BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

トべるブタはベーシスト the band apart

オシャレファンキーです。

このバンドを一言で言いあらわすとしたらそんな感じだろう。

メロコアなどがメインであったインディーロック界に旋風を巻き起こした。

歪んでいないギターのカッコよさを再認識させてくれたバンドだ。

まぁ、多少は歪んでるんだが。

そのため、あまりロックを聴かない人間も入りやすいと想う。

さぁ、いってみよう。

the band apart

the band apart(ザ・バンド・アパート)は、日本のロックバンドだ。通称バンアパ。

現存するもうほぼ全てのバンドがロックバンドだ。まるで意味をなさない。

彼らのジャンルは大きくロックと言っても、ファンク、フュージョンの要素が感じられる。

セクシーなボーカル。体も音もブリブリでファンキーなベース。化け物じみたリード。

ベースの原とは裏腹にタイトなドラム。

全てが高い次元で昇華されている、まさにパイオニアだ。

バンドメンバーが全員濃いので紹介していきたい。

Wikipediaを開かずとも私は解説できる。基本DVDで色々話しているので、そこからの引用だ。

荒井 岳史(あらい たけし) ギター&ボーカル 見た目うっすらわかるのが怖い、元ラガーマン、デカい、ギターが小さく見える。初期はベースボーカルだったが、現ベースの原と交代。したのにも関わらず、ギターが凄まじくうまい。ここまで凝ったコードや、オブリを入れ、歌える人間は彼以外思い浮かばない。

原 昌和(はら まさかず) ベース&癒やし 押しメンである。よく言えばポッチャリ、悪く言えばデブだ。

ライブ映像を見てもらうとわかると思うが、常にシャワー後のような汗をかいている。

後ろに扇風機が設置されている。

「でぶのライフライン」と本人は語る。

そう、彼はネタにしているのだ。

アメリカツアー中、「I'm fat boy(私はデブです。)」と言ったところ、「I fuck boy(男の子とヤります。)」と聞こえてしまい、会場が大歓声に包まれるというハプニングもあった。

と、お茶目な一面もある彼だが、the band apartに置いて彼の存在はデカい。体もデカい。

バンドの裏番長的な役割だ。

風貌とのギャップが激しい美しいコーラスで荒井のボーカルを支え、テクニカルな上物楽器とドラムの間をとる、クッション的な要素になっている。別に原の腹がクッション的であるという話ではない。

彼がいないと成り立たないだろう。ベースの技術も高く、素晴らしい存在感を放っている。

 川崎 亘一(かわさき こういち)リードギター。

メタル。メタルギターだ。メタル系のバカテクスイープやタッピングをフレーズに詰め込んでくる。

それでいていやらしさがない。モズライトのギターも特徴的だろう。

彼のギターでモズライトがほしくなった人間も少なくないだろう。

原を見ると笑ってしまうため、ライブ中はあまり原のほうを向かないようにしているらしい。

スニーカーだけの部屋を借りるという野望があるぐらい、スニーカーマニアだ。

メタルバンドだった頃の面影が一番残っているメンバーだ。

木暮 栄一(こぐれ えいいち)ドラマー。

曲によってコロコロ表情を変える。引き出しが多い。

ラッパーを目指していた時期があったり、英語が堪能だったり、絵が上手くジャケットデザインなどもしている。

多才である。

そういう人間性からフレーズが出てくるんだと私は思う。

ちなみに公式HPは彼がほとんど書いている。

4ピースバンドにしては珍しい立ち位置でライブをしているが

4人が同列の関係に見えるといいという思いが反映されている。

『ワンマンバンド』という表現があるように、そもそも"普通"のリスナーは基本的にロックバンドをボーカルを中心に聴いている。

それを意識してのことだろう。かっこいい。

 

DVDでの意味深なエピソードを紹介したい。

曲作りが酷く行き詰まったため気分転換にスーパーに行ったところ、疲れ果てた顔で饅頭を眺める原に

荒井「まーちゃん(原の愛称)、これ買ってブン投げねえ?」

原    (コイツ限界だな…)

結局二人で饅頭を買い、地面に叩きつけた。

てっきり潰れて飛び散るかと思われた饅頭は「ぽすっ」と鈍くバウンドした。

それを見た瞬間に曲がひらめいた、

 

というものだ。

『???』と思う人間もいるだろうが、

インスピレーションなんて何から受けるかわからない。

わからんが、わかる!!

と妙に納得した瞬間だった。

そんな曲でお別れしよう。

こんなかっこいいデブをみたことがない。

「音楽は4人が仲良くなるための手段ともいえる」

姿勢もかっこいい。いいバンドだ。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事