BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

もやし(裏声) a crowd of rebellion

もやしは好きだろうか。一風堂のホットもやしが大好きです。はとです。

a crowd of rebellionは時雨+CROSSFAITHという謳い文句で売り出されている新進気鋭のラウドロックバンドだ。

少なくとも時雨には似てないと思う。声高かったらみんな時雨かよ。ふざけんな。

a crowd of rebellion 最高にいいもやしボイスを出すバンドだ。紹介しよう。

もやしボイス

私がもやしボイスという言葉を使い始めたのはALESANAの影響だと思う。

ALESANA - Apology

自分の中でかなりしっくりきているのだが、全く市民権を得ていない。

私はこういうガリガリもやしボイスが大好物である。

久々にいいもやしボイスのバンドが現れた。これは大事件だ。

地下室TIMEを見ているメタラーの奥様たちにはお分かりいただけると思うが、もやしは一本腐ると全体が一気に腐ってしまう。

なんだが、社会集団全てに言えるような気がする。

脱線した。

 

a crowd of rebellion

宮田大作:咆哮担当宮田大作です。
小林亮輔:もやしボイス&ギター担当小林です。

(激ロックインタビューより)

きた!ついに自らもやしボイスを名乗る人間が。冒頭の画像の鬼太郎みたいなやつがもやし小林だ。

日本人離れしたマッチョなスクリームに対して、もやしボイスが突き刺さる。ちなみに男だぞ。

こんなキーでライブの最後までうたい続けられるんだろうか。

出てるな。恐ろしい。

曲も、対極的なツイン・ボーカルが、互いを際立たせるような唄い回しをしているような印象を受ける。

マッチョはよりマッチョに。もやしはよりもやしに。

曲の展開、アレンジ的に見てもとにかくヴォーカルが映えるよう相当凝って作っているのが伝わってくる。

ときに、スクリーム・ラップ担当のピンボーカルとメロ担当のギターボーカルのツインの編成を見るといつも思うことがある。

サビとか、スクリームの人何してるんだろう。って。

LINKIN PARKなんて、手持ち無沙汰すぎてギターを持ち始めたし、

DREAM THEATERなんて、曲中にタバコ吸って帰ってくる始末である。由々しき問題だ。

エモい。クリスタルもやしボイスだ。

楽曲の都合上出番は少ないが、咆哮担当の宮田、いい声している。

手持ち無沙汰になってしまってやけに出番を増やそうとする人間が多い中、彼は素晴らしいと思う。

A Crowd Of Rebellion - Forget Me Not

 

A Crowd Of Rebellion 、もやしボイス、是非あなたの辞書に加えてほしい。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事