BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
石左

2016/02/10

人気記事 記事

ブス、SHISHAMOという商業戦略

じわじわ人気が出てきたSHISHAMO
他人様の顔をかわいいだのブスだの失礼な話だ、しかしこのバンドにおいてフロントマンの顔面
決して外せない話題だ
あえてボーカルの宮崎朝子、彼女の"顔面"からSHISHAMOというバンドを三枚におろしたい。
ファンのみなさんのデリケートな部分、今回は是非土足で踏み入らせていただきたい所存だ

みなさんの目にはボーカルの彼女、どう映りますか?
ブス?かわいい?
僕はエロいと思う。

戦略的ブス


絶妙!ブス可愛い!
ファン層としては若い女の子からの支持が厚いだろうが
あえて男性目線で言わせていただくと
なんかよくわからんけどすげえエロい顔してる!!
"ブスかわいい"と思う

Googleに"SHISHAMO ぶ"まで入力すると"SHISHAMO ブス"とサジェストされるほどである
しかしこれは本人たち、もしくはプロデュース側の人間たちの狙いの一つに間違いない
かつてチャットモンチーにも同じ感想を抱いたが
あんまりにもな美人が共感を誘うような歌詞を叫んでも嫌みっぽいし嘘くさい(どこまで敵を増やすつもりなのかこのブログは)

 

通り過ぎやすい音楽、通り過ぎれない顔面


ひえー!!
どのPVもやっぱり顔面激押しだ

こういったアクのないキャッチーで聴きやすいバンドは世に必須だと思うが
インパクトや奇をてらったバンドが話題性をさらい売れては消えてゆく、激動の音楽業界
非常に残念な事であるがその中でシンプルに良いバンドというのはなかなか評価されづらい
何度も聴けば十代の女子の心をつかむような素朴で可愛い歌詞が耳に届く

"隣の人のイヤホンから漏れる音楽に気付いて
自分のイヤホンの音量気にしたり
この人と同じ風には見られたくはないなあ
そんなことを考えて あの街へ"

ああ、なんかわかるな、若い女の子がきっとそう思える良い歌詞だ
そんな歌詞も一聴され通り過ぎてしまったら何の意味も持たない
そこで顔だ!顔面だ!

僕もまんまとプロデュース側のマーケティングにはめられてしまった。

正直初めて視聴したとき良くも悪くもシンプルな3ピースガールズギターロックだ、という印象で終止した。
ただそれだけならきっと昨日の夕飯と同じように僕の頭から忘れ去られていただろう
しかし顔、顔面、決して忘れなかった。

SHISHAMOという名前もいい、覚えやすく可愛く大文字アルファベットでインパクトもある
結局僕はまた聴いてしまったのである、youtubeをぐるぐるとまわり聴きあさってしまった。

しかも演奏しているところを見ているとなんとなく可愛く見えてくる
いやブスと言い切った手前言いづらいが、可愛い
静止画で見ると確かにブス、しかしギターを持って歌うと可愛い。
ガールズバンドの魔力を最大限に引き出している。

 

予言しよう、あなたは必ずもう一度見る

はじめてSHISHAMOを見た、というあなた
予言しよう、必ずもう一度見ることになる
友人に「すげえブスが歌ってるバンドがあったんだって!」とかなんとか言ってまた見る
しかも友人を巻き込んで
まんまとスタッフ側の思惑通りだ、してやられてるぞお前ら
しかも見ているうちに「あれ?なんか可愛いかも?」
とか思っちゃったらもう終わりだ

ファンのみなさん、どう思うだろうか
人の顔面に対する感性はひとそれぞれだ
ただルックスがきっかけになり、彼女たちの素朴な良さに気がつくことができたのならどっちでもいいのだ

あなたが目を奪われたのなら、それはもうSHISHAMOの勝ちだ

 

オススメ記事

記事検索

オススメ記事