BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
石左

コラム 記事

みんな、これから知らん音楽の話してくる奴いたら絶対に逆ギレしよう。負けんじゃねえよ。

 こんにちは典型的な日本人のみなさん。苦笑い、今日もしてますでしょうか。

 自分は人の顔色なんか全部いっしょにみえてしまうので、失礼があってはいけない… と知らん人と話してる間ずーっと苦笑いしてるんですけどそれを良いことにずっと自分のペースのトークで俺たちを振り回してくる奴いないですか。ほらB型の奴とか「ひょっとしてB型?」とかよく人に言われる奴、気を付けろや。あれ褒められてねーから。
「え、O型なんだけどよく言われるわ笑」
じゃねえんだよ。自己中心の半サイコ野郎をオブラートに包むとそういう味になるだけだから。ゴリラ全員B型だから。遠まわしに「コミュ力、ゴリラですか?」って訊いてるんだからなこっちはよ。

「B型ですか?」なんてのは俺たちができる唯一の、ささやかな抵抗であって、実際のシーンでは延々とそいつのペースで知らん話をされて苦笑いし続けるんですけど、こんなのは自分も苦しいばかりか相手にも失礼なんじゃないかと最近思い始めたんですよ。やめようもう。鼻毛が出てる奴を野放しにするのが優しさだとは思わない俺は。社会は俺たちのお母さんじゃない。一歩外に出れば他人なんかわざわざ誰も注意はしてくれないんですよ。欠点は野放しにされ、周囲に内心で蔑まれるだけなんですよ。寂しい。最寄りのコンビニの店員に「ボーボボ今日も鼻毛真拳撃ってたよ笑」ってバックヤードで言われるだけ。でもそんなのは寂しいじゃないですか。

 だから俺は、俺だけはちゃんとみなさんに言ってやろうと思うんです。

「そんなバンド知ってるわけねえだろ、鼻毛出てるぞ」

 と。

 本題なんですけど、いや急に「こんぐらいは知ってて当然」みたいなトーンでマイナーな音楽の話大声で始めるやついるじゃないですか。まあ俺なんですけど。そういう奴にはきちんと「知らねえよ」「通夜の最中だぞ」「鼻毛しまえ」と間違ってる点を指摘したほうがいいです。ちなみにこれらは、ギリ伝わると思って祖母の出棺中に「水中、それは苦しいのミュージックビデオみたいになっとるな」と口走った俺が親族に注意された実例です。親族でよかった。外だったら「あ、名前は知ってる…」と苦笑いされるばかりか鼻毛も出たまんまだった。

 

 人間は、特に日本人は、まったく知りもしないし世に広く知られていないものでも「当然このぐらいは知ってるよね」みたいなトーンで話を進められると、気圧されて知らない自分が恥ずかしい申し訳ないみたいな様子になってしまう。人に嫌われることを恐れすぎている。俺たち敗戦国は。GHQに心の強さまで規制されてしまった。

 俺も人の子、気持ちはよくわかるし、人生の様々なシーンでそういう人々の苦笑いを見かけてきた。でももうやめにしませんか? と。アメリカ人がそんな弱気なコミュニケーションしますか?しなさそうですよねヤツら。アメリカ人の知り合いそんなにおらんから知らないですけどたぶんしない。俺たちも心の中にアメリカ人を飼う時が来た。それが今。今飼ってください。名前も決めろ。

 これからはどんなに同調圧力を帯びたトーンで知らないことを言われても、胸のアメリカ人に「What?」と言わせろ。keep your self。想像するアメリカ人はできるだけ筋肉があってステーキ毎日食ってるようなやつがいいです。素でちょっと日本人バカにしてる感じのヤツ。一瞬でいいからそれになれ。「知らない」と、言うんだ。

 

知らない話、つらすぎる

 小見出しにするほどのことじゃないんですけど、知らない話をうんうん聞いてるの本当にツラいんですよ俺は。

 その知らん話する人に悪気がある場合もない場合もあるけれどどちらにせよ、その話、知らんわけで。しかも知らん話を「お前も知ってるよな」っていうテンションで話されるとき、その不快指数は湿度100%の部屋で和紙で千羽鶴を折るのに匹敵すると言われてるとか。本当に苦しい。

 相手に悪気がない場合は、相手もかわいそうでしょう。ピエロですよ。向こうだけ「盛り上がってる!楽しい!」ってなってるわけですからね。自分が嫌われたくないからって人をピエロにしちゃいけない。自らの心の弱さが自分ばかりか他人を愚弄していいわけがない。

 知らないなら苦笑いしてないでちゃんと「知らない」と言えば、説明してくれるし知らない人に合わせたトーンで話してくれるはず。それを「知らない」と言えないとその日ずっと心に「なんであそこで見栄を張ってしまったんだ…」と胸につかえて家への帰り道が自己嫌悪で足取り重くなる。俺はなる。心のアメリカ人も呆れ顔にもなりますわな。

 ちゃんと「知らない」と言える勇気さえあれば、そんなことにはならないのです。ちょっと自分を強く持つだけ。知らない話を「ああ、なんとなくわかってますよ」みたいな顔して乗り切るより全然簡単。

 

 逆になんですけど、世の中には最悪なヤローも一定数いて、別に自分がその曲作ったわけでもなしに音楽で偉そうにしたいヤツがいるわけですよ。想像しただけでウゼー。鼓膜ビリビリになる呪いとかかからんかな。

 人間なんて自分が詳しいこと以外知らないんだから無知はなんにも悪いことじゃないのに、それを弱気なシャイボーイたちの罪悪感に付け込んで優位に立とうとする浅ましさ、許せん。

 そういう手合いに知らん音楽の話をされたら

「Vulfpeck?あーAngeberの元メンがやってるやつでしょ?」

とか言っておけば

『Angeberきいたことあるわ、そうなんだ』

 みたいなこと言ってくるので

「そんなバンドいねーよシャバゾウが。ちなみにAngeberはドイツ語で見栄っ張りって意味な。お前の事だよマウント猿が」

 つって死なせましょう。そいつの悪い部分を死なせましょう。あなたが殺すことで、これからそいつと話すハメになるやつらやそいつ自身を救うことになる。しっかり葬れ。

 

 せっかくお互いに好きな音楽があるならせめて楽しく話題にしたいもんですね。そのために、誠実に会話に臨む勇気を持ってくれればなと。

 それでは。

 

オススメ記事

記事検索

オススメ記事