BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

記事 邦楽ロック

Rhythmic Toy Worldの、ヤンキーが捨て猫とか拾ってるとギャップで好印象なアレについて。

2016/07/16

見た目は親しみやすいのに性格がアレなみなさん、こんにちは。

「人を見かけで判断するな」とかよく言われるが、実際のところ人間見た目が10割なのである。内面は表情や服装から外面に滲み出る。数年前に台頭したおバカタレントも全員が全員眉間のあたりからおバカが染み出ていた。バカは眉間から染み出るぞ、気を付けろ。

しかし音楽においてはその限りではない。いや確かに多くの場合は
「ディッキーズにバンT、バンズ、リュック…メロコアか…」
「マッシュにテレキャス…邦ロックか…」
「デブ…メタルか…」
と見た目に即した音楽を聴き、音楽を演奏する。

だがこの記事で紹介するRhythmic Toy Worldはピーキーな見た目に反して非常に安定した音楽性のバンドだ。
見た目怖い人が存外優しいとギャップで好印象なアレよろしく、構えて聴くとその隙をグサっとやられかねない。

人は見かけが10割、だが今日の所は一旦それを忘れて是非彼らの楽曲を聴いてほしい。

優等生

こわい。めっちゃMP高そう。装備の整ってない序盤に出くわしたら全体魔法一発で全滅させてきそう。

正直なところ一目みてそう思いました、申し訳ない。
しかし反面音楽性といえばどうだろう。「邦楽ロック」というくくりで言えば模範的、音楽に正解はないと言うが、あるとしたらソレだろうという加減を的確に突いてくる。

ダンスビートはサビまで我慢し、サビではしっかり歌メロも四分で追従。適切に音程に高低差をつけつつ背景で動きまくるリードギターとぶつかり合わない。あと普通に歌が上手い。

優等生だ。ヤンキーが数学だけ学年一位みたいな「やるじゃんあいつ…」感がある。

 

LIVEの安定感

歴が長いのか、パフォーマンスも演奏も安定しっぱなしである。ベースの人のヘドバン、薄めの壁とかなら突き破りそうだな…
ドラムもライブ向きのドラム、視覚的にもインパクトがデカい。とりあえず目を引く!という意味では強いバンドだ。

 

歌詞にも隙がない

好みを選択 抜かりは無い あれやこれやで探し出したんだ
重要なのは結果コンポジション サムネだけじゃ分からぬパンドラボックス
そろそろ決断の時が近付く 唸るビートBPM176が刻むリズム
この指に託すんだ絶頂の未来を

エロサイトの話か、バンドのMVの話か、もしくは両方か。
言われてみればYoutubeでバンドを探すのも、そういうサイトでそういう動画を探すのも同じかもしれない。サムネだけ見て「ん?」と思っても聴いた見たらガッカリだったり、またその逆もあったりする。

 

メッセージ性のある歌詞がー、とかそういうことが叫ばれ数十年。最近の歌詞推しバンドは表現があまりに直接的すぎる気がしなくもない。若年層にわかりやすく!というのもまぁ察するが、やみくもにネガティブ言っておけば良いみたいな風潮はあまりよろしくないと思っている。本人の内面が深刻であれ伝え方が悪ければ一気に陳腐化してしまう。
「私彼氏からDV受けてて…でも好きだから別れられないの…」
と聴いてもいないのにそんな話をし出す24歳ブライダル関係職辞職後フリーター女と同じ安っぽさに辟易する。

かといって

950b0996370ebaacc19ea6e28e9ac1e0

これもダメだ。ジャガーが、うすた京介が言っていた。

「本当に良い歌詞ってのはよくわからないようでよくわかる!」

エゴの盾を持って 両刃の剣をかざした
他人任せの人生にはホラそろそろ強制終了
誰の為? 僕の為って 押しつけがましいな
判ってるから聞こえてるから これ以上縛りつけないでくれ

ぼかされて何のことやらだが、バンド稼業をやってれば浮かぶ鬱屈のことだろうとそこまでは理解が及ぶし、曖昧な分聴いてる側も自分に投影しやすい。

好き嫌いはあるだろうが、他の楽曲の歌詞も遊びがあったり、真剣な一面もあったりで歌詞の濃度の高さも間違いなく彼らのウリだろう。

 

見た目とギャップ

正直なところ、見た目で判断して聴くのを避けていたバンドだったので僕個人としては虚を突かれ思わずしっかり聴き込まされてしまった。完全にヤンキーが捨て猫とか拾ってるの見てキュンとしてしまうアレに陥った形だ。悔しい。

みなさんはどうだっただろうか。
ギャップに騙されているうちに本当に彼らに魅せられていたなら。Rhythmic Toy Worldの勝ちだ。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事