BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

記事 邦楽ロック

ご存知星のカービィの「プププランド」を名乗るバンドがいるらしいぞ・・・

2016/07/16

「プププランド」を名乗るバンドがいるらしい。
大半の人は言わずともわかると思うが、「プププランド」というのはもちろんアレだ。任天堂のピンク色の悪魔。スマブラでは有効射程が短いことから始まり、ジャンプ力以外のほぼ全てが酷く、ガチ勢の皆様方からは見向きもされないアイツ。座右の銘を「明日は明日の風が吹く」とのたまう彼、そう星のカービイの定住する地であり、あのデデデ大王が国家元首を執る国、プププランドである。

カービイの世間への浸透率が実際にどれぐらいのものなのかはイマイチ把握しきれぬものの、取りあえず私に限って言えばカービイをプレイしたことない人と同じバイブスを共有できる気が全くしない。カービイは最高のゲームだ。愛してるんだ。
そんな星のカービイの舞台のプププランドを名乗るバンドがいたら、そりゃあもうアレだよ。俺たちのカービイの「プププランド」を名乗れるだけの音楽をやっているか見極めさせていただく他にないだろう。

察しはついていたが、やっぱり少しユルいサウンドのバンド

審議点は2つだ。
一つは「プププランド」という名前にそぐう音楽をやっているか。
二つ目はその音楽がカッコいいかだ。
そのどちらかでもダメだった場合は、俺のカービイへの愛が彼らへの憎しみへと変わりこの記事をディスで埋め尽くすであろう。今の俺はオヤジだ。娘の彼氏が挨拶に来たときの緊迫したオヤジそのものだ。

それでは前置きはここまでにし、拝聴させていただくことにしよう。


プププランド - ミスタームーンライト

良い曲やなあ・・・
まんまと彼らの罠に嵌められた気がして悔しい。
フォークやカントリーに沢山のジャンルの音楽を溶かしてゆるくまとめた曲調に対して、マッチしているのかミスマッチなのか、どこか寂しげな歌詞がレイヤー構造になって奥深い世界観を作っている。そして俺の涙腺を攻め立てる。

うむ、よかろう「プププランド」の名は彼らに託す!
というか偉そうに審議するとか言ってゴメンなさい、プププランドさん。

 


プププランド - メトロ

彼らの音楽は「1曲=1テーマ」の形がハッキリしているところが面白いところだと思う。
他にもおっぱいについて語る「おっぱい」という曲があったり、ガレージロックのような激しい曲があったりして、曲ごとのテーマは幅広いバンドであるものの、
どの曲に関しても、曲中ではその曲のテーマからは離れずに、その曲のテーマについて音楽面でも歌詞の面でもそれについて真っ直ぐ歌っている。
どちらかというとバンドのスタイル的にはかなり平凡だし、必殺技と呼べるようなものもないが、それでもグッとくるのはブレないテーマ性と、それだからこそできる1曲まるまる使った大きな起伏があるからこそなんじゃないだろうか。

 
いや、完全に「プププランド」というバンド名につられて聞いてしまったが、思いがけず良いバンドに出会ってしまった。

ただ一つ物申したい。
彼らのルックスについてだ。
ボーカルの彼が全くプププランドしていないのだ。整いすぎだ。全然ダメだよ。

pupupu

ご覧ください、この頭身の差を。
ボーカル以外のメンバーはしっかり、多くて3頭身しかないカービイの世界観にリスペクトを払っているのに対し、ボーカルの彼だけやりたい放題、整い放題。そういうのは[スパークリングワイン]みたいなバンド名でやっていただきたい。

 
ということで今回は全体的に”ゆる切ない”音楽が特徴のプププランドの紹介でした!
それではまた!

オススメ記事

記事検索

オススメ記事