BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

コラム 記事

GLAYに学ぶ、正しいバンドの歳の取り方。

 GLAYのラブみが深い、尊い。無理。

 最近新アルバムがオリコン1位なったそうで話題になっているGLAYですけども、みなさんGLAYってどんなバンドかご存知でしょうか。え?

 ファイナルファンタジー7に出てきそうな人が両手広げて「ウーッゥウッ!」って歌うバンド?


※「ウーッゥウッ!」の参考画

 

 甘い。どうせ君ら、30超えてるのに縮毛矯正にニット帽被ってるV系崩れのおっさんがカラオケで歌ってるのをチラと見たことある程度だろ。は?俺はそうだよ。世代じゃないもの。

 しかしでも、知らないものを知らないままにしておくのは本当に良くない。何でも歴史から、先人から学ぶことが成功への一番の近道。Winter again知ってるだけでGLAYを知った顔されちゃあ困る。一回寝たくらいでその子の全てを知ったような顔する口だろ君ら。俺なんか3回寝てからやっと友達の元カノって気が付いたことあるからな。ウーッゥウッ!!

 とはいえ、このサイトの読者の年齢層を考えれば「ウーッゥウッ!」を知ってれば及第点。GLAYがヤバかった頃、僕らは遊戯王とかベイブレードとかで毎日忙しかったんで。160万枚売れたCDよりもセミの抜け殻とか100Lv法とかの方に興味津々だったんで。いいっすか。

 かくいう僕も最近まで全く知らなかったクチででして、この前初めて灰色の英語の"Gray"とバンドの"GLAY"の綴りが違うのに気づきました。はい、大卒です。「色の名前をそのままバンド名にするなんて度胸あんなーTERUやべーーー」って思ってましたけど、違うみたいです。TERUやべーーー。スペルミスってるよーーー。

 

当時のGLAYヤバい

 この写真ハンターハンターのキメラアントが「選別」をする様子ではありません。こちらはGLAYが99年に、一回のライブで20万人入れた時の写真。サマソニが両日両会場合わせた総計の来場者数が大体20万人くらいだと思えばその規模のデカさがわかる。ちなみに鳥取県の人口は60万人です。県の面汚しだなやっぱり鳥取はよ。県やめちまえ。

 シングルは5枚連続ミリオンの記録を打ち立て、ベストアルバムの売り上げは日本歴代3位。

 とんでもないバンドですよ。ちなみにこの一度のライブで20万人って数字、日本一らしい。しかも有料のライブに限ると世界一だとか。なんか急にスケールが世界規模になってしまいましたが、とにかく日本を代表するレベルのバンドということ。それだけは間違いない。ここまで成功を収めたバンドからモノを学ばない手はない。

 

GLAYを知れ

 さて、そんなGLAY。恐らく世間一般のイメージは”硬派”とか”正統派ヴィジュアル系”、”最近太った”って印象じゃないでしょうか。ぜーんぜん違う。本当に何にもわかってない君らは。むしろ最近ちょっと痩せたからなTERU。

 今回のアルバムがオリコンチャート1位獲得ということで始まったこの記事ですけれども、いくら隆盛を極めたバンドだからと言っても人気を持続させるのって難しいわけで、結成29年目の彼らが未だファンを逃がさないのもちゃんと理由があるはず。

 そんなわけで今回は最近のGLAYを知ることで「バンドの正しい年の取り方」を鑑みてみようと思います。

 それではさっそく!

ラブみが深い

 キーワードは「ラブみ」「尊い」「無理」

 とにかくGLAYはラブみが深え。もうすげえかわいい。

 この"かわいらしさ"こそバンド存続の秘訣なんだと思うんですよね例えば

 

 なんだこの絵面。

 これはニュースとかSNSとかで騒がれていたので知ってる人もいるかも。今年4月のライブでベースのJIROが病欠した時のライブの様子。

 

 なんだこのほほえましいエピソード。登場人物全員可愛い。ファンにすらこの言われよう。JIROちゃんの照れた顔が目に浮かぶぜ。

 

 これは何か?はい。TERUさんのゲーム専用アカウントでございます。TERUの発言をリツイートする公式ボットだった時の名残@RE_TWIT_TERUのIDが実にキュート。

 なんでもFF14にドハマりされてしまったらしく、ツイッターでゲームの話ばかりしてしまい、ついにファンからやかましいと言われ、しぶしぶゲーム専用垢を作ることになったとか。ファンとメンバーの関係性が狂ってる。

 こちらのアカウント、いつも凄い嬉しそうにゲームについて語っていてるので、フォローすると運気が上がります。癒しが欲しい方は是非。

 なんていうか、ファイナルファンタジーやってたら自分の若いころにそっくりなキャラ沢山でてくるのにな… 何故…

 

 いや遊んでばっかというわけじゃないんです。音楽活動もまだまだ現役。新曲見ろこれ。

 


GLAY - シン・ゾンビ

 誰向けだよ。

 太鼓の達人+脱法ロック+シンゴジラ+ゾンビ+オズフェス×GLAY。良い意味でここまで節操ない大物、小林幸子以外にもいたんだ。

 ちなみにイントロ前の「曲を選ぶドン!」とかの音声、CDにもバッチリ収録されてました。よくあるYoutubeで聴くのを邪魔するためのドラマパートとかではないっぽい。もうみんな40超えてんのに冒険心が凄い。

 

「かわいい」には勝てない


GLAY - the other end of the globe

 GLAYのラブみの深さは伝わりましたでしょうか?

「全然足りない!もっとGLAYを知りたい!」という方はこちら

 横山三国志並みにわかりやすく彼らの結成までが描かれた「GLAY the message」こちらお買い求めいただければと思います。こちら何故か需要があるはずなのにamazonで¥1からの出品。なにこれは。

 

 僕個人の見解なんですけど、今回の新アルバムがオリコン1位とれたのも、このキュートさ、ラブみ、尊さがあったからなんじゃないかと。

 僕らとしては20万人も集めたようなドでかいバンドの人たちが人間らしい一面をみせるだけでギャップで「きゃわいい!!」ってなるんですけど、GLAYのこの"底抜けたかわいさ"はメンバーたちがそれぞれ「好きでやってる!」って感じから発せられるオーラなんじゃないかと。

 ライブの件もそうだし、新アルバムの制作もそうだし、TERUがFF14にハマってる件は関係ないけど、本人たちが好きでやってる感が言わずとも見えるんですよね。今回のアルバム、シン・ゾンビもそうだけど、今までのGLAYっぽさにこだわってない内容からも楽しんでる感じが伝わるし。

 これは持論なんだけど、やっぱり楽しんでる人たちの周りには自然に人が集まる。人が集まるしその集団の幸福指数が高い。

 GLAY自体の話をすれば今まで一度も解散や活動休止なしで毎年コンスタントに活動を続てけていたり、売り上げ的な面でみても、もちろん90年代のCDバブルの時代のころにはかないませんが、それでも今年のツアーは全部で23万人動員予定ですからね。昔のパワーの残りだけで出せる数字じゃないですよこれは。

 結成20年過ぎた今でもオリコン1位取れちゃうのは、もちろん大物バンドだからだとか曲のクオリティが高いからだとかそういう所だけじゃなくて、ファンがもう彼らのこと「かわいい」「愛おしい」と思ってしまってるからなんじゃないかと。逃げ恥でも

「カワイイは最強なんです。カッコイイの場合、カッコ悪いところを見ると幻滅するかもしれない。でも、カワイイの場合はなにをしてもカワイイ! カワイイの前では服従、全面降伏なんです」

 なんてセリフがあるように、かわいいは最強なんですよね。

 凄い良い歳の取り方をしてるバンドだなって思います。好かれてるんじゃなくて愛されている。

 GLAYの真似をするのは難しいかもしれないけれど「愛されること」「かわいさ」という2点は彼らから学べる部分なんじゃないかと思います。

 参考になりましたら幸いです。

 それでは!

オススメ記事

記事検索

オススメ記事