BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

コラム 記事

世紀の失敗ギター、ジャズマスターを愛用するギタリスト達

2016/07/16

ジャズマスターは失敗作。
映画で言うと映画版デビルマンに匹敵するほどの出来だ。
映画版デビルマンをご存じない方はテキトーに親戚のニートでも思い浮かべて欲しい。
ソレぐらいの出来の悪さだ。

ギターをやらない方にもわかりやすいように画像にダメなところを書き込んでみた。
Fender_Jazzmaster2
お気づきだと思うが、目に見える部品全てがダメだ。
褒めるところがあるとすればボディのバランス(体にフィットする。座っても立っても弾きやすい、ただちょっと中の空洞がデカイ)とネック(悪いところが無いのが良い)ぐらいだろう。

とまあ散々ジャズマスターの悪口を書きまくった私だが、ジャズマスター大好きだ。
ジャズマスターでしか得られない独特の音、最高の見た目、そして偉大な先人達。

ジャズマスターは欠点こそあるが愛を持って接すれば最高のギターになりうるポテンシャルがある。
ということで今回はジャズマスターに愛を持って挑んでいった偉大な先人達、愛のジャズマスターギタリスト達を紹介しよう。

田渕ひさ子(ナンバーガール,bloodthirsty butchers)

news_xlarge_tt_07
あまりのオーラの無さに知らない人だと舐めてかかってしまいそうだが、油断してはいけない。
この方こそ、言わずと知れた元ナンバーガールのギタリスト、田渕ひさ子様である。


ナンバーガール - 鉄風 鋭くなって

カミソリのような非常に鋭い轟音ギターが彼女のスタイルである。
その鋭さ、ギターの塗装がはげてしまうほど激しい。
さらに本人の言葉で言うと「でっかい音」にもこだわりがあるらしく、とにかく音がでっかい。
殺気すら感じるほどのその堂々とした演奏姿は「カッコよすぎて女性に見えない」と定評がある。

ちなみにオルタナティブ系の邦楽ロックにジャズマスターを使うギタリストが多いのは彼女の影響が大いにあるだろう。
斬新なスタイル、ミュージシャンとしてのカッコよさ、その偉大な功績を称えて私は勝手にGTO(Great guiTarist tabuchi hisakO)と呼んでいる。

 

J・マスシス(Dinosour Jr.)

j_mascis_03-960x525
罰ゲームかなにかの最中かのような醜悪なルックスの彼がMR.ジャズマスター、ダイナソージュニアのJ・マスシスだ。
見た目にどおり、奇妙な性格の人物として知られている。


Dinosaur Jr. - The Wagon

彼のギターの特徴は、スリーピースバンドに聴こえないうるさい音作りと、
グランジ系には珍しくがっつりソロを弾くところだろう。

正直なところ別段めちゃくちゃ演奏が上手いわけでもなく、変わったプレイでもないのだが、
言葉に出来ない不思議な魅力に溢れている。

 

川上 洋平([Alexandros])

onecon_6-thumb-800xauto-1590
鬼に金棒、泣きっ面に蜂、川上洋平にジャズマスター。
ご覧のようにイケメンにジャズマスターを持たせるとカッコよくなりすぎてしまう。
少しはJ・マスシスを見習って欲しいものだ。

 

沙田瑞紀(ねごと)

b0242189_18305011
ジャズマスターはかわいい女の子が使っても良い。


ねごと - DESTINY

使用するギターをちょくちょく替えるのはよくあることだが、彼女の場合デビューからずっとジャズマスター。
プレイの方もジャズマスターの美味しいポイントをよく抑えてあってホントにジャズマスターが好きなんだと思う。

 

Mike Einziger(INCUBUS)

MikeEinziger
ギターを頻繁に持ち替えるいけ好かないヤツ。
変態ギタリスト列伝にも名を連ねる、アメリカンオルタナティブの重鎮インキュバスのマイク・アインジガー。


Incubus - Anna Molly

変態奏法やフレージング、山のようなエフェクターというギタリストとして語られる部分が多い彼だが、
取り分けジャズマスターを使ったときは情熱的なプレイが前に出てくることが多い。
偉大なギタリストではあるもののギターソロはイマイチ。

 

Kevin Shields(my bloody valentine)

fed3f694
シュゲイザーの天下を取ったバンド、マイブラッディバレンタインのケヴィンシールズもまたジャズマスター愛好家である。


My Bloody Valentine - Only Shallow

もはや、シューゲイザー=ケヴィンシールズといっても過言ではないほどのギタリストであり、冗談じゃすまないくらいの量のエフェクターを並べて演奏するすたいるが特徴だ。
またジャズマスターに搭載されているにも関わらず誰も使わなかったトレモロアームを積極的に使用し、音程を揺らしながら演奏する独特のスタイルでもある。

 

いかがだっただろうか

こうやって並べてみるとわかるが、ジャズマスターを使っている人はどこかひねくれているところがある。
少し捻じ曲がったところがないとこのギターのクセを活かしきれないからかもしれない。

ちなみに私はジャズマスターが好きだと言ったものの、冒頭の不具合の多さにイライラして売り払った。
ジャズマスターを使う人を尊敬する。マジで。
レスポールはいいぞ、全くストレスが無い。強いて言えば重いことが少し気になるくらいだ。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事