BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

ホントに使えるクリーンブースター5選

さぁ、こんなマニアックな記事をあげて誰が読むのだろうか。

ギタリスト諸君、クリーンブースターを使いなさい。

くりーんぶーすたーってなに?というあなた。

JCの音が硬いな~と思っているあなた。

モテないあなた。

同期バンドをやっていてギターの音が食われて聞こえないあなた。

音にパンチが足りないあなた。

そんなあなたのためにクリーンブースターはある。

私が心からおすすめするクリーンブースターを5つ紹介しよう。

クリーンブースターとはなんぞや

じわりじわりと人気になってきているペダル・エフェクター、クリーンブースター。

普通のブースターと何がちゃうねん。と思っている人も多いだろう。

普通のブースター、出力を上げてアンプに送る信号を大きくするエフェクター。→歪む

クリーンブースター、ギターの音をできる限り変えずに入力レベルを上げるエフェクター

という説明でいいだろうか。まぁ、こんなことどうでもいい。

味付けの少ない、原音を大切にしながら音おっきくする箱ぐらいの認識でいいと思う。

クリーンブースターを香水に当てはめて考えてみよう。

ブサイクに香水(クリーンブースター)をかけると悪臭(残念な音が強調)。

イケメンに香水(クリーンブースター)をかけるとフェロモン悶々(良い音が強調)。

という感じだ。素材の味が出るということだ。

「ブティック系」ペダルなど、ピッキングに対しての反応の良いエフェクターやギターアンプが出てきたことにより比較的『イケメン』な音を作りやすくなった。

クリーンブースターが流行りだした理由はここにあるだろう。

原音をできるだけ味付けせずぐっと持ち上げるので、用途なんか気にせずかけるのをオススメする。

私は基本的に常時ONだ。

 

オススメ

①Suhr - ISO Booster

クリーンブーストペダル/ラインドライバー。

めちゃくちゃオススメだ。原音に透明感あふれるパンチが加わる。

ノブを回していくと後半がクランチ気味になり、音が太くなるタイプだ。

こうなってくるともはや普通のブースターと違いがよくわからん気もするが、弾いてみると違いを感じるはずだ。

ラインドライバーの名の通り、ライン録音でも絶大なる効果を発揮する。歪み系にかますとコードがハッキリする。

 

②Xotic - EP Booster

エリック・ジョンソンが愛用しているテープエコー、エコープレックスのプリアンプ効果をシミュレートしたブースター。そのコンパクトなボディからは想像もできないほどの図太く、マイルドなブースト効果が得られます。

(売り文句引用)

クリーンブースター界隈では相当に有名なのではないだろうか。

元になった機材を弾いたことはないので、『エコープレックスの音やー!!!』となったりはしないが、非常に優秀だ。

JCに繋ぐと、JC特有のあの硬さがマイルドになる

③Xotic - RC Booster

これも有名だろう。知名度に恥じない音をしている。

トレブルとベースがついているので、ソロのときにスコーンと音を上げつつ、味をつけるのに最適だ。

スコーンという擬音を使ったが。

現在も本人が使っているのかは定かではないが、Scott Henderson(スコットヘンダーソン)というギタリストのシグネイチャーモデルも発売されている。

Scott HendersonがアンプのクリーンチャンネルにRCをかけて出している音がヤヴァイ。ヤヴァイ。見つからない。

他のエフェクターを紹介しているが、しっかりと置いてある。

④Suhr - Koko Boost Reloaded

良い。クリーンブースト、ミッドブースト両方の側面を持ち合わせており、歪みエフェクターの全段にかけると歪みエフェクターのパワーが上がったような印象を受ける。

もちろん、アンプの音もプッシュしてくれる。

一口にミッドブーストモードと言っても、Mid、High Mid、Low Midの切り替えが可能だ。

動画でも弄っているが、モードの切り替えはフットスイッチをちょっと長押しすることで可能になる。

LEDがグリーンでクリーンブースト、レッドがミッドブーストとなり、普通に押せばON/OFFを切り替えられる。とても便利だ。

⑤Smart People Factory (SPF) - EGO BOOSTER

弾いたことがない!

syrup16gの五十嵐、ミドリの後藤まりこなどが使用している(らしい) それだけで頗る気になる。

わからん!

わからんから五十嵐を見よう。

あ~かっこいい。ブースターとかどうでもいいよ、もう。

コストパフォーマンスを考えるならEP、ライブ思考なのであればKoko Boost Reloaded、宅録にも使いたいならISO Booster、五十嵐が好きなのであればEGO BOOSTERをオススメする。

アンプ直じゃないと濡れないよ。というあなたも、アンプの持っている力を引き出す『クリーンブースター』、是非試してはいかがだろうか。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事