BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

お知らせ 記事

地下室LIVESご来場ありがとうございました。

2016/07/16

地下室LIVESお疲れさまでした。平日の明るいうちから始まったイベントにも関わらず、予想をはるかに超える人数にご来場いただき大変うれしく思います。

実のところ、内心「勢いで渋谷DUOさんに会場をお借りしちゃったけど、平日にこんなデカい箱埋まるのか…?」と開演直前まで頭を抱え、もしもこのまま人が誰も来なかったらDUOのみなさん、バンドのみなさん、支援して頂いたみなさんにどう謝罪しようか…谷澤…がんばれよ…!と心底心配していたものの、蓋を開けてみれば予想を大きく上回る盛況ぶりに内心ホッとしました。平日にも関わらずこんな多くの方が…あらあらまぁまぁ…と他人事としか思えない客入りでした。

多くの運営業務をmuevoの皆さんや、さやPを初めとする寄稿者のみなさんにお手伝いいただきまして、僕は普通にライブ見に来たお客さん然として前列でみなさんに交じって全力で楽しんでました。その件は本当にごめん。

当日普段お会いすることない寄稿者のみなさんや、読者のみなさん、バンドのみなさんとお話できて僕は、楽しかったです。ありがとうございました。
開演前の受付でコッソリ「サイトはいつもご覧になられてるんですか?」と伺うとみなさん笑顔でイエスとおっしゃるので「何が面白いんだよ」と恫喝すると共に「こんな人たちが地下室TIMES読んでるのか…」と不思議な心持でした。
一部のお客さんに至っては「仕事/学校休んできました!」なんて楽しそうに言うもんだから「親が泣くぞ、今すぐ帰れ」と恫喝。振り返れば一日中みなさんを恫喝していたような気がします。照れくさかったんすよ。

最後に見苦しい言い訳なんですけれども、スタッフの方に手招きされるままステージにあげられ、僕の地元の村の総人口を越える人間の前で挨拶させられてですね、僕と谷澤はステージに上がるのホント恥ずかしかったんですよ…!
逆に訊きますけどkidori kidoriが湧かせ切ったステージに丸腰で投げ出され、どうしたら正解だったんでしょう。谷澤と相撲でも取ればよかったのかな。でもとにかく終わってみれば全ていい思い出になりました。ありがとうございました。

本当に各バンド素晴らしいライブでした。しかし、無料ってな。来れなかった人は大損でしたよ!次は是非vol.2でお会いしましょう。

繰り返しにはなりますがご協力いただいたみなさん。出演いただいたバンドのみなさん。わざわざ会場まで見に来てくれた読者のみなさん。本当にありがとうございました!

オススメ記事

記事検索

オススメ記事