BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

コラム 記事

メタルカバーから学ぶ!原曲レイプ術!

2016/07/16

無性に何かを壊したくて仕方がなくなることがないだろうか。
知り合いのAちゃんはどうやらむしゃくしゃするとサークルを破壊する趣味があるらしく、私が大学時代に所属していたサークルを2回ほど破滅まで追いやった。その様子はピッコロが月を破壊する様子に似ていた。
なにはともあれ、何かを破壊したくなるその衝動は破壊衝動と呼ばれている。
先ほどのAという暴君の場合はサークルを破壊したのでサークルクラッシャーの称号と共に大学を去ることになったが、これを何かしらの作品に対して行うとまた名称が変化してくる。
例えばは映画、漫画、小説などを破壊するならばそれは「原作レイプ」となる。概ね”重要なシーンをカットする、オリジナルキャラの登場と原作のキャラの削除、低予算過ぎて色々ヤバイ、とりあえず流行ってる役者(アイドル)を積極起用するキャスティング”などの被害者の人権を踏みにじる下劣な犯罪行為を重ねると「原作レイプ」の称号を賜ることができるようだ。

さてさて劇場版進撃の巨人の悪口はここまでにしておいて、そろそろ本題に入ろう。
ありあまるムシャクシャ、壊したい気持ちを音楽に、取り分け他人が作った曲に向けてそれを実行した際は「原曲レイプ」と呼ばれる。まあ要は質の悪いカバーであるのだが、みなさんは好きなアーティストの曲がレイプされた経験をお持ちだろうか?
これが意外と自分の好きなアーティストの曲がレイプされるとイライラするものであり、私の場合は(角が立つので名前は伏せておくが)某イギリスの某バンドの某名曲が、日本の若い衆に何故そんな若々しくテンション↑↑みたいなアレンジされてしまいめっちゃ憤慨した。あれはないっすわ。

とまあ原作レイプにせよ原曲レイプにせよ、大よその場合歓迎されないものであることは明確だが、だがことメタルにおいては状況逆転する。メタルは己の極悪さを競うエクストリームスポーツとしての側面も持つためか、原曲の雰囲気やらなにやらを否定しメタル化させるほうが歓迎されるのだ。
ちょっと私には意味がよくわからないのだが、昔知り合いのメタラーがバンドメンバーを募集する際の基準で「技術のレベルが同じ位なら犯罪歴のあるほうを採用する」といっていたので多分そういうことだろう。メタルって難しいなぁ。

雰囲気を破壊する


Raintime - Beat it

隠れたメタルの名産地、イタリアからの刺客Raintimeのビート・イットカバー。

キビキビとしたダンスが似合う原曲からヘッドバンギング不可避なメタルチューンへと大胆アレンジ。「あのリフこんなにヘビーになるんだ・・・」と感心してしまう。ゴリッゴリのメタルサウンドに何故かボーカルの声が妙にマイケルに似てるせいで不思議な感じの曲に仕上がっている。
元々原曲の”beat it"は「逃げろ」という意味であり、殴り合いとかやめようぜという曲だが、カバーの方はそういった部分は継承されていなさそうな感じだ。完全に殴る側の曲になってしまっている。

メロディを破壊する

ジブリメタルの名で知られている、崖の上のポニョの主題歌をメタルアレンジした名曲。魚人族本来の力を取り戻したポニョ(最終形態)がソースケたちを蹂躙しながら大またで闊歩する姿が目に浮かぶ良アレンジだ。「まっかっかのポーニョ ポーニョ ポニョ」はきっと返り血でそまってる姿を歌ってるんだろう。大橋のぞみが聞いたら泣くぞこんなの。

このカバーの特徴はなんといっても”メロディが原曲と違う”ことだろう。音楽の三大要素であり曲を識別するのに一番重要なところであるメロディを大胆アレンジしてしまったのだ。
一応確認してみたが原曲と共通のメロディだったのはBメロだけだと思う多分。この曲を崖の上のポニョが大好きな祖母に聞かせてみたがどれだけ説明しても同じ曲だと認識してもらえなかった。というか音楽として認識してもらえなかった。
イントロとサビの凶悪なギターリフやドラムセットが壊れないか心配になるほどシバキ倒すBメロなど、メタル好きにとって満足いき過ぎる内容も高得点である。

色々無かったことにする


Her Name in Blood - Poker Face

日本屈指のメタルコアバンド、Her name in bloodがまさかのレディガガをアレンジ。

「俺たちがレディガガのポーカーフェイスを演奏してるっていってんだからそうなんだよ!」と言わんばかりの歌詞が原曲と一緒な所以外は全部違うという最強メタルコアになっている。さらに言うとデスボイスのせいで歌詞も聞き取れないのでもうホントにどうしようもない。
マジで原曲がわからない可能性があるので一応レディーガガの原曲へのリンクも貼っておこう。
カバーとかコピーとかそういったものの概念に対して挑戦状を叩きつける一曲だ。

Bメロとか原曲ではボーカルが歌っている部分をギターリフにしてしまうあたり一応原曲を聞いたことはあるのが伺える。

いかがだっただろうか

いかがだっただろうか。
いささか濃厚すぎた気もしているが以上の方法を使えば誰の曲であろうとビシビシレイプすることができるぞ。
後は一音一音怨念を込めて人を殴るイメージでブリッジミュートのリフを弾けば完璧だ!

と言うことで今回はこの辺りで!ステイメタル!ばいちゃ!

オススメ記事

記事検索

オススメ記事