BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
石左

2015/09/07

記事

人数が多いから必然的にうるさい!GOLIATH

一人よりも二人、二人よりも三人。
人数が増えれば当然音は大きく、うるさくなってゆく。

今日紹介するバンドはGOLIATH。
5人だったり7人だったりする大所帯だ。

5人だったころのGOLIATHのキラーチューンだ。
MV中では5人だけだが、ライブではパーカスがいたりいなかったりして、正確な人数は定かではない。とにかく多い。

結成は2011年頃で、各々別々のバンドをやっていた彼らがあつまり自然発生的に結成。ベースの一人は元アートスクールの人だった気がする。

5人でバコバコと音を鳴らしているが、それぞれがパーカッションのような役割を担っているので何が何だかわからない、もちろんいい意味で。
ツインベースなんて低音がぶつかりあって滅茶苦茶になりそうなもんだが、片方がスラップしたり、もう片方がベースでカッティングしだしたりで双方ともに本来のベースの役割を忘れているかのような立ち回りをするので結果的に住み分けがなされている。なのに支えれてる。すごい。

 

小休止を挟み本格始動?後のGOLIATH。
各楽器が刻むことでビート感を作る楽曲が多く、流行りのダンスビートとはまた違った角度から踊らされてしまいそうだ。

これだけの人数が自由に音を鳴らしていると、個々の音を聞き分けるだけで数日かかってしまうだろう。

 

全体を通してエスニック音楽の要素が強く、日本じゃ滅多に聴くことがないような楽器が鳴ってる曲も少なくない。

エスニックバコバコダンス。今そう名付けたので彼らのようなバンドをみつけた是非この呼称で呼んであげてほしい。絶対いないけど。

TAGOMAGO
TAGOMAGO

posted with amazlet at 15.07.21
GOLIATH
メディアファクトリー (2013-05-15)
売り上げランキング: 345,626
オススメ記事

記事検索

オススメ記事