BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

何故今の若者にスピッツがウケるのか

最近若い子の間でスピッツのファンが増えてると思うのですが何故でしょうか?

 というおたよりをいただきました。確かにそうですよね。元々ファン層の幅が広いなぁとは思っていたんですが、ここ最近ライブとか行っても若い子が凄い増えてるなって思います。

 ツイッターの「#日曜日だし邦rock好きな人と繋がりたい」とかを見てても、KEYTALK、ヤバT、Mrs.GREEN APPLEみたいなフレッシュな面々の中に混じってスピッツって出てきますからね。菅田将暉、坂口健太郎、山崎賢人って並びの中に現る阿部寛みたいな感じです。

 去年で結成30周年、今年で御年50歳のオジサンたちが未だに若い子に通用して、流行りのバンドの中に食い込んでる。これは凄いことだなと。

 ということで今回の記事ではスピッツが何故今の若者にウケてるのか考えていきたいなと思います。

若い子に聴いてもらえるって凄いこと

 このサイトを始めてから、若い子達がどうやって自分の聴く音楽を決めているのかってのをずっと研究してるんですが、知れば知るほど若者にウケるってめちゃくちゃ大変なことってわかるんですね。

 それは若い子って感性が非常に鋭いというか敏感ってのが理由なんですけど、みなさんの高校時代とかそうだったはずです。高校生とか大学生ってマジで色んな事に対して細かい生き物なんです。

 僕の場合だとチャリの荷台が曲がってるとリア充っぽいとか、カバンはペチャンコにしておいた方がカッコいいとか。野球部の連中は帽子のツバが派手に曲がってた方がカッコいいとか。今思い出すと何が面白くてあんなことをしてたか理解できないんですが、当事者にとってはクソ大事だったんですね。

 音楽もそれと同じ感じなんですよね。若い子って歳をとると区別がつかないような時代感やメンバーのファッションを明確にかぎ分ける力が非常に強くて。これは自分が聴いていい音楽、聴いてるとダサい音楽みたいに、ほんの2、3年くらいの違いだけでも古いって烙印を押してしまうのが若いリスナー達なんです。

 そうなると若い子にウケるのは当然、メンバーの感性が近い若いバンドか、その辺までを見越してちゃんとウケるように作れる賢い人かになるわけですね。ゲス極とかは後者だと思います。曲調から言葉の選び方までちゃんとリスナーのことを考えて作られてると思います。

 ただスピッツの場合は、


スピッツ - みなと

 逆行。

 昔っからずっと変わってないんですよね。初期の頃の曲と最新の曲を混ぜて聴いても全然違和感がない。良い意味でリスナーに全く媚びずに、ただひたすら自分たちの音楽をやってるって感じですね。

 このリスナーに媚びない!というのが一つのキーポイントだと思います。

 元々時代性に合わせて作られた流行りものじゃないので、時代が関係ないんですよね。

 今年「今風だから」と流行ったバンドが服でいう今年の流行りのラインパンツだったりボアジャケットだったりだとしたら、スピッツはシンプルなジーンズ。流行アイテムにはならないにしろ、毎年履ける安定性。そこに時代性が関係しないのが強いんだと思う次第です。

 

捻くれてるけどポップ

 もう一つはちょっと捻くれてるところがウケる要因の一つなのかなと。

 バンド音楽が好きなみなさんなら伝わると思うんですが、ずっと前向きというか明るだけの音楽って聴いていてキツくないですか?

 単純な話ですが、ずっと調子いいままの調子良いままの人間って滅多にいないですからね。主観ですが人生って9割しんどいことだと思うんですよ、だからこそ残りの1割が楽しいと思うんですが。

 とまあ、そういうワケで明るい歌ってどんな時でも聴いてられないものないし、やっぱりなかなか時代を超えて聴かれることが少ないんですよね。

 そういう意味では凄い絶妙なバランスを持ってるバンドがスピッツだと思うんです。チェリーもロビンソンも普通に切ない曲ですからね。かと言ってめちゃくちゃ暗いワケでもないし。日常か非日常化といえば日常っぽいし。

 飲み物で言えば麦茶みたいな、そういう音楽だと思います。コーヒーとか紅茶とかは常に飲んでられないっすからね。

 そこが若者にウケるポイントなのかなと。やっぱり流行りものって味の濃いインパクトの強いものになりがちですからね。バックナンバーとか特濃ミルクみたいな感じだし。みんなちょうど良い味の濃さを求めてスピッツにたどり着いてるんじゃないかなと思います。

 


スピッツ - ロビンソン

 ということでクセのない音楽性が功を奏したのかなと思います。

 あとは、僕もスピッツ大好きでいまこの記事を書いているわけですけど、僕の場合は親が大ファンでマジで子守歌代わりに聴いてたクチです。そういう人多いんじゃないでしょうか。

 小さいころ聴いていた音楽って身に染みてるんで良く感じるものだと思うんですが、他に聴いてたアニソンとかは懐メロになったのにスピッツはいまだに古臭さを感じないので現役というか。

 他にも売れたバンドって沢山いますが、スピッツはそのクセのなさから、他のバンドよりも2世ファンになりやすいのかなと。

 というワケで今回はこのあたりで。

 末永く続いてほしいなと思います。それでは!

オススメ記事

記事検索

コスパ最強のホームページ制作 Waves design

オススメ記事