BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

レコメンド 人気記事 記事

ART-SCHOOLを正しく認識してみやがれ

2016/05/31

僕は無理。

迷走すること十数年
実験に明け暮れ道を見失い
どこへ行くART-SCHOOL
2000年代邦楽ロック、スタンダードを地で行くサウンド
構成、音、展開全てが普遍的
だけれどそれはそれで一つの完成されたローファイサウンドだった


これが

 


こう、もうMVも意味がよくわからない
打ち込みを取り入れたり、まったく別の歌トラックを2つ同時に流してみたり
ラップを歌ってみたり、魔法のiらんどで携帯小説を書いたり
時にはギターが歌ってみたり(ボーカル木下よりは上手い)

 


そんでもってBloc Partyをモロにパクってみたり
イントロのフレーズとサビの展開、コード進行を借りた上で綺麗に滑っているこの曲
被害者のオケレケが聴いたら果たしてブチ切れるのか、はたまた爆笑なのか
この当時タワレコのポップに
BlocParty的サウンドを取り入れた、ART-SCHOOLの新たなステージ
など書いてありワクワクしながら耳を寄せ、思わずハハハと声が漏れた覚えがある

さて2013年、耐えろ読者、出口はあと1年だ
聴いてみようぜ…2013年のART、いや木下を

誰だこれ歌ってんの

木下だ

なにがあった、さすがに歌の練習でもしたのか
あのへったくそな歌(特にライブはひどい)は持ち味でなくコンプレックスだったのか
MIXでなんとかしたのか、それとも別の奴に歌わせたか
Sound&Recordingという雑誌で
「西海岸のこだわった環境のスタジオでここでしか出せない音がほにゃららら~」
などとのたまっていたがそこじゃないだろART-SCHOOL

じゃあ今年2014年、どうなったか!


もう助けてくれ

 

どうだろう、YOUTUBE上に見当たらず紹介できない音源が多数あり残念だ
きになった人はCD買うなり借りるなりして聴いてくれ
そしてよくわからなくなってくれ、頼む
最後に弁明だけれど良い曲もいっぱいあるんだART-SCHOOL
SKIRTとか夜の子供たちとかニーナの為にとか、あえてURLは貼らない

初期に戻れART-SCHOOL

オススメ記事

記事検索

オススメ記事