BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
ホンダ

特集 記事

札幌のロックシーンについて マイアミパーティ x ズーカラデル 対談

 いつの時代も下北のバンドはフェンダーのギターを使うし、関西のバンドは全体的にちょっとゴリっとしてたり、京都はなんかはんなりしてたり。

 バンドの地域差って思ったより色濃くでて面白いですよね。ただその反面、その地域のライブハウスに通ったりしないと中々理解しずらいのもの事実。

 ということで今回は札幌をメインに活動するマイアミパーティとズーカラデルの両バンドに”札幌のシーン”にフォーカスを当てて取材してきました。

左:吉田崇展(ズーカラデル Gt,Vo)
右:さくらいたかよし(マイアミパーティ Gt,Vo)

 

始まり


ズーカラデル - アニー

 

―ズーカラデルはなんで始まったの??

櫻井:いや俺はそんなことより、吉田さんが音楽を始めたきっかけを聞きたい。

吉田:文化祭でバンドやろうぜってなって始めたよ!チャコールフィルターとかコピーしてたよ。

櫻井:チャコールフィルター?何それマジシャン?

吉田:マッチのCMのテーマになってた曲だよ!最初はベースをやってたんだよね。ゴイステのコピーをした時にベースが弾けなくて、そこで初めてエレキギターを持ったんだよね。

櫻井:へえええええ。

吉田:それで自分で弾きながら歌ってみたら 、意外と良い感じの曲ができて、そこからオリジナルを始めたんだよね 。

櫻井:ズーカラデルのバンド名の由来知ってる?僕すごく好きなんだけどさ。

―いや知らないなぁ。

吉田:ズーが動物園って意味。動物園から出るってこと!

櫻井:僕はそのバンド名に何か僕らと共通の意識があるんだろうなぁと勝手に思ってた。僕らも同じでさ、札幌もそうだし、一つのライブハウスでばっかりライブやってる人とかってさ、やっぱり囚われてるんだよね。そこからなんとか一歩出ると気付けることってたくさんあると思うんだよね。

吉田:そこまでは考えてなかったわ。

櫻井:ハハハハハ。

―マイアミパーティはいつ始まった?

櫻井:マイアミは三年前くらいから存在はするんだけど、僕がマイアミを作ったタイミングで上京したんだよね。東京にバンドメンバーを探しに行ったんだけど、二年間メンバー見つからなくて。もう音楽嫌になって札幌帰ってきたのよ。そしたらタイミングよくメンバーが集まって今の形になったかな。

―マイアミってメンバーの年齢バラバラだけどやりづらいとかはないの?

櫻井:僕は年下と一緒にいると威張っちゃうし、年上と一緒にいると甘えてしまうから、その両方がいる今はバランスがとっても良いよ!

吉田:櫻井くんと結構前に対バンしてるんだけど対バンする度に『初めまして』って言われてたんだよ!3回くらい初めましてしたわ笑 しかも一番最初に対バンした時に「めっちゃ良かったです!」って褒めてくれたのに笑

櫻井:違う違う!!!言い訳していい!!!!僕フォークシンガー覚えられないの!でも良いものは良いって伝えたいの!!

―言い訳になってないですね。

櫻井:うるせーよ!大事なのは今こうして仲良くなれてることだから!

 

札幌の音楽に受けている影響

―札幌の音楽に影響は受けてる?

櫻井:僕は全くって言っていいほど、受けていないんだよね。受けてないとは思っているんだけど札幌の音楽のダシはしっかり出ていると思ってるよ。

吉田:バンドやる上でかなり影響を受けているのはやっぱりTHE BOYS&GIRLSかな。

櫻井:僕もTHE BOYS&GIRLSと太陽族は好きだなぁ。


THE BOYS&GIRLS - パレードは続く

 

吉田:ボイガルはライブがすごい強くて、こういうのがやりたいとずっと思っていて、でもいざや

ろうと試みてもやり方が全然わからなくて、、、みたいのをずっと続けてたかな。

櫻井:僕東京に住んでた時に、水曜どうでしょう見てた?とかイースタンユース好きでしょ??とかさ、よく聞かれたんだけど、僕らの世代ってそこまで影響は受けていないよね?でも僕が好きなバンドのルーツを辿っていくと、イースタンユースだったりブルーハーブに影響を受けてるんだよね。だから薄まっているかもしれないけれど、血は受け継いでるんじゃないかな。

吉田:僕らより少し上の世代のバンドは、めちゃくちゃエッヂが立ってて、なおかつポップですごいバンドが沢山いる。何か空気を守ってるバンドが多くて。偉そうに言える立場じゃないけど、札幌のそういった上の代のバンドはもっともっと全国的に、もっと言えば世界的に注目を浴びて良いはずなのに。って思う。それこそchikyunokikiだとか、クールで洗練されている以上にポップで、もうあれはradioheadなんだよね。スネアカバーの斎藤さんもエマージェンザ・ミュージック・フェスティバル世界大会でベストボーカル賞をもらったりしてる。ただ全然斎藤さんに追随はできないんだけれど、彼らが守ってきた空気を感じながらバンドやってる気はするかな。


chikyunokiki - HOLE NEW WORLD

 

札幌のバンドに求めること

―札幌のバンドに求めてることってなに?

櫻井:そんなの何もないよ!!笑 好きにやればいいんじゃない笑 でもまぁ道外でライブやって見た方がいいんじゃないかな。それか道外からバンドが来た時は積極的に観にいくとかさ。やっぱり育ってる場所が違うバンドをみると学ぶことがとっても多いよ!ボクサーも同じでさ10年間所属しているジムの連中ばっかり相手にしてても、ある時を越えると成長しなくなるんだよね。同じ場所に居続けて成長できる人もいるけどそれはかなりストイックじゃないとできない。

―そして櫻井くんは東京行って挫折して札幌帰って来たもんね。

櫻井:うん挫折して、音楽やめそうになったので札幌に帰ってきた。音楽を始めてあんなに相手にされなかったことは初めてでさ。色々痛感したね。そういえばズーカラデルも東京ライブ増えてきたね。

吉田:我々の場合は実績がないから、誘ってくれる今、何かを積み上げなきゃいかんなって思ってる、なるべく東京ではライブやりたいなとは思ってる。

櫻井:札幌に限ったことじゃないんだけど、欲求と衝動でやってるバンドがたくさんいるけど、そこに歴史を組み込むことができれば、もっと深みも説得力も増すとは思う。歴史は音楽だけじゃなくて、オスカーワイルドに触れてみるとか、チャップリンの演説をみるとか。

吉田:周りには、誰が聴いても優れてるだろって音楽をやってるのに全然好かれないバンドもいるし、個人的にあんまり好きではないタイプの音楽をやってるけどめちゃめちゃ人に好かれてるバンドもいるし、本当にね、本当に全員幸あれって思う。

櫻井:なんだよそれ!!笑笑

 

二人の歌詞観


マイアミパーティ - ごめんね

櫻井:たかぴーさんって歌詞を書く時って、対象になる一人の人物はいるの?

吉田:いるね!誰かがいないと逆に書けないかな。特定の個人じゃなくても、「こういう人」っていうのを想像して曲を作る。不本意ではあるんだけどね。

普遍的な曲を作りたい。自分が歌わなくても成立するような歌を歌いたいね。櫻井くんはいる?

櫻井:僕も同じでさ、自分の中で作り上げた人物の時もあれば、たった一人のことを歌う時もある。

僕本当にモテないからさ、フラれソングしか作れないんだけどね笑  でも最終的には音楽の教科書に載りたくて音楽やってる。

―櫻井くんの歌詞は哲学的だよね

櫻井:うーん。それはわからないけど、心がけてることがあって、ライブハウスで歌ってても何言ってるか全部が全部聞こえるわけじゃないからさ。Aメロに一個、Bメロに一個、サビに一個、みたいな感じで自分なりのパワーワードを散りばめているつもりではいる。あとサビは恋愛詩なんだけどA,Bメロは恋愛じゃない方向でも受け取れるように作ってるかな。なんか恥ずいな。

―そんなこと考えて作ってるんだ

櫻井:いや!作ってる最中は考えてないけど、自然とそういう風に作っちゃってるね。

吉田:僕は昔から自分は良い曲作ってるはずなんだけどなってずっと思ってて、でも他のバンドの方がたくさんお客さんが入ってて。でもそれはその人たちに魅力があるからで、自分達には足りない部分がたくさんあるんだなって気付かされる。

―ズーカラはこれからどうなりたいの?

吉田:いっぱい聴かれたい!音楽が好き、バンドが好き。って人にだけではなく。好きとか嫌いではなく、良いものだねって評価されたい。スピッツみたいなさ。そこに向かって全力で行きたいな。

―櫻井くんは?

櫻井:僕はーーーーーー。歌詞を書き続けたいかなぁ。まだ皆が聞いたことないような言い回しで気持ちを歌って行きたい。

―もうお時間になります!最後に吉田くん、しめてください。

櫻井:俺がシメるわ。最後まで対談を読んでくれてありがとうございました。

―え、それだけ?

櫻井:うん!!!ち!!!!!!!!!!

吉田:みなさんさようなら〜!僕らを宜しくお願いします!

 

ありがとうございました

 櫻井さん吉田さん、ありがとうございました。

 いかがだったでしょうか。札幌のロックシーンに続く”ライブ感”のようなものを感じていただければ幸いです。

 最後にマイアミパーティのリリース情報を。それでは!

【リリース情報】
■マイアミパーティ 1stミニアルバム
『話せてなかったこと』
2018.2.21(水) Release
DDCR-1013 / ¥1,389+税
発売元:ACID RAIN/SPACE SHOWER MUSIC
販売元: SPACE SHOWER NETWORKS INC.

収録曲:
1.シスター
2.一縷
3.あいまい
4.ごめんね
5.日々
6.アルルの公園の入口

オススメ記事

記事検索

オススメ記事