BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2016/01/22

記事

泣き虫なお母さん。 BIGMAMA

BIGMAMA(ビッグママ)は東京出身の5人組。日本のロックバンドだ。

メンバーにバイオリンがいることから和製YellowCardと称されることが多い。

ハッキリいって好みがわかれると思う。

ボーカルがイケメンで甘たるい声をしている。

泣き虫王子と呼ばれたりもする。悪くいえばナヨナヨしている。良くいえばかわいい。

男性諸君には嫌悪感を覚えるやつもいるかもしれない。

だが安心してほしい、バイオリンのお姉さんがかわいいからだ!!!さぁ、聴こう。

バイオリンを最大限に生かし、ギターとハモったり、あえてバイオリンが弾かなかったりと、譲り合う姿に好感が持てる。

楽曲としてクオリティが高いと思う。何を紹介したものか。

ナヨナヨ具合、イケメン具合も伝わるし、これがいいだろう。

このPVを観た瞬間に、最後このナヨナヨしたやつが空いたボーカルのところに入るんだろ?どうせ。

と思って観ていて実際その通りになるのだが、不覚にも目頭が熱くなってしまった

最後の最後まで我慢して我慢してサビに行く楽曲の展開、バイオリンの存在感、メロディの美しさ、ボーカルマイクにつけられたぬいぐるみの伏線、バイオリンのお姉さんの可愛さ。

それらが有機的に絡み付いて、大サビの開放感を与えていると思う。

ナヨナヨしてキモイんだよ!!!帰る!!!っていうメタラー諸君、待ってくれ。これを聴いてくれ。

バイオリンとギターのツインリードがメタルを彷彿とさせないか?

初期の曲でメンバーも違うが、ボーカル金井のブログにCPXの名残が残っているところを見ると、大切な曲なんだと思う。

歌詞がとてもいい。主人に捨てられそうなロボットの歌だ。

このロボット、他の曲に出てきたりと、Sound Horizonとまではいかないが、曲と曲が繋がるというのもこのバンドの良いところだろう。

上下の映像を見て大きな違いに気づいたことはないだろうか?

楽曲?いや。

PV?いやいや。

再生数?いやいやいや。

リードギターのだ。

過去の音源である『CPX』を観てから、比較的新しい『かくれんぼ』を観てほしい。おわかりいただけただろうか?

髭を蓄え、男前になっている。

100%主観だが、vo.金井がナヨナヨ系のイケメンなので、キャラ付けしたんじゃないかと思っている。

ドラムのリアド偉武は名前からわかる通り、きりっとした外国人顔。ハンサムだ。 ベースはロン毛のこれもナヨナヨ系イケメン。そして美しいお姉さん。

とてもバランスがとれている。

それを頭に入れた上でこの楽曲を聴こう。キャラが立っているのがわかるだろう。

3分31秒に注目だ。私が女なら落ちていただろう。

それにしてもイケメンである。ハーフパンツがここまで似合うアーティストはマキシマムザ亮君とアンガスヤングぐらいしか浮かばない。ショートブーツも似合っている。

音楽紹介のはずがあらぬ方向に行ってしまった。うむ、楽曲は聴いた通りである。

バイオリンが裏メロになる部分が多く、楽曲を盛り上げている。ソロをとるときは随所でリードギターとの絡みを見せる。

ギター2本とバイオリンという編成上、ごちゃごちゃしてしまいそうだが、計算されて譲り合っている。メロディが綺麗だ。

楽曲も雰囲気が似かよらないよう、工夫されている。

1曲目、とてもいいぞ。聴きやすくオススメだ。

初期音源。CPXはこれに入っている。一番最初に紹介した『かくれんぼ』的な後半まで盛り上がりをとっておく手法もこの時期から見られる。

ちなみに絵本なんかも出している(まだ私は読んでいない。)

オススメ記事

記事検索

オススメ記事