BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

レコメンド 人気記事 記事

ただのBlankey Jet Cityファン、フットボールアワー後藤。

2016/05/31

ゴッドタンという番組、みなさんご存じだろうか。

深夜帯に放映されているいわゆる深夜番組で、劇団ひとり・おぎやはぎ・バナナマンらがレギュラー?として主に出演している。
内容はセクシー女優(公共電波ではAV女優のみなさんのことをこう呼ぶらしい)の誘惑に何分間耐えられるかを競う"キス我慢選手権"や
レギュラー陣があの手この手でグラビアアイドルのみなさんにおっぱいを見せてもらうべく奔走する"DVD発売記念・アイドルにおっぱいを見せてもらえ!"など男子中学生が考えたような企画ばかりである。大好き。

そのゴッドタンの人気コーナーに"マジ歌選手権"なるものがある。
この地下室TIMESではバナナマン日村の"ヒム子の恋する独裁国家"を真剣に考察した記事が既にあるが、今回フォーカスしたいのはフットボールアワー後藤のマジ歌"ジェッタシー"だ。


スポンサードリンク

フット後藤のジェッタシー

まぁ、まぁまずは何は置いても聴いてみて欲しい。

後藤はツッコミをしている時よりも、こういうことやってる時の方がなんか輝いてる気がする。

というわけで本題に入りたいのだが、後藤、ブランキー大好きだろ。

 

こちらが恐らく元ネタだと思われるブランキーのSea Side Jet City
「ジェッタシー」もたぶん「Jet City」からきている。
一時期話題になったフット後藤のジェッタシーだが、ブランキーのファンのみなさんは「おっ」と思われたのではないだろうか。
展開が~、進行が~、と細かく指摘せずとも聴けばわかるレベルでベンジーのスピリットを感じる。

結論から先に言えば、僕はこの曲悪くないんじゃないか、そう思っている。
番組の向いている方向や、フット後藤のキャラクター性からどうしてもギャグの方向にもってかれてしまっているが、よくよく聴けば曲事態は悪くない。

他の芸人たちのマジ歌については本当に彼らが作曲したか怪しい物も多々あるが、フット後藤はブランキーのファンを公言しており、高すぎないクオリティからしてまず間違いなく彼の作曲だろう。
ペンタトニックのパワーコードを基本にしたシンプルなガレージロック、というかもろブランキーなのだが、"振りむけば君はジャンクフェイス"の部分のブルーノートなど程よい工夫もあり上手いこと退屈しないつくりとなっている。

いや確かに素人の域を出てはいないのだが、何が良いってジェッタシーの随所に感じる彼のブランキー愛だ。
編成はしっかり3ピース。唄い方もサビのがなり声も"本当はベンジーみたいに歌いたい!"という彼の歯がゆい気持ちが見え隠れするし、歌詞なんかからも"イカレた"、"ピストル"、"チェリー"などベンジー特有のあの歌詞観がにじみ出ているし、よくみりゃギターもしっかりグレッチ。
サビ前のブレイクなんかはおもいっきりロメオだ。

 

そして完全な丸パクリでない所からも彼のブランキーリスペクトを感ぜられる。

パクるならパクるでメロディだけをちょちょっと変えて丸々パクった方がずっと楽なのだが、ジェッタシーはブランキーの色々な楽曲をひっぱってきて混ぜたような構成になっている。

 

これを聴いた時から、この曲ちゃんと演奏したらそこそこかっこいいんだろうなあと思っていたら有志が既にカバーしていたので是非こちらも聴いてほしい。なんだこれ、かっこいいぞ。

ここまでくると
「いや本当にブランキー好きなんだな…」
と、後藤に好感をおぼえてしまう。

この曲がダサいダサいと笑われているとブランキーのファンとしてはちょっと複雑な気持ちだ。
僕らが普段いかに色眼鏡をかけて物を見聞きしているかを痛感させられる好例だ。

ジェッタシー、番組の演出や偏見を抜きにもう一度聴き直してほしい。
本当にダッサい。後藤最高。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事