BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

日本で一番歌が上手い女性シンガーが"salyu"である理由を説明してやる。

みなさんにとって「一番歌の上手い女性歌手」は誰だろうか。各々心に決めたナオンの一人や二人ぐらいいるだろう。
歌は上手さのみで語れるものでもないし、結局のところ最終的にはそれぞれの趣味、ということで話がついてしまいがちだ。
そう、これはナオンの趣味の話なのである。私も男の子、書かずにはいられない。

日本で一番歌が上手い女性シンガーが”Superfly”であるとのたまっておった輩がいたが、日本で一番歌の上手いナオンは"salyu"その人で決着がついている。これが正解。

洗脳のお時間だ。あまたのアーティストがsalyuの声を絶賛している。

小林武史「天に向かい地に響く声」「稀有な才能の持ち主」「もっと全国区、ある意味世界区になっていい人」」
BEAT CRUSADERSのカトウタロウ「母なる大地のような包容力のある声」「例えるなら日本のビョーク」
スキマスイッチの大橋卓弥は「唯一無二」
小谷美紗子「素直な歌い方」
くるりの岸田繁「天にも昇るかのような歌声」
桜井和寿「圧倒的」「本物ってすごいなぁと思った」「いいなぁその声」
一青窈「絵画みたいだ」
岩井俊二「素晴らしい音色の楽器に思えた」
木村カエラ「すごいキレイな景色を見た時の様な感動に似ている(ライブを観た感想)」
Superflyの越智志帆「強く記憶の中に残る歌声」
(Wikipediaより)

迫力

少しバイアスをかけたところで動画に移ろう。


salyu - Liberty

一番油が乗っているときの映像である。あ、歌にだよ。
こんなに丁寧に歌うボーカル、他にいるだろうか。
ライブにも行ったが、最近のがより丁寧に歌っている印象を受ける。一音一音に対して100点をた叩き出さんばかりの歌い方だ。
顔が全力なのも良い。声も楽器である。
ギターがすべてのパーツの複合的な要素で音の深みを出すように、
ボーカルが完璧な音を追求するとき、顔をくしゃくしゃにして歌うのは至極まっとうだと思わないだろうか。ねぇ、グースハウスさん。
何より楽しそうに歌っているのが良い、惚れる。

巧さ


salyu × salyu - ただのともだち

salyu × salyuは多重録音を駆使し、複雑なパートをSalyuひとりで歌うソロプロジェクトだ。
liveでは分身したわけではなく見た目もなんとなく似ているコーラス3人を加えて行われている。
音楽的な好みは分かれるだろうが、寸分の狂いも許されない気が狂いそうな演奏、リズム地獄である、
これ何回もやったら絶対ストレスで禿げる。
複雑なパート、クラップ(手拍子)、作るほうも作るほうだが、演奏するほうも演奏するほうである。あな恐ろしや。
ひとつ前の動画と比べ、歌い方が違う点にも注目していただきたい。

声色


Lily Chou-Chou - Glide

私が彼女を知ったきっかけの曲だ。salyuとしてデビューする前に、Lily Chou–Chou(リリイ シュシュ)という映画内の架空のシンガーソングライターになりきって出したものである。この楽曲を作った小林も恐ろしいの一言だが、世界観を全て奪っていく彼女の歌声は筆舌し尽くしがたい。
彼女の声は楽曲によって、一曲の中でも表情がコロコロ変わるのである。声の表情がこんなに変わる人はめったにいない。
消え入りそうなの繊細な声も出せるし、レーザービームのような声も出せる。


salyu-halfway

召されそう。
Glideの憂鬱な雰囲気、Halfwayの前向きな雰囲気、ただ楽曲の特性で終わらせてしまうのはもったいない。
迫力、巧さ、声色の振れ幅、彼女が最強たる所以だ。

さぁ、審判の時が来た。
自らの耳で確かめてほしい。


Superfly×Salyu With Or Without You U2

あ、うん、二人とも最強だわ。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事