BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
石左

2016/07/16

記事 邦楽ロック

Helsinki Lambda Clubの新曲が本当にダメ

 今現役バリバリのバンドの中で1・2を争うほどに僕が愛してやまないバンドHelsinki Lambda Club

 去年開催させてもらった当サイトのイベント、地下室LIVESにも出演していただいたせいもあり、"当サイトの読者"という局所で猛烈な人気を誇るこのバンド。この際言い切ってしまうがライブでヘルシンキを聴いていまいちピンと来なかった人はね、もう鼓膜取っちゃお。壊れてるから要らんよそれ。

 未だ人気が爆発しない理由の一つとして、音楽性がどうも耳の若い中高生にはムズかしいらしい。ライブにくるお客さんは「邦ロック!マッシュ!」みたいな精神性から一歩抜け出したオシャレな格好の20代の女性と、バンドマン風の青年~中年が中心。PAやスタッフからの評判もやたらによく「ああ、この人ら大人になってもまだバカみてえに音楽すきなんだな」と、そういう人間たちにばかり愛されてイマイチ若者にまでリーチしていない様子。

 いやでも最近の若い子ね、YouTubeとかツイッターとかの影響かお互いに勝手に情報交換して新しいバンド聴いたり、他の子よりももっと邦楽に詳しくあるために自分から貪欲に新しいバンドを発掘しにいったり、そういうきらいがある。しかしあんだけ音楽聴いてるならもうそろそろ邦ロックというジャンルの閉塞感にも気づきそうなもんだし、ほんとに音楽ばかり好きな子ならヘルシンキを一聴すれば「これだ!」と思いそうなもんだ。

 そんなヘルシンキだけど、新曲が本当にダメ。担当者誰だよ。橋本叱れ。

問題の曲

 TVHBD、まず歌詞の話だ。ていうか最後まで歌詞の話。

なんでもう会えないの?

二日前までは君のこと

君のママやパパなんかよりずっと知っていたはずなのに

 失恋ソングかな?というミスリードを誘う入口。

真っ暗闇 落ちているのは君が一番綺麗だった時の写真だけ

 ここの一節なんかは切り取ってみれば本当に詞的でもの憂げ。曲調のせいで暗くなり過ぎないのも良い、と思いきや

20150410131829

 これ。台無しだよ。ウマいこと言えてるのが逆に腹立つ。こりゃ座布団一枚とられましたな!ヒザが痛えんだよ、今すぐ返せバカ。

 たしかに。面白い。ナイスなバンドのMVはみんなこの人加藤マニ、の手掛けたMVもね、笑っちまうよこんなの。細部凝ってるのがまたイラつく。Asian babe Gets Nakedって、橋本くんソフトなのが好きなんだね。

 途中の皿洗いは

 宇多田ヒカルのオマージュかな。このテーマで宇多田出して怒られない?平気?これ。

 

 なんというか、良さが伝わらないんだよヘルシンキの。俺はヘルシンキが大好きだからこそべた褒めする記事を書きたい、なのにヘルシンキはこうやってさ、MV作るようなリード曲で茶目っ気出しちゃったりするんだ。カンベンしてくれ褒めさせろ。

 MVの重要性を全く分かってない。ていうかこの人たち能天気なんだよ佐久間くんいつも遅刻してるしな。過去のMVも曲クッソかっこいいのにMVがクソシュールだったり

 本人たち的には「自分たちにはこういう側面もある」という意識みたいだけど、コアなファンしか愛せないぜ。愛したい、でも愛せない。恋しちゃう俺。

 新しいファンを呼び込むにはヘルシンキのもっと、かっこよくて、でもダサい、そういう部分を前に押し出さなきゃなのに、これじゃ「へー、こういうおちゃらけたバンドなのね」とそれで済まされちゃうじゃないか。嫌だ!!違うんですこの子たちホントはもっとできる子なんですライブなんかもうホント最高なんです、だからどうか、どうか命だけは見逃してやってくださいどうか…

 曲自体も、カッコイイけれどもfoalsのようで邦楽に耳が慣れた子にはちょっとハードルが高い。もっと他のわかりやすいパンキッシュな曲で教育してからぶつけたい曲だよ。

 

 このTVHBD、二曲組の福袋の表面として据えられている曲なんだけれど、もう一方のね、メリールウって曲がホントでたらめに良い。俺もうずっと聴いてるもん。ライブラリの中から指を引き寄せる魔力と魅力のある曲だよ。聴かせたい。人に聴かせたい。そしてヘルシンキのファンになってもらいたい。

今まで破った約束が今の彼女を作ってるんだろうな

わかってたんだけどな

Last night she was sleeping on my bed

All night it's sitting on my head

 歌詞の一部だけど、本当に彼の作詞能力はズバ抜けた者がある。言わないでわからせる。行間に文字を置く能力がとても高いのだ。

 本当の本当にオススメできる一曲だ。だからこそ個人的にはこっちをリード曲にしてほしかった。ドカンと売れて欲しかった。でも本人たちはきっとそういうのじゃないんだろう、そこが彼らの魅力でもあるから仕方ないんだろう。

 

 ああだめだ、やっぱりYouTubeなんかじゃ万分の一も伝わんないな。

 もしハマれなかったら苦情は俺が聴くから、Helsinki Lambda ClubのCD買っちゃえよ。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事