BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
谷澤 千尋

2016/02/17

記事

シューゲイザーって何ぞや?

こんにちは。

皆さんも一度は”〇ッ〇ン〇ン〇ャ〇ン”とか”〇〇〇ー”などといった雑誌にお気に入りのアーティストが出ていたので読んでみた。などといった経験があると思う。その中で”シューゲイザーに影響受けたサウンド”とか”かき鳴らされる青い衝動はさながら90年代初頭のイギリス、シューゲイザーがムーブメントになりつつあったあの時代の空気感を思い起こされる。”など言った文脈でシューゲイザーと意図せずともコンニチハしてしまったという人も多いはずだ。見たことないなって人は光の速さで書店に行って音楽雑誌を一字一句くまなくチェックしてほしい。多分、シューゲイザーって単語があるはずだ。多分。

まぁそんなこんなで、「シューゲイザーってよく聞くけど、どういうのか良くわかんない」って人のために、今回は”なんとなく知らないとモヤモヤする”人たちのためのシューゲイザー講座を書こうと思う!

シューゲイザーってどんなバンド?

small_8124340217

違う!

シューゲイザーはバンド名ではなくジャンル名です。

いや、私も若かりしころは熱心でして、シューゲイザー布教に全身全霊を尽くしておった頃もありました。私がシューゲイザー布教の際に一番挫折しかけたポイントがここですわ。”シューゲイザーのことをバンド名だと思っている”

”シューゲイザーのことをバンド名だと思っている”というタイプの間違え方をしている人に布教しようとすると大体「シューゲイザーのCD貸してよ」「ええよ。何のバンドがいい?」「え?だからシューゲイザーのCD」「え!?」「え!?」といった少し面白いからといって調子に乗って漫才の真似事をし始めた高校生のうすら寒い会話のようになってしまうことがよくある。

シューゲイザーはバンド名じゃねえ!ジャンル名だ!

small_9316858224

はい、ここまで書けばシューゲイザーのことをバンド名だと思っている人を撲滅できたと思う。

では始めよう。

「1980年代中頃、イギリスではコクトー・ツインズやスペースメン3、ハウス・オブ・ラヴといったサイケデリックミュージックに影響を受けたバンドが、ネオ・サイケデリアと称され、一定の支持を得ていた。そんな中1985年にジーザス&メリーチェインの『サイコキャンディー』が発表される。極端にノイジーなギターサウンドとポップなメロディが同居したサウンドは、耳の早いリスナーや批評家たちから大きな支持を受け、後継のバンドに大きな刺激を与えた[2]。
1990年前後、アラン・マッギー率いるクリエイション・レコーズを中心に、イギリスのインディー・ロックシーンは大きく盛り上がりを見せる。前述のジーザス&メリーチェインや、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインに続き、ライド、スワーヴドライヴァー 、スロウダイヴといったバンドが同レーベルからデビュー。また、4ADレコードからもペイル・セインツ、ラッシュ らが登場した。
その後英国音楽紙『NME』がシューゲイザーという表現を取り上げ、当時のインディーズチャートでは既にかなりの成功を収めていたライド、ラッシュ、チャプターハウスといったインディーズバンド群の似通ったサウンド、スタイルをカテゴライズし、ジャンル化していった[3]。(wikipediaより引用)

あーはいはい

分かったから専門用語とか横文字、バンド名をズラズラ並べるのはよしてくれ。アレルギーなんだ頭が痛くなる。

分かりやすいように三行でまとめよう

  • ギターがうるさいよ!ザー!ザー!っていう音で弾くよ!
  • ボーカルは静かだよ!ボソボソ歌うよ!ギターがうるさいから聞こえないよ!
  • ギターはうるさいけど全体としてはポップだよ!やさしくてフワフワする感じ!

んー我ながら美しい三行だと思う。

よし、百聞は一見にしかずだ!聞いてみよう!

My Bloody Valentine - Only Shallow

はい、これがシューゲイザーです。そしてこれを知っていればシューゲイザーの9割ぐらいは理解したようなもんです。

マイブラッディバレンタインはヤバイ

ダウンロード (8)

そうマイブラッディバレンタイン、通称マイブラはやばいんです。

どれぐらいヤバイかというと、彼らの伝説のアルバム、"loveless"で他のバンドを圧倒し、混沌としていたシューゲイザー戦国時代を天下統一して終わらせました。

もっとマイブラやアルバム、ラブレスについて知りたい!という人も少なくないはずだ。だがここでは紹介程度にとどめておこう。この伝説のアルバムは人間の脳の詩的な部分を司る部分を刺激するらしく、一度聴いてしまうとやたらめったら叙情的なレビューを書いてしまうことになる。その具合といったら寧ろレビューというより、ポエムなのではないかといったほどだ。キケンだ!気をつけろ!

じゃあマイブラに敗れ去った他の諸大名はどんな感じなの?

5c5d32013fc152d7e6d786bb61ce2e94_400

うむ、マイブラに敗れたとか言うと叩かれそうな気がしなくもないが、うむ、表現の自由、いい国だ。

まあいい、他にもシューゲイザーを語る上で外せないバンドは沢山いる。私としては一つずつ小一時間、コッテリと語りたいのだが、恐らくウザイだけだろう。

そこで今回は私、ジョルジュが自分の好きなバンド順で他のシューゲイザーバンドを紹介しよう!

1.chapterhouse

ダウンロード (9)

んんーシューゲイザーなら、このバンドが一番好きだ、大体活動していた時期もマイブラと同じぐらいで、シューゲイザー界隈では野球で言うと二番センターぐらいの存在感がある。

Chapterhouse  - Love Forever

んんー!ラブフォエバーという恥ずかしすぎて逆に潔いタイトルをしていらっしゃる。

あと、このバンドギターが3人もいる。バンド経験がある人ならイメージできるかもしれないが、普通のバンドならギターが三人いると間違いなく血を見るような喧嘩が始まる。彼らはその辺大丈夫だったのだろうか…。

 

2.pale saints

Pale_Saints15

日本語に訳すと青ざめた聖人。海外のバンド名を日本語に訳すと大抵ロクな事にならないから気をつけろ!

Pale Saints - Sight of You

このバンド、ザーザー煩いシューゲイザーバンドの中で珍しくスリーピースという形態をとっている。そのためやたらめったら凝った展開や、異常なコード、転調だったり、危険なテンポチェンジ、色々手を出している。非常に面白い音楽をやっていたのだが、1stアルバムを出したあとに、レズでモヒカン頭というぶっ飛んだ女の子がメンバーとして加入し、しばらくして中心人物だったベースボーカルがぶっ飛んで(脱退して)バンドは塩をかけられたナメクジのように緩やかに解けていった(自然消滅的に解散した)

3.alison's halo

305861
さあ、今回マイブラを含めて3バンド紹介したが全員イギリスのバンドだ。完全に言い忘れていたがシューゲイザーはイギリスで流行った音楽スタイルだ。

そして今回のAlison's halo、アメリカのバンドである。
シューゲイザーのブームが去ったあと、それでもシューゲイザーをやっているバンドがニューゲイザー(ニューハーフとかゲイみたいな意味では全くないから安心して聴いてくれ!)と呼ばれるジャンルでくくられるのだが。ニューゲイザーでない、シューゲイザーと同時期のバンドはほとんどがイギリスのバンドである。

 

まとめ

  • シューゲイザーはバンド名じゃねえ!!!!
  • マイブラはヤベエ!!!!
  • シューゲイザー(shogazaer)はsho(靴)gazer(見るもの)を引っ付けた造語だ!シューゲイザー界隈のバンドが足元のエフェクターを操作するのに集中しすぎてずっと靴を見つめているように見えたことから揶揄的についた名前だ!!!!
オススメ記事

記事検索

オススメ記事