BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

コラム レコメンド 特集 記事

ギタリスト格付けチェック~己の耳を頼りに100万越えギターの中から普通のギターを探せ~

2017/06/23

 みなさんこんにちは。

 もう結構経ってしまいましたが以前に当サイトで”「ギタリスト格付けチェック」己の耳を頼りに、100万超えのギターと田んぼから拾ったゴミギターを探せ”という企画をやったんですけど、結構楽しかったので、もう一度似たような企画ができないかと思っていたのですがコレがなかなか、ギターというものは捨てられていないものなんですね。おかしいな。ミスiDの死体とかならそこら中の込み捨て場でいくらでも見かけるのにな…

 なので、今回はゴミギターの代わりにリッチメディアパワーで100万円越えのビンテージギターを3本ご用意いたしました。

 その中に普通のギターを混ぜた4本を聴いていただき、最も札束の音がしないギターを当てていただくというのが今回の企画となります。

 貧困層の皆様には大変困難かとは存じますが、安心してください。なんとこちら聴くだけ当てるだけなら無料でございます。皆さんが普段デパチカの試食をむさぼるように、卑しく無料で聴き漁っていただければと存じます。

 というわけで、みなさん耳の銀行口座の開設はお済ですか!?


スポンサードリンク

使用ギター紹介

左から順に

63年製フェンダーストラトキャスター 約300万円

 ビンテージギターということもあり、音色的なギターの価値に加えてコレクター的な価値も値段に含まれるそうで、この個体はコレクター的な価値も高いものなそうで、このお値段。みなさんが普段召し上がっているおろしポン酢牛めしなら7,692杯分。2日に1回の食事なら42年分の食費に匹敵します。

 そんなリッチな音色を、今回は無料でお楽しみいただけます。普段聴いてるselderのストラトなんかとはくらべものにならない豊かな倍音。みなさん、貧富の差によるショック死の準備はできましたか?

 

64年製フェンダーストラトキャスター 約140万円

 キャンディーアップルレッドがカワイイ、64年製のストラト。

 こちら、お値段控えめの140万円。大変お求めやすくなっております… アッ、みなさんの価値基準ですと"高い"部類に入るんでしょうか!?大変失礼いたしました!!

 私どもナニブン、普段貧困層とは隔絶された世界に暮らしておりますので、そういった配慮に慣れておりません故なにとぞご容赦ください。

 

65年製フェンダーストラトキャスター 約150万円

 64年後半からピックアップの仕様が変更されたらしく、一般的には力強い音がでるといわれている年代のギター。

 サンバーストのグラデーションが素敵ですね。ちなみにサンバーストというのはこのギターの着彩の事、一般教養ですよ。まあ、わたくしたち"上流階級では"ですがね。みなさんの世界には"教育"はおありでしたっけ?まあ、興味ありませんが。ハハハ。

 

2000年代製フェンダーカスタムショップストラトキャスター 約40万円

 フェンダー社の中でも一番ランクの高いカスタムショップ製のストラトキャスター。唯一の非ビンテージの代表として出場。ですが、現行品の中ではトップクラスの品をご用意致しました。

 今回の企画はこちらのギターの音色を判別していただくことが主旨となっております。今回だけ特別に何度でもご試聴いただいて結構です。ファミレスのドリンクバーで元を取るまで居座るみなさんにはうってつけですね。

 安価とは言えど、みなさんの生涯収入に匹敵する品でございます。ちなみにみなさんこの後のご予定は?あ、失礼いたしました。いえ、自販機のつり銭が出てくる部分をパカパカするのだって立派なご職業だと存じますよ。がんばってくださいね。

 

ブルース編

 ギター一本のみのシンプルなブルース。

ファンク編

 ストラトはカッティングだ!という方のためのファンク編。たぶんコレが一番難しいです。

ディストーション編

 恐らく今回一番簡単なのがこちらのディストーション編。ギターの個性がでやすいリアピックアップのサウンド、それがさらに歪んでもっと個性がでやすくなっております。

 

みなさんわかりましたでしょうか

 バカかわかるわけねえだろ。メンサの試験より難しいだろこれ。ていうか弾いてるヤツ何者だよメカかよ。

 一聴瞭然ですね。ハッキリと差が表れておりました。

 まあ、わからなくても気を落とすことはございませんよ。芸術とは一部の特権階級のみに許された愉悦ですからね。

 それではごきげんよう。みなさんのペリカが貯まった頃にまた会いましょう!それでは!

 

ギター演奏:柘植達博
機材協力:足元の会
制作:谷澤千尋(小銭の臭いを嗅ぐのが好き)
嫌味:石左(家賃3.2万円、松屋ヘビーユーザー)

オススメ記事

記事検索

オススメ記事