付ける名称に、まさかの修飾名詞語法。「全身乳首人間」みたいな感じだよ。妖怪とか改造人間とかにしか適用されるべきでないだろ。

それに比べて「Halo at 四畳半」いかがですかみなさん。
僕は物足りなさを感じるんですよ。「クリトリックリス」やら「水中、それは苦しい」やら、ネーミング界のスラム街ことバンド業界においては全然物足りない。あと四畳半はだいぶ狭い。こいつら絶対一人暮らししたことない。親と仲がいい。

何が言いたいかって、ちょっと変な名前だけど変な名前のバンドばかりの今の時代においてはこれぐらいがちょうど真ん中じゃないかということ。
今の時代ではシンプルな名前"The band"とか"Yes"のが逆に目立っちうまうんだよな。

haloat4_new

あと彼ら見た目も超普通。
凄く可もなく不可もない。
特別イケメンってわけじゃないけど、どっちかっていうと整っている方。親しみがありつつ嫌悪感がない。一番モテる感じの顔。合のコンやら婚の活やらにおいて女子諸君が「このレベルの男で手を打てたら万々歳か」と置き石をしたくなるジャストの顔面。バカめ、当然他の女も同じこと考えてるし結果的にここらへんが一番競争率高かったりするからお前なんかじゃ捕まえられねえよ。お前にはKANA-BOONのドラムぐらいが妥当だよ。これが本当のないものねだりつってな!!!

は?

 

バンドというものの本質が音楽をやるための集まりだってことを踏まえれば悪くない方だと思うが、顔の良さとか悪さで話題になる”顔面マーケティング”ができるかというとできない感じ。とにかく普通。

髪の毛が著しくアシンメトリーなやつがいるが、まあ許容範囲内だろう。流さないトリートメント買ってあげたくなるね。

王道ギターロック

先ほどはHalo at 四畳半が特徴がないということを強調するために無理やりアレしたけど、安心してほしい。
音楽はマジで偏り一切ない王道ギターロックだ。


Halo at 四畳半 - 春が終わる前に

いかがですか?
正直散々王道とか特徴がないとか言ってきたのでアレだが、ホントに”ギターロック”と言われてイメージするのと寸分変わらない音楽。一切の偏りがない。
あえてコメントするなら”普通にカッコいい”
悪い意味じゃなくていい意味で普通にカッコいい。ギターロックに求められる良さみたいなのを全部さらった上でメロディが普通にいい。説明がいらない。俺が必要ない。さみしい。

特徴がなくても問題のないクオリティ


Halo at 四畳半 - リバース・デイ

特徴がないのが特徴とは言っているが、コレが意外と難しいもので。
妙な特徴なんかに目がいかない分、否が応でもメロディを聞かさられてしまうのだ。

演奏もかなり高水準だし、スタンドに例えるならば”時を止める能力に目覚める前のスタープラチナ”。ジョジョ読んだことないからよくわからないって?だろうな、知ってるよ。人がいつでも親切だなんて思うなよ。
説明すると、スタープラチナは、他人を操ったり念写ができたりなどの特殊能力がない代わりに基礎能力がやたら高いタイプのスタンド。
主人公タイプのバンドだよHalo at 四畳半は。

逆に言えばみんなコレができないから、取って付けたような特徴を持ちたがるわけよ。”男女ツインボーカル”とかさ。
そういう特殊能力的なのに頼らずに腕っぷしだけで戦う感じ、いいじゃんHalo at 四畳半。

いかがでしょうか

普通普通いって申し訳ないんだけど、マジで良い意味で普通。
ちなみにこういうバンドが一番記事を書きにくい。だって説明する必要がないからね。記事書きにくいバンドってのはバンドとしての地の力が高い証左よ。

セカンドミニアルバムの『innocentpia』が手元にあるが、このアルバムにしたってクオリティが非常に高くて、
イントロ曲を除いた7曲、全部シングルカットしても問題ないレベルにまとまっている。お買い得感がすげえ。

Halo at 四畳半、このバンド、ホントに良い意味で特徴がないバンドだ。
自分たちがカッコいいと思うロックをそのままを奇を衒ったり、媚びたりせずにそのままやっているような感じ。
正直個人的にはめちゃくちゃ好感度高い、応援していきたい。

ということで今回はこのあたりで!

オススメ記事

記事検索

オススメ記事