BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

レビュー 邦楽ロック

最近の邦楽ロックのダサいダサい状況と、それを殺すtetoについて

3b3ebc_09b27d4f161d43098633e966d4933306-1

「最近の曲なんかもうクソみたいな曲だらけ」

 って、いつの時代も言われてるらしいんだけど、いや、最近のバンドシーンつまんなくないですか。今バンド音楽!ってされてるものって別にJPOPで聴けるものばかりじゃない?

 もちろん僕らは昔を生きてないんだから「いつの時代もそうだった」なんて言われても全くピンと来ないし、どっちかっていうとその"最近"を暮らすのに必死なわけで、昔の流行もダサかったとか、未来の流行もダサいんだろうとか、そういう心配をしている余裕なんかないわけじゃないですか。

 大事なのは今。「今の音楽シーンは退屈」っていう不満。それに対して「10年前の人も100年前の人もきっと同じ事言ってたよ」みたいなのはさ、一見確信を突いた発言に見えて何にも否定できてないっていうか「じゃあ10年前も100年前もその時々ピンポイントでダサかったんじゃないの?」っていうか、小学校のマラソンの授業で「つらいのはみんな一緒だから頑張ろう!」みたいなこと言われる違和感というか、とにかく僕は今の音楽シーンは退屈だなあと思うことがしばしばあるし、それがとっても嫌。もちろん売れてるバンド全部がダメなわけじゃないし、ブーブー文句言いつつ好きなバンドもなんだかんだいたりする。けど、やっぱり根底に「なんだこの状態」っていう気持ちは付きまとう。同じ事思っている人けっこういるんじゃないか。もうこれはただの感情でしかないから、どうやったって人に否定されようがない。仮に隣の芝が青く見えるとかそういう現象だったとして、そう見える以上はもう羨ましいんだから、仕方なくてせめて自分の踏んでる芝だけでもいいから真っ青にしてやりたいよと思うのだ。

 僕もそうだけど、みんな口々にそういうこと言ってるくせに、それでもバンドやってたり音楽好きだったりするのは、たまにある「かっこいい」に、もう打ちのめされてしまっていているのだ。川底の砂をさらって砂金の粒を見つけるみたいな作業だけどそれでもそれをやめられない。いろんなライブ行ってCD買ってってそんなん闇雲にやっても「かっけえ!」に出くわすには風俗に10回行けるくらいお金かかってくる。けど見つけたとき風俗の100倍気持ちいい。もう僕たちはかっこいい音楽聴きたいだけの虫だ。

 そんな虫からね、僭越ながら言わせてもらうと、なんか今の音楽の盛り上がり方って予定調和なんじゃないかと。「このバンドは売れてて天才でみんな聴いてるんですよー!はい!じゃあみんなサビで手を上げましょーねー!」みたいな。そうやって右見て左見て恐る恐るものを好きになる。そういうの、わからないことはないけどさ、やっぱり変だとは自分でも思ってるでしょ。好き嫌いも誰かに決めてもらうことないよ。

 バンド側もバンド側で、音楽が受注生産というか「こういうの流行ってるからこうしよう!」って、そういうのやりたいなら普通に製品開発とかそういう会社やってたほうがいいと思う。だって、おかしくない?「ダンスビートが流行ってるからダンスビートつーかお!」って。もうそれ尺度が客じゃん。自分がかっこいいと思うかどうかが消滅してるじゃん。いや「これ流行っぽいから好き!」みたいな客も客だけどさ、やっぱりそれに乗っかるバンドもバンドで、それが手っ取り早く儲かるから使い捨てる音楽企業もそうだよ。すげえビジネス的だしビジネスとして正しいけど僕は音楽ぐらいは自由がいいよ。儲けたいとかモテたいならYouTuberでもやってた方がいいよ。

 で、そういう顧客目線のビジネス音楽時代に、流行ガン無視、自分たちの好きなことやってて、突き抜けてて、しかもポップで、結果まで出してるバンドがいる。tetoです。ベースメントの石左ってやつは何にでも文句つけるけど、あいつは一体何が好きなんだ?と言われがちな僕だけどtetoです。tetoですよ。マジで。一番かっこいい今。一番っていうと大体モメるから一番っていうの避けるようにしてるけどtetoは一番だからもうしょうがない。一番かっこいいです。

 なんかみんな、バンドがかっこいいかっこわるいなんかどうでもいいみたいで、なんだか居心地悪いことも多いけど、せめてこっちだけでは勝手にかっこいいものに盛り上がって勝手にたのしく過ごしてやりたい。たしか、知ってる限りは今まで出て来たかっこいいものってそうやって形を成してきたし、いま彼らから何かが起きてる感じがするし、andymoriが出て来た時みたいなワクワクがtetoの周囲からしてる。

 ずっと本物を待って探して拗ねてる奴、もうtetoに全部任せろ。


スポンサードリンク

teto

 SonicYouthのサンプリングから8秒でパワーコード。

 "流行ってるみたいだしとりあえず話題のバンド聴いてみてるんだけど、周りのみんな顔とか歌詞の話ばっかりだし、なんかこれ違うんじゃないか?と思ってモヤモヤしてるやつ"またはしてたやつ。絶対いると思う、全国に。特に男子にいるんじゃないか。もしくはソリッドな女子。

 いやだって、あれ男が聴いて「これだ」ってなるわけないじゃん。そもそも女向けにつくってあるし、可愛い女の子と会話が弾むぐらいしかいいことないよマジで。しかもルナルナあるあるで盛り上がれる男子みたいな感じで若干キモいしなそれ。俺が女の子だったらやだ。彼氏には自分を貫いて欲しいし音楽ばっか聴いてないでちゃんと親の介護とか結婚とか適齢期とか考えてほしい。

 バンドって大体一人っ子の男子がどっかから聴き始めて「これヤバい、JPOPじゃ聴けないヤバさが」みたいな語彙力死んだ感じでテンションだけ上がって、スマブラとかマリカが流行るようにごくメンズ的な盛り上がりのカルチャーだったわけじゃん。でも今JPOPとかアイドルとか芸人とかみたいなバンドばっかじゃん。Twitterで自撮り載せた方がライブ告知より盛り上がるってどういうことなんだ。もうチャオとかリボンじゃん。綾野剛が表紙だから雑誌買うのと同じじゃん。俺たち男子はそういうのない。綾野剛はまあ、好きだけど。

 tetoは俺たちの男子部分に訴えるシリアスがある。わかりやすい答えとか言葉とかあたりまえポエムみたいなチープたちに騙されてくんない女の子たちを串刺しにする鋭さがある。ていうか20代の男子も串刺し、メスガキ以外全員を皆殺しに来てる。

 このザ!1st!って音像もいい。洋楽のインディー/オルタナっぽいノイズがかったサウンドでオシャレにキマってんのに爆音でパンク。でもメロディは完全に日本人。口ずさめるし口ずさまされる。5年に1回くらいのペースで新しい波とか発明でバンド業界がヤバい状態になる時があるんだけど、完全にコレはそれ。発明してる。今まで無かったもんこの両立。

 

 で、ライブがこれ。イケメン、イケメン、と来て右端にアメリカの死刑囚みたいなヤツ。デザインが完璧。後ろの眼鏡の奴普段どんだけストレス溜め込んでるか知らんけどハイハットがマジでかわいそう。生まれ変わっても絶対tetoのハイハットにはなりたくない。開け閉めされながら眼鏡に力任せに棒で殴られる。

 イケメン4人だとなんか説得力ないんだけど、マジでルックスバランスが良い。ステーキ&ハンバーググリルに、さらにカラアゲとかチキンソテーとかついてたらクドいじゃん。その点tetoはちゃんとドラムがミックスベジタブルで、ギターが排水溝に詰まった毛の塊みたいな見た目してる。[Alexandros]にも小型犬みたいなキュートなロンゲがいるように、顔面の緩急もやっぱ大事。

 インディーでオルタナでポップでパンク。いやマジでライブはパンク。毎回なんか起きるから絶対見飽きない。後ろの方であからさまに腕組んでみてる音楽業界の人っぽいヤツらにキレたり、曲中日記を読み始めたり、ミスもアクシデントも対バンも体調も全部さらけ出してぶつけてくるから何が起きるかわからない。ただ一つ言えるのはライブが終わったあとピックガードが血だらけなのでそこはマジで心配。

 

 今年一番キラーチューン。歌詞が曲で声で切迫する曲。歌詞が良いだけのバンドならもう詩人になればいいと思うんですよ僕は。tetoの歌詞性って語感とか存在しない語彙表現とか普通言わない文字列とか、そういうメロディの力を借りないと成立しない言葉になってて、歌でこそ、歌詞でこそ意味があるギリギリの構造になっている。なっているから、かっこいい。

 この曲なんかもう全部奇跡みたいな仕上がりで、Bメロの感嘆部とかサビの緩急とか、天才が調子のいい時にごく稀にでる一撃というか、黒毛和牛のオスだけから20gだけ取れる部位を煮込んだエキスみたいな曲。しかもそのエキス、顔に塗る用かよみたいなもう何の話かわからん。

 この記事の冒頭のあのバンドも出てきたとき「なんだこれ」とはみんな思っただろうけど、面白かったじゃん。つまんなくはなかったじゃん。やっぱりバンドってもうちょっと前はもっと面白かったと思うんだよ。で、それが今みんな消滅したわけじゃなくて"かっこよさ"とか"おもしろさ"みたいなのがバンドの主流じゃなくなっちゃっただけで、確実にかっこいいバンドは存在しているし、奥の方でみんなに知られないままかっこいいことしてるんだよ。そういうのを求めていきたいし、tetoはちゃんとかっこいいまま評価を受けてるし、こういうバンドが台頭してきたら、もう一回バンド音楽の時代も来るじゃないかって思っちゃう。

 思い返して欲しいんだけど、いつの時代も流行りってあって、その流行りに乗ったバンドが各時代たくさん出て来たわけだけど、流行りを作ったバンド以外は5年持たずに消滅してくじゃん。残るのはその"流行りを"作ったバンドだけ。そんでその流行りを作るバンドって、いつも当時の流行とか時代とか、ダルい感じになった時に急にそれをフル無視でなんかやりだしたやつじゃん。地球が人間にキレて温暖化とかで急に殺しにくる感じに違い。

 結成1年経たずこの勢い。1stEPは入荷予定分が予約で掃けてを繰り返しレコ屋を殺してる。なんか起きてる。良いかどうかはもう聴いてくれ。

 それでは。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事