BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

レコメンド 人気記事 記事 邦楽ロック

ゲスの極み乙女。丸パクりバンド! 挫・人間

2016/07/16

 僕は悲しい。

 ナゴム系とでもいうのか、こういうバンドは自然発生的に生まれては空中分解のように消える、短命なものが多い。
 その下北サブカル監獄から上手く脱獄。NHKドラマとのタイアップも決まり
「これはもしかすると…」
そう思わされる勢いを帯びたバンド。それが挫・人間だった。

 そんな挫・人間が、こんなことになってしまうなんて…

挫・人間とは

 知っている人は知っている。好きな人は好き。だがお世辞にも有名バンドではないので、挫・人間の概要を野球部のアホ共にもわかるように説明しよう。

 怖い。

 電車でヤバい人が入ってきたときと同じ緊張感がライブハウスに充満している。
 人間椅子のようなおどろおどろしいリフから始まり、見るからにアレなボーカル下川リオが念仏のような呪詛の歌を唄いまくる。つまりそんなバンドだ。人間関係が上手くいかない、そんなネガティブエネルギーで動くバンド。それが挫・人間だ。

 

セルアウト禅問答

 死ねない負け犬、ナゴム最後の遺伝子、そんな挫・人間の新譜、セルアウト禅問答がこんなことになってしまうなんて。まず聴いてみてくれ。

 なんだよこのオシャレ細字明朝。今までキモ太字オタク明朝はどこにやった。
 それに何だ。このクリーンギター。ファズともディストーションとも判別つかぬ下品なリードギターはどこへ。

 このチョモランマトマトラップといい。メジャーセブンスのオシャレな伴奏といい。緩い苦悩を唄った歌詞といい、こりゃ完全にゲスの極み乙女。だ。
 MVはたぶん猟奇的な私にキスをしてから来た演出だろう。

 前回のMVの流れを汲んでいるらしく、同じ服装で荷台に乗ったままだが背景は夜に変わりメンバーは疲れ果てている。やっぱり自分の好きなようにワガママに音楽やってちゃ飯は食えないってことかい。悲しいよ下川くん…こんなんじゃゲスの極み乙女。の顔面偏差値を、全員休日課長レベルまで引き下げただけのバンドだよ…
こんな下川くん見たくな… ん?

bakuhatsu

「俺はつまり…天使だったんだああああ!」
 
 キモい。
 良かった。いつもの挫・人間だ。おかえり下川くん。

 

 最近の流行よろしくかわいい女の子に適当なダンスを踊らせたり、裏打ちを取り入れてみたり。
「ついに世の中に挫けて魂を売ったか!?」
と心配されるような楽曲だが。

bakuhatsu

 この顔。逆にもうなんか変な安心感すら覚える。

 ところでこの女の子はなんで笑顔でいられるんだろう。メンバーに拉致されてクスリでも打たれたのかな。普通の女の子なら仕事でもこんな妖怪みたいな人たちとつるみたくないだろ。

 

「四つ打ちだ?テンポがどうだ?知らないよ食いたいぜ音楽で」
「サブカルで食えないなら、食ってやる。女、食ってやる。」

 悪魔かよ。今流行りのバンド全方位に喧嘩売ってるようなこの姿勢。売れ線丸パクリの皮をかぶった猛烈な批判だ。なぜだろう、好感が持てる。

 身体を張った現代の邦楽ロックへのアンチテーゼ。何度みても1分1秒あたりで大笑いできる。個人的には大好きだ。

 

 セルアウト禅問答、どうだっただろうか。
「こんなのゲスの極み乙女。のパクりだし!!」
と怒り狂った中高生が下川くんのアカウントを凍結させるぐらいの大炎上騒ぎになって欲しい。

 

 この記事よ。ゲスの極み乙女。ファンの元まで届け!

オススメ記事

記事検索

オススメ記事