BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

表現者 安藤裕子

安藤 裕子(あんどう ゆうこ )は、日本のシンガーソングライターだ。

元女優だ。

役者のオーディションの課題として歌を一曲歌うという条件があり、その歌が評価されたことから音楽活動を始めた。

音楽をやろうと志してきた人間ではない、表現するために音楽が必要だったタイプだ。

ん~かっこいい。

安藤 裕子

映像関係の仕事を目指していたこともあり、CDジャケットやグッズ、MVの監督もやっている。自身は『落書き』と言っているが、絵も独特の世界感がある。

多才だ。こういうものが楽曲に表れていると私は常々思う。

独特の歌声に、映像のクオリティも高い。

ドップリと彼女の世界観に浸れると思う。

さて楽曲に移ろう。MVも必見だ。

安藤裕子 - サリー

1stミニアルバム『サリー』より

あ~、心が洗われるようだ。美しい。シンセとギターの絡みが絶妙だ。

ネガティブな人間の私には、彼女の楽曲のネガティブさが染みる。

すごい楽しい曲調でも、ひとさじの悲壮感を感じる。そこが好きなんだと思う。

このミニアルバム『サリー』、次に発売するアルバムと曲が被ってはいるが、収録曲の全てが全て芸術性に富んでいる。

一番有名なのは、、『のうぜんかつら (リプライズ)』だろう。

 

月桂冠『つき』のCMソングに起用され、耳に残っている人も多いんじゃないだろうか。

CMソングのクレジットがなく、問い合わせが殺到したそうな。

ん!クラムボンだ!と思った私は原田郁子で検索して見つからなくてモヤモヤした記憶がある。

同楽曲の入った『Merry Andrew』がトップ10入りを果たす。

曲調が本当に幅広く、不安定さをすら感じる振れ幅が彼女の多感さを表しているようだ。

彼女の楽曲は、曲調ポップ、歌詞切ないのパターンが多い。

『さみしがり屋の言葉達』、『Lost child』、『み空』がオススメだ。


安藤裕子 - さみしがり屋の言葉達

『さみしがり屋の言葉達』タイトルが既にいい。しっとり感がすごい。サビで入ってくるホーンセクションが気持ちいい。

「雨の街は笑顔を嫌う」というフレーズに彼女のセンスを感じる。

『み空』曲の構成も独特。大サビに入る展開も素晴らしい。

最後に 『問うてる』でお別れしよう。

配信限定でシングルリリースされた曲である。

彼女の中では珍しくミドルテンポの明るいポップチューン。

相も変わらず歌詞が重い。

最初はもうちょっとべたっとした感じの
曲だったんですけど、
アコースティックツアーやイベントで歌う中で、
土臭さが出てきて。
歌声もファルセットと地声を混ぜて、
おとなしく歌ってたんんだけど、
体をいっぱい使って、
大きく大きく空気を膨らませていくように
歌う曲なんだなってことがわかって、
遠慮して歌う曲ではないんだってことがはっきりしたのは、
やっぱりライブでみんなが手をたたいてくれたおかげだと思いますね。

(本人ライナーノーツより)

歌っていくうちにこうやって歌う曲だと気づく。

音楽をやっている人間ならわかる感覚じゃないだろうか。

彼女の楽曲、声のバリエーションが受け付けない人もきっといるだろう。

彼女は楽曲を表現するために自分を合わせるタイプだ。女優の経験も生きているだろう。

表現者 安藤裕子 聴いてみてはいかがだろうか。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事