BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

アーティスト先生 杉原一平

偉大なクラシック作品や民族音楽に混ぜて、時々僕の曲も聞かせたりしてます。「これ今度作ったんだけど、どう?」とか言って。結構生徒も反応してくれます。

福井県で音楽の高校教師として教鞭をとる傍ら、世の表現者たちに楽曲を提供する杉原一平。

こんな先生がいたら私はきっと違った人生を歩んでいたと思う。

最近好きな音楽について語りたい衝動が止められず、長文コラムが多かったが、

千の言葉を用いて音楽を説明されようとも、聴いて感じたことが全てだと思う。

紹介は、長く書く必要なんてないのかもしれないな。

彼のピアノを聴くため、福井まで行ってきた。

朗読に即興でピアノを奏でていく彼は紛れもなくアーティストだった。

とても美しいメロディだった。即興で紡ぎ出される音楽は、なんというか練りに練った楽曲とは違う感動がある。

彼はファッションブランド、ANREALAGEのファッションショーでもピアノを弾いている。

ブランドもオススメである。もはやなんの紹介かわからなくなってきたぞ。

AN・REAL・AGEを繋げた造語“日常、非日常、時代”を意味し、

日常、非日常、時代”移りゆく時代の中で、日常見過ごされてしまうようなことに価値を置いた服を展開する。神は細部に宿ると信じ、過度にディテールにこだわったものづくりを追求しているそうだ。

なんとこのブランドANREALAGEから、これまでのショーで使われた音楽をピアノで弾いた「ANREALAGE SOUND‐遥か晴る‐」が出ている。

私はピアノが弾けないので正直よくわからんが、とても気持ちがいい。

日頃、分析しろ分析しろと言っているが、たまには素直にいいなぁ。と思うことも必要だと思う。

是非CDを買ってほしい。

ファッションブランドから出ているだけあってCDケースの背表紙部分の柄が一枚一枚違う工夫がされている。おしゃんてぃである。

女の子にプレゼントしてもいいだろう。

疲れた自分にプレゼントしてもいいだろう。

オススメの一枚だ。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事