BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

コラム 記事

邦楽は世界に通用するのか?リアル「海外の反応」をやってみた

2016/07/16

ごきげんよう、お前ら。
ハロウィンは鬱で寝てたさやPだ。

邦楽がどのように海外で認知されているのか…散々疑問に思われてきた議題だが、これといった情報があまり見つからない。知る限りでは、セカオワやゲス極が邦楽界を湧かせているし、セカオワに関しては英語版まで作り出して海外進出を目論んでいるとの噂も耳にする。しかしながら、果たして彼らは海外で通用するのだろうか?日本の人気バンドがアメリカでライブ大成功!といった類のニュースを耳にする事もたまにあると思うが、実際の観客は日本好きアニメファンや現地の日本人の観客が殆どというのが実態である。そして不動の人気を誇るB'zやミスチル、歌詞が伝わらない音楽一本勝負でアメリカ人がどう反応するかも気になるところ。
ってことで、アメリカに住んでいる特権を生かし、アメリカ人に邦楽を聴かせてみる検証を試みた。(浦島太郎状態で最近の邦楽に疎いので、谷澤先生に全面協力してもらった)

今回取材に協力してくれたアメリカ人だが、私の元同僚のグラフィック・デザイナー、Lizzyちゃん(20代半ば)だ。
lizzy02b
このLizzyちゃん、典型的なアメリカ女とは掛け離れた、筋金入りのインディーズロック好き。
彼女の好きな音楽例は以下の通り:

  • White Denim
  • Zero 7
  • Beastie Boys
  • Black Keys
  • Talking Heads

元芸大生で、副業でインディーズ音楽雑誌のイラストも担当している。
彼女と一緒に働いていた頃、「ロックフェスで遠征するから有給取ります。」と社長に申し出ていたディープな音楽ファンだ。特にオルタナティブ・ロック界隈が得意らしい。音楽知識はそこらのアメリカ女の数百倍豊富である。地下室の趣旨に合っててちょうど良い人材。何より、彼女を選んだ決め手は可愛いからだ。世の中顔なんだよ!!余談であるが、Blood Thirsty ButchersのディストーションのMV制作にインターン時代に携わったらしい。

…果たして、コアなアメリカの音楽好きに日本の音楽は通用するのか。
「オーマイガッ!ジーザス・ファッキン・クライスト!」と一蹴されるのではないか…。
ってことで、検証開始っ!

AKB48

知らない人はいない国民的アイドル() 一部、宗教化しているので表立って批判すると命を落とす可能性がある。ってか、クラスで二番目に可愛い女の子って案外とブス多くね?見た目はさておき、自称音楽通からは白い目で見られる典型的なJ-Pop代表。音楽通のアメリカ人の反応はいかに…?

"フライングゲット"
Lizzy (以下L) 「ポップね。」
ー日本で一番人気のアイドルだよ
L「アメリカはTaylor Swiftやリアナみたいに単独が多いけど、昔で言うとこのDestiny's Childみたいな感じかな?聴いてて楽しくなるわ。音と合わせて統一して踊るってアメリカではあんまり見ないから新鮮。日本では典型的なのね、このスタイル。ダンスダンスレボリューション思い出しちゃった。」
ーアメリカで売れると思う?
L「ポップで踊りたくなる曲調だから、一部の層には売れるかも。」

あれ、意外と好感触。でも「同じ衣装でたくさんの女の子が統一して踊ってる異常さ」みたいなのに少し引いてる印象も受けた。

ゲスの極み乙女。

キャッチーな実力派で「アタシはライトリスナーとは違うから」って層にまで人気。別にイケメンじゃないのにメンヘラに謎の人気を誇るギター君、余談で置いとけないレベルにドラムがめっちゃ可愛い。ドラムが可愛いから、結果的に何しても売れるし許されるあざとい保険がある人気バンド。(石さんの記事参照)Lizzyちゃんの評価はいかに…?

"
キラーボール"
L「オールドスクールに聴こえるわ。アップビート、ファンクの影響を受けてる印象ね。これも聴いてて楽しいし、他に聴いたJ-Popと違う印象。」
ーアメリカで売れると思う?
L「メインストリームでは売れないと思う。サブカル好きの一部マイナー層なら好きな人もいるかも。」

オブラートに包んで話しているものの、言葉少なであった。日本じゃスーパー売れ線なのにアメリカでは無理そうだ。しかし、「他の邦楽バンドとは一味違うのよ」感はアメリカ人にしっかり伝わっている模様。

ONE OK ROCK

日本での人気は言うまでもなく、海外でもチケット完売で成功してるとの噂を耳にしている事だろう。でも、Lizzyちゃんこのバンド知らなかったぞ。冒頭にも触れたが、アメリカでのライブの観客は日本好きアメリカ人と現地日本人が多数を占めているのが実態である。コアなロック好きLizzyの反応はいかに。

"完全感覚Dreamer"
L「英語と日本語で歌ってる?邦楽にしては珍しいね。」
ーそうそう。今、日本で一番売れてるロックバンドのはず。
L「アメリカだと英語の他にスペイン語を歌詞に入る事が一般的なの、違いが面白いね。昔で言うと、Fall Out Boy感あるよね。Wraped Tourとかでやってそう。」
ーWraped Tour出てたはず。アメリカで売れると思う?
L「私の好みじゃないけど、人気が出る可能性はあると思う。メンバーイケメンだし。」

Wraped Tourに出ていた事を知らなかった模様。反応としては「悪くないわね」と、いった印象。でもFall Out Boyを引き合いに出してるので、ミーハーな印象も与えてる気がしないでもない。そして、歌詞が一部英語であるのは好感度が高い。あと、アメリカ人から見てもやっぱりイケメンらしい。

Sekai no Owari

地下室を含む、一部の捻くれ者にとてつもなく叩かれている大人気のセカオワ。英語版を作ったり海外勢にウケるよう、曲をEDM調にして世界進出を企んでいるらしいが実際どうなのか。練習した英語の発音効果はいかに。日本の事をほとんど何も知らない上に、私に「日本語話せるから、中国語も話せるっけ?」って聞いて来る現地アメリカ人の反応をご覧あれ。

"Dragon Night"


L “Oh, dancing on the fire.” (キャンプファイアの前で踊っているわ…。)
L「…面白い。これはどの層に流行ってるの?」
ー中高生、十代が多いと思う。
L「やっぱり。コスチュームが気になるんだけど。」

lizzy03…そして終始苦笑い

L「このピエロは一体何なの?」
ーメンバーみたいだよ、DJらしい。
L 「」
L「…うん、ウケる層には受けそうね。キャッチーだとは思うけどチョット寒い…。MVはファンタジックね。」
ーアメリカで流行ると思う?
L「一部こうゆうのが好きな層にはウケると思うわ、ティーンとか。BACKSTREET BOYSみたいな感じ。」

Lizzyちゃん困ってるじゃねーか!失笑してたぞ!英語の発音以前の問題らしく、中二病感が溢れ過ぎていて観るに耐えなかった模様。あまりにも反応が悪かったので、Anti-Heroも観せたが同等の反応だった。アイドル路線ならイケそうって言ってるけど、音楽好きには通用しない印象。

Mr. Children

「ミスチルを悪く言う奴は非国民」といった風潮にある、安定の人気を誇るミスチル。音はもちろんのこと、歌詞の良さも高く評価されているバンドであるが、言葉の壁を超え、彼らの音楽は国境超えて魅力が伝わるだろうか…?

"名もなき詩"
L「他のバンドと雰囲気、全然違うね。」
ー日本で安定して売れ続けてる大御所だよ
L「曲は良いと思う」
ーアメリカで人気出るかな?
L「好きな層にはウケると思うけど、メインストリームでは難しいと思う。特にこれと言って抜け出てるものを感じないのよね…。曲は決して悪くないし聴いてて嫌ではないんだけど。」

コメントに困っていた模様。少し単調に聴こえたみたいだ。やはり、ミスチルの曲は歌詞の良さが大きく手伝って日本国民の心を掴んでいるのもあるかもしれない。言葉の壁は、音楽の国境を越える際にハードルになるみたいだ。

Perfume

ホルモンと対バンしてみたり、サブカル層の心もバッチリ掴んでいて、海外ツアーも成功させている。テクノ・アイドルという斬新な攻め方で人気の彼女ら、実際の反応はいかに?

"チョコレイト・ディスコ"

L「これ、超好き!チョコレートディスコー!!クラブに踊りに行きたくなる!!MVもライトがチカチカしてて楽しい。」
ー海外で人気らしく、アメリカにもツアーで来たよ。
L「売れてる理由はすごく分かるなあ。聴いてて楽しくなる!」

ヤスタカ恐るべし。ロック好きの心もばっちり掴んでいる。踊り&祭り好きのアメリカ人のツボをついたEDM調はやはりウケるらしい。

B’z

老若男女に不動の人気を誇るカリスマB'z、未だにドームを埋めるライブを行う恐ろしさ。そうゆえば、長過ぎるキャリアの割には海外での活動はあまり聞かない。

"ウルトラソウル” ※良い音質の動画が見つからず…mp3を聴かせた
L「オールドスクールな印象ね、私の好みではないなあ。」
ー邦楽の大御所で不動の人気グループだよ
L「曲は良いと思うけど、アメリカで売れるかどうかと聞かれたら分からないのが正直なところ…。」(言葉少な)

とても反応が悪い。ミスチル同等、悪くはないが心掴む突き出たものがなかった模様。日本では愛されているのに…やはり言葉のハードルは高い。

ゆらゆら帝国

日本だと一部を除いて完全にゲテもの扱いのバンド、音楽性に関してはとりあえず置いといて、妖怪のようなルックスの彼らはどのように映るのだろうか…

"ゆらゆら帝国で考え中"


L「このバンドめっちゃ良いじゃない!ポップだけどインディーロックで、グランジ要素もあって良い。この手のバンドは大好きよ。ただ、歌詞が分からないのが凄く歯がゆい。曲はめっちゃいいけど、グランジにしては音に厚みが物足りない気も。歌詞が分かればもっと魅力が増すのかなーって思ったわ。」
ーもう解散したバンドなの
L「えー!すごく残念、勿体ないわ…。ただ古いバンドってのは聴いてて分かった。サブカル・インディ好きにはウケるわね。」

やはり元々の音楽の好みもあって、彼女の心にクリーンヒットしたようだ。
見た目は多分、色んな人種がいるアメリカだし、大らかに受け入れてくれたんだろう…多分。

相対性理論

緩いようで結構マジな演奏と懐メロ的な要素もある日本人好みのメロディ、いわゆる”不思議ちゃん”のような世界観がウケて、聞いた感じの印象からは想像できないほど市民権を得たバンド。相対性理論。
相対性理論は数あるバンドの中でも極めて”日本人的な感性”に頼ったバンドであると思うが、実際どうなんだろうか。

"LOVEずっきゅん"
L「私はロック好きだから、好みのジャンルじゃないけど曲は良いと思う。他の邦楽バンドと違うのはわかる。流れるような曲なのに、その中からエネルギーを感じる。」
ー日本だと「個性派バンド」に当てはまるはず
L「うん、納得。」

他の売れ線邦楽比べるとかなりの好印象。ただし、ロック好きには少々大人しく聴こえるみたいだ。

椎名林檎

「椎名林檎が好きな女は大体メンヘラ」といった具合に日本ではそれを逆手にとった地雷探知機のような利用方法まで存在する椎名林檎。文化的な側面も強く、ある意味では日本の特殊な部分を凝縮したようなアーティストだが、アメリカ人にはどう聞こえるのか…

"本能"

L「曲は良いわね、単独の女性シンガーか。何言ってるかわかんないけど、曲には共感できるわ。」
ー10-15年位前に超流行ってて、今でもサブカルには人気。
L「何で根強い人気なのかは、曲聴いてたらわかるわ。少しMaroon 5っぽさを感じた。アメリカでもサブカルにはウケるとは思う。」

Maroon5っぽさを感じるのか…斜め上からきたな。

凛として時雨

ボーカルの声は異常に高いわ、ドラムがやたらうるさいわ、曲も変だし歌詞も変わってる。
登場してから結構たったので我々にはあまり違和感がなくなっているが、デビュー当初は何もかも常識から外れたそのスタイルが話題になったバンド、凛として時雨。
今でも冷静に聞くと「ヤベエな・・・」ってなるが、どうよLizzyちゃん・・・?


"Telecastic fake show"
L「他のグループとの差が歴然としてて変わったバンドね!曲もすごく良い。エネルギーに溢れていて聴いてて楽しいし、曲もキレが良いわ。邦楽バンドに、こんな個性的なバンドがいた事に驚いちゃった!」

"EDGY"(キレが良い、斬新な)でスピード感のある曲調が彼女の心に響いた模様。

ベスト&ワースト3

L「本当に私の好みで決めちゃっていいの?」と、前置きの一言を頭に入れつつ、結果をご覧あれ。

好きなの3つ
1位 ゆらゆら帝国
2位 Perfume
3位 凛として時雨

コアなロック好きが選んだと言う点では納得の結果かもしれない。ゆら帝に関しては好みも手伝ってストライク、凛として時雨は邦楽にしては例外のユニークさと曲の疾走感が心を掴んだみたいだ。Perfumeは意外に思えるが、ロック好きから政治家まで、アメリカ人は暇があったら踊りまくっているパーリーピーポーなので、あの曲調はウケないはずがない。

ダメだったの3つ
1位 Sekai no Owari
2位 ゲスの極み乙女。
3位 Mr. Children

セカオワは海外進出を諦めた方がいいかもしれない…中二病全開で少し引かれている上に、音楽はEDM調にも関わらず、アメリカ人を踊らせるには中途半端なのかも。ゲス極の個性は認めているものの、ファンクでもロックでもないどっち付かずで「ちょっと安っぽい」ともコメント。意外なミスチルに関しては、彼女もゆら帝の項目で触れていた通りに歌詞なしの音楽一本勝負だと伝わらないものが多いらしい。

いかがだっただろう

Lizzyいわく、全体的な邦楽の印象としては『10年前ー15年前にメインストリームでアメリカで流行ってた曲を思わせる。』らしい。これは納得の意見。言葉の壁を含めて、日本の音楽が海外で通用するのは少し厳しいかもしれないが、可能性は決してゼロではなさそうだ。聴く人の好みによるのは大前提だが、この記事を読んでアメリカ人が邦楽を聞いた印象がざっくり伝われば幸いである。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事