BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
石左

2015/09/07

記事

LUCCIが中高生の間で人気爆発したらいいなあ。

いいなあ。

著者がひそやかに応援している駆け出しバンドLUCCIが1stを発表したとのことで、今回は彼らについて紹介したいと思う。

端的に言えば、売れた方が良いバンド、だ。

ヘルシーなバンド

さっそくリードトラック、FROGを聴いてみよう、こちらだ。

ネタバレになるがMVの一番最後に美少女のパンチラが用意されてる。見たければ一番最後まで聴こう。シークバーを右端まで引っ張るとかそういうズルはナシだぞ。

 

「特に何の変哲もない曲だ」
そんな感想を抱いたあなたは、ちょっとスレてしまっているのかもしれない。

確かに、詰め込んだような激しいフレーズがあるわけでもなければ、真新しい要素があるわけでもなく、目を引くような気持ち悪さもない。
携帯キャリアのCMにでも起用されない限り一躍メジャーバンドに!という風にはいかないだろう。

しかしだ、そんなLUCCIのようなバンドこそ俗い音楽に毒される前の若者の耳に届いてほしいと思う。そのまま一生付き合っていける音楽だ。
毒がない故にありきたりなバンドに聴こえてしまうかもしれないが、各々個性を追い求めて歪んだ形で完成するバンドが多い中で、こんな風に自然発生で"普通の"バンドが芽を出す事は珍しい。欲はないのか。

まだ「完成されている」とは言い難いが、これからの伸びしろを感じさせつつバンドとして真摯に良い音楽を演奏している。
歌や詞や楽曲も正統派に素晴らしいが、特にリードギターのフレーズがヤバい。
めちゃくちゃ目立つような部分を弾いてはいないが、ボーカルの邪魔にならない部分でスイスイと底なしの引き出しを見せてくる。これがキャリアを重ねてより極まってくるとなると恐ろしい限りだ。

LUCCIのようなバンドを聴いて青春を過ごせばさぞ健康な大人になれる。そう思う。
漫画を読み始めるきっかけとして週刊少年ジャンプが必要なように、音楽にもそういう役割を担うべきバンドがあるはずだ。闇金うしじまくんを読んでる小中学生なんて嫌だろう。
極端なことを言えば、彼らのようなバンドが広い年代で受け入れられるようになれば、きっと音楽を楽しむ人が全体を通してもっと増えてゆくに違いない。

あんまりべた褒めでも嘘になるので小姑のように重箱の隅もつつかせてもらいたい。間奏なんかあやしくないか…?
シャッフルのドラムとストレートのギターが拍こそ間違っていないものの何だか噛み合っていないし、それに混乱したのかベースの入りが3連符なのか付点8分なのかよくわからない所を弾いている。だれか教えてあげて。

まぁそんなお茶目なところもあり、まだまだ発展途上だがこれからが期待されるバンドだ。
みなさんLUCCIをどうぞよろしくお願いします。

あの日の僕へ
あの日の僕へ

posted with amazlet at 15.07.21
LUCCI
TRUST RECORDS (2015-03-04)
売り上げランキング: 13,668
オススメ記事

記事検索

オススメ記事