BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
石左

2015/09/07

記事

KAB. 見た目で驚き声で惹かれる

KAB.はソロ活動の女性シンガソングライター
そのまま日々を描いたような歌詞と、澄んだ声、明るいだけで終始しない曲が特徴だ
前置きはこのくらいで、まずは見て聴いてほしい

ギャップ


真ん中のモヒカンの彼がKAB.
声と見た目のギャップで驚かされると思うが、彼の曲の素晴らしさの前では些細な事だ
KAB.は性同一性障害を認めており、戸籍上は女性だが心は男性、ということだ

友達の幸せにうなづきながら
よかったなと大げさに肩を叩き
今日は朝まで付き合うよ だなんて
飲みかけのビールを流し込む君

そんな楽しそうにしなくていい
自分の弱さから目をそらさずにいて

歌詞の内容は彼ならではの心の葛藤を唄っている
友達、は戸籍上同性の友達のことだろう
人よりも苦労が多いことが想像に難くない彼の飾らないストレートな歌詞は、真に迫るものがある

ちなみにバックでギターを弾き、ギターソロの終わりにシールドをぶっこ抜いているのは
椎名林檎のサポートやGod knows...等で知っている人も多い、一部のギタリストから絶大な支持を得ている西川進
他人様の真空管アンプでは絶対に真似しないように、西川進だから壊れないのだ

CDは多くが廃盤になってしまっている為プレミアがついており、買おうと思うとそこそこに高い
見かけたらすぐに買うべきだ

オススメ記事

記事検索

オススメ記事