BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
谷澤 千尋

2015/09/21

記事

ロック畑の人、エレクトロニカのススメ~ametsub~

当サイト、幅広く音楽を紹介しているつもりではあるが、大まかな傾向として、バンドものの紹介が大半を占めているし、見ている人もバンドものを主に聴いているはずだ、

バンドものが大好きでしょうがないっていう人から、実は色々聴いてみたいけど、とっかかりがない人、色々いると思うが是非一度聴いていただきたい、

今回紹介するのは、東京発、日本人エレクトロニカアーティストAmetsub(アメツブ)だ!
エレクトロニカ界隈では圧倒的な知名度を誇る彼だが、いかんせん、エレクトロニカというジャンルのせいか、ジャンルを超えて知られるとこまで来てはないかと思う

え、エレクトロニカ!?

どうだろうか、Perfumeみたいなテクノポップやダフトパンクのようなハウスハウス系のようなピコピコ音を想像しながら開いた人は、きっと予想外のサウンドをしているであろう

そして、シューゲイザーやポストロックなどエレクトロニカよりのアーティストに感心が強い人以外は
難しい、よくわからなかったという感想が出てくるかもしれない

きっとボーカルがない、
Aメロ、サビ、と言ったはっきりとした展開がない
といったところもとっつきづらくしているのだと思う

音楽の趣味なんて千差万別だと思う、
だが、来んかい聴いてみて始めてエレクトロニカ聴いてみて、なんか難しそうだったけど、雰囲気はすげー好みだ!という風に思ってもらえたら幸いである

音楽性

MVからも感じ取れるだろう壮大なサウンドスケープ、孤独な中に温かみを感じる
Ametsub、彼はどうやら旅好きらしくよくバックパッカーのスタイルで世界中を回っているらしい
また曲名にも”66”や”off road264”など旅を感じさせるタイトルが多い 
私もAmetsubの世界観をより深く体感すべく、Ametsubをずっと聞きながらアメリカ横断の旅などをしてみたことがある。

エレクトロニカ初心者への繋ぎ

だが、しかしいきなり聴いてみても、やっぱりよくわからなかったで終わってしまうかもしれない、
そのためにエレクトロニカとロック(とっつきやすそうなやつ)の合いの子のような音楽をしているアーティストをチラッと紹介しておこう

chouchou


Chouchou-シュシュ-は、ボーカルjuliet Heberleとコンポーザーarabesque Chocheの二人によってバーチャルワールドという国境のない果ての地で結成された音楽ユニットである。

65daysofstatic


2001年にシェフィールドで結成されたイギリスのポストロックバンド。

ハイスイノサ


ハイスイノナサは、日本のオルタナティヴ・ロックバンド。ポストロック・エレクトロニカ・ミニマル・ミュージックなどに影響を受けた楽曲が特徴。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事