BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

2015/09/07

記事

Sumika 久々にグッときたギターロック


Sumikaは神奈川県出身のバンドで、片岡健太(Vo.gt) 黒田隼之介(Gt.cho) 荒井智之(Dr)にライブごとにサポートメンバーを加えて活動しているギターロックバンドである。

初めてこのバンドの音源をサウンドクラウドで聞いたのは半年前ぐらいのことだっただろうか。

"すげーいいバンドがいる。"と思った。歌はうまいし曲も良い。おまけに演奏も巧いし…と初めて聞いた当初からいい印象しかなかった。

なぜここまで褒めてしまうのか、と自分で思い返してみると、その理由がわかった。

近年出てきたギターロックと呼ばれるバンド達にどこか魅力を感じていなかったからである。

正直、どれも一緒やんかと。

音楽は今も昔も模倣からできているし、オリジナリティ溢れる音楽を作っているミュージシャンも必ずどこかにルーツがある、というのが自分の考えである。

しかし、近年のギターロックはわかりやすいところから模倣して、それでおしまいなバンドが多い気がする。

ああ、このバンドから影響受けてんだな。

好きなバンドのフロントマンが好きな音楽まで掘り下げてないんだな。

悪いわけではないが、面白くはないなと思っていた。

矢先だった

 

Sumikaはなにか違う、と思った。

自分がギタリストってのもあるかもしれないが、ギターの音すげーいいしギターめっちゃうまいし、なにより曲がめちゃくちゃ良い…(べた褒めしすぎ?)

 

いやあ、グッときますわ。グッとくるって表現が一番正しいと思う。

ちょっとギタリスト目線でいうと、ディミニッシュの使い方、秀逸。

奇抜なことやってるわけでもないのにこれだけ耳障りよく、且つかっこいいのは持ってる引き出しの出し方が丁度良いからなのかな。

 

こーゆう曲もあるのか。歌ものにダンスな要素、スカ、レゲエを組み込もうとしたギターロックのバンドは最近のバンドにはあまりいなかったのではないだろうか。

 

ギター巧いなしかし…

 

この曲では最近人気のバンドによくある、いわゆる『卑怯ドラム』、4つ打ちを多様している。

これやっとけばいいんでしょ?的な皮肉にも見えるぐらいそっち界隈のバンドのサウンドを食ってしまっているように聞こえる。

 

ライブを見て『ヤバい』と思えたバンドの1つでもあるしこれからバチバチに売れていって欲しいバンドの1つでもある。

 

これからのSumikaの音楽と快進撃に期待である。

 

 

オススメ記事

記事検索

コスパ最強のホームページ制作 Waves design

オススメ記事