BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

コラム 人気記事 特集 記事

yonige × Hump Back「殺したい元カレいます?」泥酔雑談企画〜前編〜

2017/04/10

前々から思ってたんですけど、インタビューって全然面白くなくないですか?

好きなバンドのインタビューすら、読むの結構厳しくって、ファン的には「レコーディングがどこで機材がどうでとかそういうのどうでもいいんだよ!!」っていうのが本音なんじゃないかと。

それよりももっと知りたいのは、その曲を作って演奏してるのがどういう人たちで、その人たちのどういう部分から曲が生まれてるのか。何を思って歌ってるのか。そういうことだと思います。

ということで今回は、このサイトでも取り上げたことがありつつ2年前の記事までさかのぼって読んでくれてるというyonigeと、盟友でライバル、12/7に1st mini "夜になったら"をリリースするHump Backの二方に、難しい話抜きのガチの雑談をしてもらいました。

「当たり障りのない感じにしたくないので、居酒屋でやらせてください」

とお願いしたのはこちらだけれど、

s__6758415

2バンドともに待ち合わせ場所に泥酔で登場。Hump Backは氷結ストロングを片手に、yonige牛丸は俺の顔を見るなりゲップ。やだ、初対面の女性にテキーラの口臭を浴びせられたの初めて…

というわけで以下インタビュー内容です。どうぞ。
写真左から
yonige Gt&Vo : 牛丸ありさ
Hump Back Gt&Vo : 林萌々子
yonige Ba&cho : ごっきん
Hump Back Ba&cho : ぴか
Hump Back Dr&cho : 美咲

 

目次
Q1.嫌いな虫
Q2.殺したい元カレいます?
Q3.Twitterでうっとおしいやついる?
Q4.一番興奮した話
インタビュアー:石左 草谷


スポンサードリンク

Q1.嫌いな虫

—いきなり込み入ったことを訊くのもちょっと難しいと思うので、まず女性っぽい質問から始めようかなってことで、テーマ色々考えた上でなんですけど「嫌いな虫」まずこれについて伺ってもよろしいでしょうか。

林:嫌いな虫…?女性っぽいんですかこれ。え、クモとか?でもめっちゃ腹減ってるときに食ったらチョコレートの味するらしいんですよね。

ごっきん:え、それ何。クモサイドの話?それとも人間サイドの話?

林:人間サイド人間サイド。

ごっきん:人間サイドが腹減ってるときに

林:減ってるときに

ごっきん:食ったら

林:食ったらめちゃチョコレートの味するらしいんすよ

ごっきん:だれなんそのめっちゃ腹減ってたヤツ

林:いやうちなんか実家めっちゃ田舎だからめっちゃデカいやつでるで。

美咲:毛が生えてるやつ?

林:そういう系。

牛丸:それタランチュラちゃうん。実家外国なん。

—牛丸さんなに苦手なんすか。

牛丸:ゴキブリっすねえ。あいつら女子供をナメとる。

彼氏と同棲してるときの話なんですけど、私が一人のときはゴキブリもゴキブリで堂々「オラァ」ぐらいの感じでこっち見てんのに、彼氏が帰ってくるとすぐにサササ!って物陰に隠れるんすよね。ちゃんと人見とるあいつらは。無理っす。

Q2.殺したい元カレいます?

s__6758411
*このくらい酔ってます。

ぴか:最近付き合ってた人なんですけど、相手もバンドマンで、音信不通になっちゃって、急に。殺したいっていうか、なんで?って訊きたいっていうか…

—やっぱり付き合う人ってバンドマンが多いの?

ぴか:そうですねー、ていうかお客さんとはそういう風にならないし、yonigeもうちらもライブ多いんで普段話す相手がバンドマンとかになってくるんですよねやっぱり。

林:うちもその前に付き合ってたのもバンドマンで、そいつ私の前もガールズバンドの子と付き合ってて。そいつ浮気とかしまくるし手出すにしても「お前腕何本生えとんねん」ってくらいむちゃくちゃ女癖の悪いやつで、周りとかにも「あいつはやめとけ」ってすっごい止められるようなすっごいどうしようもないヤツだったんすよ。

だからやっぱり上手くいかなくって、別れてからも精神的にズルッズルに引きずってかなりダメージ受けたんですけどようやく吹っ切れて社長とかに「やっと吹っ切れたんすよ、でもやっぱあの元カノには負けたくないんでマジでこの気持ちをバンドのエネルギーにして頑張ります」つって報告したら「いやあの子、元カノっていうか、ダダ被りやったで」って言われて。マジで。

あーじゃあ二股だったんすねーそんな気がしてたんですよつって笑ってごまかしてたら「いや、二股っていうか、三股っていうか四、五っていうかねえ?笑」って言われて。

—その、俺らバンド知ってるバンド?

林:あ、そうですね。元カノ(?)のバンドもたぶん知ってるバンドですよ。

—公表しないんで、教えてくれますか。

林:(レモンサワーを一気飲みしてから)○○○です。(武道館バンド)

ごっきん:エーッ!!!(天を仰ぐ)○○○の誰ー!!!言ってー!!!(裏声)

林:ギター。

ごっきん:ンアーッ!!!元カノー!!!元カノはー!!!

林:×××です。(みんな知ってるバンド)

でも殺したいとも憎いとも思えないんですよね。それが悔しいっていうか…

ごっきん:そんなん言うたらアイツ調子乗るで!!あかん!!!

牛丸:こんなエグい話の後にパンチないんですけど、BASEMENT-TIMESでyonigeのアボカドの記事書いてくれてたじゃないですか。曲は全部実体験から作ってるんですけど、一番印象に残ってるのがアボカドの彼氏なんですけど、あの記事のあと石左さんDM来ませんでしたか?

—ウワッ、思い出したわ。来たわそういえば。元彼氏から。「チーッスあの元カレ俺なんすよ!」ぐらいのテンションで。怖かったから心から封印してたんですよ。

牛丸:いや石左さんにDM送ったー!つって元カレからスクショ送られてきて。ヘンな人なんですよ。サイコパスっていうか。全然ゲイじゃないのにゲイバーで働いたり、一時期金持ちのおじいさんに養われてたり。

何か一番おかしかったのは、ある日どうにも様子がおかしいから「どうしたの?」って問いただしたら「うん、風俗行ってきた…!」つって。は!?ってなって、どこの風俗行ったんって訊いたら「飛田新地」つって。本番までやってんじゃん!!ってなってもう私風俗肯定派だったんですけどそれ訊いたらマジで気持ち悪くなっちゃって。泣いちゃって。「ほんまにキモい!!」って駅のホームで号泣して、泣いたまま一緒に家帰って。

で、家帰ってもずっと泣いてるもんだから彼氏もなんかもう面倒になってきたみたいで「もういい加減にせえよ」ってヘンなテンションになってきて「逆にさっきまで風俗嬢に舐められてた俺の身体と、今そのままヤったらエエんちゃうん!?」みたいなこと言われて。

私もずっと泣いてたしショックすぎるところにそんなこと言われてもうわけわからんなって

—なって?

牛丸:ヤりましたね。

「この乳首、風俗嬢に舐められた乳首やで」とか「風俗嬢を抱いた身体やで!どうや!!」とか言われながらやって。まあ、仲直りしました。

ごっきん:私は全然恨みとか殺したいとかじゃないんですけど、強いて言うなら高校生の時に付き合ってた彼氏が、ゲイでしたね。

Q3.Twitterでうっとおしいやついる?

s__6758414

ごっきん:クソリプ。クソリプヤバい。え、石左さんとかクソリプヤバくないすか。

—ヤバい。猫のアイコンのヤツ大体クソリプ送ってこん?

ごっきん:めっちゃわかる。うちTwitterやる上で武器が3つあって「ブスネタ」「デブネタ」「めっちゃ怒るキャラ」なんですけど、最近クソリプにこの三種の神器を封殺され始めてて

ブスネタを言うと「いやいやごっきんさんかわいいじゃないですか~!」みたいなクソリプ

デブネタを言えば「いやいや思ってるほどじゃないっすよ!」みたいなクソリプ

怒ってるネタ言えば「いやいやずっと怒ってますやん!」っていうクソリプ

もう八方塞がり。エイトシャットアウト。

林:あとタメ口多くないすか?東京のリプライはタメ口。たぶん東京には敬語ないんすよ。

—え、ファンがタメ口きいてくるってこと?

ぴか:そう、マジでヤバい。

林:お前も(思いっきりぴかの肩ひっぱたく)石左さんにタメ口きいとんなよ!年上やぞ!

ごっきん:前にマイヘアの淳さんが「タメ口は良くねえ」ってツイートしてたことがあって、それに対して「そんなに耐性ないなら、ツイッター辞めたらいいじゃないですか」みたいなこと言ってて。は?てめえじゃあコンビニでカツアゲされた時に「カツアゲされたくないからコンビニ行かないようにしよう」ってなんのか?そういう気持ちっすよ。

—そもそも耐性とかスルースキルって言葉からしておかしいよね。むこうが勝手に殴りかかってくるから「いてえから殴ってくんな」って言ってんのに「え、痛がるのダサ!」みたいな話だもん。極論、誰も殴りかかってこないなら本来必要のないスキルだもんね。

牛丸:うちなんかもうTwitterとかYouTubeに「牛丸ヤリマン」みたいなことクソみたいに書かれて、たぶん同じヤツなんですけど。それでもうネットウザ!ってなって。昔は遊んでたけど今は心当たりマジでないし。せめて色々調べて確信持ってから言ってくれ。

—仮にヤリマンだとしても関係ないもんな。音楽に。ただの人間性だから「犬が好き」「ピーマン嫌い」「性行為大好き」みたいな。誹謗したいにもしてもやり方がダサいよね。

牛丸:バンド名で検索すると出てくる「yonige!彼氏はいる?年齢は?」みたいなタイトルの記事。あれはもう別に好きにしてくれていいんだけど、マジで誤情報が多すぎる。

ごっきん:それ!!うち"ドラム"って堂々書いてあったからね。見た目で判断すんなよっていう、もうそんなん基本情報も基本情報じゃん!?マジ無知!!ちゃんと調べろやっていう!!マジでライター気取りが多すぎる。

牛丸:うちが地下室TIMES好きなのは、ちゃんと調べてくれてる。私のブログとかも読んでるんだなあ、とかそういうのがちゃんとわかるし、その上での個人意見だからいいんすよ。

Q4.一番興奮した話

ctmt5gmvuaa8t0_

牛丸:山田孝之がライブ観にきてくれたんですよ。

私が一番尊敬してる俳優さんで、ぶっちぎりで一番好き。4年前に「私がバンドで売れたらライブ来てくれますか?」ってリプライ送ってて「売れてなくても行きます。ちゃんとかっこいいんだろうな?」って返事くれてて、それが4年越しに本当に来てくれて。

—ハンプは誰に会いたい?

林:あー、バンドマンでもいいっすか?竹原ピストルさんですね。

—なんかすげえ興奮した俺が。マジか。竹原ピストルかあ。

林:でも性的にはロバート馬場ですね。美咲は?

ぴか:この人石原さとみ見ても全く興奮しない人ですからね。

美咲:でも、市原隼人…

ごっきん:うわ、来たそれ!!ザワっとしたわ!!

—でも竹原ピストル好きなのはすげえ良いなあ。

林:あとbachoとか、MOROHAとか。

—めっちゃええやん。基本、坊主が好きなんだね。

後編へ続く

やっぱり人間どうしても思い込みとか偏見みたいなものが付きまとって、ガールズバンドだと聞いて曲を聴くと"ガールズバンド"として見ちゃうというか。

でもルーツが竹原ピストルとかbachoとか、そういう風に聴くと「なるほどな」と。曲を聴いたときに「なんかあるなこれ」とうまく説明できない引っかかりの正体はそれか!と妙に納得が。「あ、この人バンドやっててたまたま性別が女なだけなんだ」って感覚。

2バンド共に男性客より圧倒的に女性客が多いのは、ちゃんとファンまでそういう部分が伝わってるからなのかもしれない。

後編ではそういう話にももうちょっと深く触れます。後編もごっきんマジで面白い。

それでは!
後編→→→
「ガールズバンドはアイドルか?」泥酔雑談企画〜後編〜

yonige × Hump Back「ガールズバンドはアイドルか?」泥酔雑談企画〜後編〜


オススメ記事

記事検索

オススメ記事