BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
ありんこ

2015/09/07

記事

Alaska Jam、アラス怪物のお出ましだ

 

 

聴きました??初めての耳体験って方もいるはず。私もそう。

ロック?ラップ?…いやいや、ロックとヒップホップを真正面から合体させ、革命的化学反応起こした、

その名も Alaska Jam!!!

以前、アラスカについて書かれた記事がありますが、補足、蛇足みたいな感じで魅力をお伝えできればと、、、

 

催促されれば、姑息な手段で最速算段!!

so-ku、dan で 韻踏んでみた。

化学反応?

何が化学反応って?

私の勝手な解釈だが

ロックにしてはソリッドすぎるし、音数も少ない。

ヒップホップにしてはメロディアスだし、装飾品が多い。

だが、それらが彼らの個性、魅力を生み出しているのだ。 耳に一番最適でフィットする音づくりがなされていると思う。マイナーコードのリフを筆頭にリスナーの耳をかっさらっていく印象。

捨て曲がない!!!

これまでに1st mini album "HELLA HELLA GOOD!!" そして今年7月2日にリリースされた2nd mini album "MELLA MELLA HERO!!" ともに合わせて全12曲と少ない。

が、どれも戦国時代群雄割拠の世とも呼ぶべきほど、 楽曲たちの主張が激しいといったらありゃしない。

どうだろう、読者の皆様にも熱烈に応援しているアーティストいますよね。 で、本当のところを言うと楽曲たちへの序列、優劣って(あくまで自分の主観で)多少なりともあるはず。

プレイリストを流してて、「次の曲いこう」のように飛ばした経験をお持ちだろう。

しかしAlaska Jam は違う。一曲一曲に命の灯が宿っている。 是非、CDを買って聴いてほしい。

2nd mini album リード曲、"少年と樹” 冒頭の軽くヘドバンしたくなるリフから、キャッチーでポップなサビヘ。

「しゅっしゅる、しゅっしゅる、ぱりらへーよ」

1st mini album 冒頭の一曲"REBEL REBEL" ライブ映像。 こりゃまた中毒性あるリフ。そして森心言の魂の叫びを感じてくれ。

「"I wanna be anarchy"(アナーキー) 履いてるジーンズは穴あき」

ライブに行くべし!!

2014年9月30日@渋谷clubasia

Alaska Jam 初ワンマンライブ!!!大成功、大盛況で幕を閉じた。

是非、是非、是非、生音を、いや生音で聴いて頂きたい。そして聴いて欲しかった。。

アルバムから全曲はもちろん、新曲や昔の曲まで。古株にはよだれものだっただろう。CD負けしない迫力、ライブパフォーマンス、自然に湧き起こるコール&レスポンス…全部が混ざり合って誰もが主役になれた夜だった。

次のライブは?? とお思いだろうが残念ながら未定なのだ。。一回聴いてしまえばCDじゃ物足りなくなる。

shingen2014

しかーし、悲しむことなかれ!!

Vo.森心言さんは一人でも精力的に活動をされている。Alaska Jam未体験の方も彼らの風を感じに行ってみてはどうだろうか。

弾き語りver.やDJセットで歌ってくれるぞ。弾き語りはバンドと違って甘い歌声でしっとりと、DJセットは一人なのに、後ろにメンバーの幻影が…笑 というくらい盛り上げてくれること間違いなし!!

ライブの詳細はHPでチェケラ!!

オススメ記事

記事検索

オススメ記事