BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

ジャケ買いのススメ イツエ

今回は『イツエ』を紹介しよう。 4人組のロックバンドだ。

彼女らの音楽に触れるきっかけとなったのは、CDジャケットだ。

所謂ジャケ買いだ。

ジャケ買いをあまりよく思わないやつも多いかもしれないが、私は大好きだ。

良い出逢いをしたと思っている。

CDは、ジャケット込みで作品だと思っている。

音楽って最終的に感性のものだ。感性に合うか合わないかだ。

だからジャケット見て『びびっ!』ときたら、

その時点で『良い』と思う感性が似てるんだと私は思っている。先入観で音楽を美化するのはダメだと思うがな。

さて、今回紹介する『イツエ』。ジャケットがいい。タイトルがいい。そしてボーカルかわいい。

ボーカルがジャケットをデザインしているらしい。

彼らのオリジナル音源は、記事投稿日現在、デモ3枚、アルバム1枚、シングル1枚が出ている。

デモは所持していない。欲しい。

ジャケットとタイトルを公式から引用していこう。

discography01 1st demo あの小鳥はいつ泣くの

discography022nd demo 全部嘘だよ。

すべて~13rd demo すべての朝へ

1stmini1st Mini Album いくつもの絵

1st_single1st Single 優しい四季たち

私は1st Mini Album いくつもの絵のジャケットを見て胸キュンしたのだが、いかがだろうか。

そろそろ楽曲にいこう。私的オススメは『言葉は嘘をつく』だ。もうタイトルがやばい。

タイトルというのはものすごく重要だと私は思っている。言葉ひとつひとつに張り付いて意味を付加するイメージだ。

私はタイトルだけで、嘘をついてるのは人間じゃなくて、言葉そのものかもしれない。とか、

むしろ良い言葉であってもそんなもの嘘っぱちなのかもしれない。とか色々考えてしまった。

楽曲もいい。ピンボーカルなので、ギターが薄くなりがちな編成だが、薄くならないように工夫されている。

心地よいクリーンギターから、ガツンとくる歪みへの変化がとても気持ちいい。

ボーカルも力強い。でも優しさもある。とても魅力のある声だ。

ライブで聴くと、イマイチなボーカルも多い中、

厚いバンドサウンドに埋もれず、これだけしっかり歌えるやつは少ないんじゃないだろうか。

『エンドオブソロウ』という曲が一番好きだが、Youtubeにない。悔しい。

『海へ還る』もいいのでこちらを聴いてくれ。

若手の部類に入るのだろうか、今後も楽しみなバンドである。


『海へ還る』が入っている。とても聴きやすい。


リード曲、『言葉は嘘をつく』と私の大好きな『エンドオブソロウ』が入っているミニアルバム。おすすめだ。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事