BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
wonderprojectJK  

2015/10/08

記事

で、2015年の夏フェスのヘッドライナーは誰なんだろうね?

桜散り、ゴールデンウィークが過ぎ・・・季節は徐々に初夏に近づいております。

今のジメジメした時期が過ぎればそう!

夏です。

今年もいっぱいありますね、夏フェス。
もはや日本のレジャー文化の一つの柱となってるんじゃないか、と思うほど成長した産業である夏フェス。

今日はその夏フェスのヘッドライナー、要はイベントのトリを務めるバンド=2015年、夏の顔を張るバンドは誰だろうね?という話題について考えたい。

該当するフェスは以下の通りだ。

・ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015

・RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO 2015

・MONSTER baSH 2015

・SWEET LOVE SHOWER 2015

・RUSH BALL 2015

 

以上5つのフェスから考えていきたい。

ちなみにフジロックとサマソニは洋邦ごちゃ混ぜだからここでは触れません。
川崎のBAY CAMPもオールナイトなんで誰がヘッドライナーかわからないんで除外します。
あくまで邦楽専門を野外ロックフェスを対象とします。

2014年のヘッドライナーは誰だった?

fes

・ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014

初日→KICK THE CAN CREW
2日目→サカナクション
3日目→ASIAN KUNG-FE GENERATION
4日目(大トリ)→SEKAI NO OWARI

 

・RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO 2014

初日→電気グルーヴ
2日目ヘッドライナー→Dragon Ash or サカナクション(多分)
2日目クロージング→フィッシュマンズ

 

・MONSTER baSH 2014

初日→the HIATUS
2日目ヘッドライナー→Dragon Ash or 湘南乃風(多分)
2日目クロージング→四星球

 

・SWEET LOVE SHOWER 2014

初日→andymori
2日目→MAN WITH A MISSION
3日目(大トリ)→ウルフルズ

 

・RUSH BALL 2014
ヘッドライナー→[Alexandros]
クロージング→ゲスの極み乙女。

 

ロックインとラブシャは順当且つ新しい血を入れることに成功している気がする。
セカオワの大トリ抜擢に、マンウィズの2日目トリはその現れ。
特にセカオワの大抜擢には賛否両論あるだろうが、個人的にはかなり痺れた。
邦楽ロックのサクセスストーリーの体現者をまた一人生み出した瞬間だと感じる。

フィッシュマンズに電グルと、RSRはチルアウト系で閉めるのが恒例なのかな?

若手の躍進に目を向けて、目覚ましいのはやっぱり[Alexandros]。
長い時間かけて着実に食い込んできてる。

そして、人気だけじゃなく、ストーリーを重視しての案配もあって、面白い。
顕著なのが、andymoriを所に取りに据えたラブシャ。(実は筆者も行った)
anfymoriというバンドにとって、明らかにキャパがデカすぎても、ひとつの解散の瞬間をフェスのラストに据えてくるなんて味なことこの上ない。

以上から、各フェスの傾向を推測すると・・・

ロッキン・ラブシャ→鉄板攻め
RSR→少し通なラインナップを要所要所
モンバス・ラッシュ→ベタな構成で、次世代枠もしっかり取るイメージ

という案配だろうか?

 

で、どうなる?2015の夏フェス??

fes2

昨年の結果を踏まえ、今年は言ったどんな人がヘッドライナーを飾るか?

先ずはアンパイな大物常連バンドは以下の感じだろう。

・ユニコーン
・電気グルーブ
・吉井和哉
・斉藤和義
・ウルフルズ
・the pillows
・エレファントカシマシ
・Dragon Ash
・ケツメイシ
・RIPSLYME
・くるり
・ASIAN KUNG-FU GENERATION
・the HIATUS
・10FEET
・MONGOL800
・KREVA
・YUKI
・Perfume
・9mm Parabellum Bullet
・MAN WITH A MISSION

絶対どっかでヘッドライナーになるだろうDraagon Ash。

ここら辺は、その日の組み合わせとリリースのタイミングでヘッドライナーとなる可能性があるバンドだ。

必ずフェスのメインステージには出てくる連中である。
一度はどこかでヘッドライナーを経験しているバンドがズラリ。
ここいら色々な意味でアンパイなラインだ。

ちなみにナヲちゃん妊活により、マキシマムザホルモンはリストから削除。

 

続いて、今トリに最も相応しいバンドたちは・・・

・サザンオールスターズ or 桑田啓祐
・Mr.Children
・BUMP OF CHICKEN
・サカナクション
・SEKAI NO OWARI
・スピッツ
・RADWIMPS

名実ともに、2015の邦楽ロックシーンを引っ張っているバンドたち。

リリースも定期的にあり、バンドとしての実力と人気をしっかり維持しているモンスターバンドの方々。

サカナクションは完全にその域のステージに来た感が。
安定感と、プレミア感がここ数年で上がって音楽的にたくましくなったね。

春に新譜を発表したサザン。
そして初夏にアルバムを発売するミスチル。
ベストを出し、キャリアを一回総括し、スタジアムバンドとして立派に成長した今もなお精力的に作品をリリースしてきているバンプ。
この3者が必ず今年の目玉として各地で活躍するはずである。

 

続いてあるかもしれない新進気鋭枠。

去年で言うセカオワだ。

・ONE OK ROCK
・[Alexandros]
・星野源
・きゃりーぱみゅぱみゅ
・ゲスの極み乙女
・KANA-BOON

ここいらがそろそろヘッドライナーでもいいのかな?というライン。
ロックリスターのみでなく、世間的なビッグヒットが加われば確実に一皮ズル剥けるポジションのバンドだ。
昨年のセカオワは、年頭から「スノーマジックファンタジー」がスマッシュヒットして、自主イベントで万単位の集客をさせてたことから”当然”の抜擢だった。
この中じゃKANA-BOON、ワンオクが一抜けてるかな・・・
両者、音楽的にもセールス的にもしっかり爪痕を残した2015年前半。
特にヒットシングルを乱打して、代表作的なアルバムを完成させたKANA-BOONは今の若手バンドの中で一番キテる。

アレクもドラマ主題歌とかやり始めたから、あと一歩だよね。

大穴はゲス極の大抜擢があるかどうか?
1stアルバム後、少しブームも沈静化した感があるが、新曲がコーラのCMに抜擢されたこともあり、まだまだ化ける可能性が大きい。

 

最後に、あるかもしれないサプライズ枠。
要は滅多に夏フェスに出ない バンドたち。

そして同時に、出たらヘッドライナー確定とまでは行かないまでも、かなりの話題となるはずのヤツら。

・椎名林檎
・TOKIO
・KICK THE CAN CREW
・Hi-STANDARD

サプライズの意味も込みで、出演が決まっただけでもヘッドライナー候補だ。
ハイスタやキックなんて、通常活動してないしね。

後、ヘッドライナー扱いじゃないだろうけど、TOKIOね。

 

完全予想、2015

それでは、最後、差し出がましいですが、予想しちゃいましょう。

 

・ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015(4日間開催)

トリ①→SEKAI NO OWARI or 椎名林檎
トリ②→くるり
トリ③→KANA-BOON
大トリ→Mr.Children

・RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO 2015(2日間開催)

初日→岡村靖幸
ヘッドライナー→BUMP OF CHICKEN
クロージング→フィッシュマンズ(また)

・MONSTER baSH 2015(2日間開催)

初日→Dragon Ash
2日目ヘッドライナー→MAN WITH A MISSION or Perfume
2日目クロージング→空想委員会 or Czecho No Republic

・SWEET LOVE SHOWER 2015(3日間開催)

トリ①→[Alexandros]
トリ②→the telephones
大トリ→サザンオールスターズ

 

・RUSH BALL 2015(単日開催)

ヘッドライナー→KANA-BOON
クロージング→THE ORAL CIGARETTES or 04 Limited Sazabys

以上が今年の予想である。

ロックイン大トリがミスチル。
ラブシャ大トリでサザン。
RSRにバンプと硬く予想しました。

新進気鋭枠から、ロッキンでKANA-BOONを予想。
そしてラブシャでアレク。

先の述べたが、今年のニューヒーローはKANA-BOONだろう。
今回の夏フェスはKANA-BOONがどれだけヘッドライナーを取れるか、要チェックである。

少し寂しいが、昨年のandymoriのような”解散枠”は電話ズを予想する。
フェスキラーとして全国各地を躍らせ続けてきた彼らとのラストディスコが、きっとどこかのフェスのトリを飾るはずだ。
そして、それがどこかと敢えて予想するならラブシャではないだろうか。

ここにどれだけサプライズ的な人選が入ってくるかも楽しみだ。
現に既にロックイン初日に椎名林檎の参戦が、ラブシャにKICK THE CAN CREWの参戦が発表されている。

特大級のサプライズないかな・・・ELLEGARDEN再始動とか(笑)
THE YELLOW MONKEY再結成でもいいかな。

解散とか、活動休止とかは悲しいんで、ポジティブなサプライズ期待です。

そんな、紅白歌合戦さながら、その年の顔が出揃うロックンロール国民的行事である夏フェス。

今年は誰が感動の真ん中で、最高の歌を響かせるか?

2015年を象徴するバンドは誰なのか?

あなたもその瞬間を目撃しに、夏はフェスにGO!

素晴らしい音楽を、素晴らしい日常に。

Let’s sing A song 4 ever.

オススメ記事

記事検索

オススメ記事