BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
石左

コラム 記事

YouTubeで知らないバンドを見かけた時に聴く前からなんか嫌いになってる現象について、あと女。それと友情。

 人にものを紹介するのってめちゃめちゃ難しいですよね。

『あそこに美味しいお蕎麦屋さんがあったよ』

「へえ、こんど行ってみるわ」

 絶対、行かないですからね。明日も明後日も家で蒙古タンメンですから。

 人間って新しいものに興味を持つの、疲れるんですよ。面倒なんですよ。だからもう知る前に頭から嫌う準備したりするじゃないですか。しませんか?YouTubeとかで知らないバンドを見かけた時に「あ、なんか知りたくない」っていう方に心の針が一瞬揺れる感じ。よしんばそのサムネイルをクリックして開いてみたとしても聴く寸前まで「どうせ良くないはずだ…」と何故か悪い方向に期待を持つあの感じ。

 これってモノが溢れすぎた悲しき現代人に標準装備されている心のブレーキだと思うんです。

 それ、良くないと思うんですよね。とっぱらっちゃえよと。今日はそういう話です。

好きになるの、ダルい

「恋、したーい」

 って言ってる女子大生いるじゃないですか。嫌いなんですけど。アレもあいつら言ってるだけで無意識に心にブレーキかけてると思うんです。

「でもイケメンはちょっと、ね(笑)」

 "安易に恋愛を顔面基準で推し進めないワンランク上のアタシ"を演出しつつ俺らに期待を持たせつつするんじゃねえよカス。でもかわいい女の言う「イケメンが嫌い」っていう心の機微と、何か良さそうなバンドをサムネイルで見かけた時の「カスであってくれ」という心の機微。近いと思います。わかります。

 でも男は「エロい美少女嫌い」とか絶対言わないじゃないですか。言う奴がいたとしてもそんな奴今すぐ俺が殺すからもういません。これは女性(かわいい)における恋愛市場と、私たち消費者から見た恋愛市場が同じだからなんじゃないかと。

 いわゆる買い手市場というヤツでして、僕ら買い手が商品を選び放題の状況にあるわけです。右を見ても左を見てもまあ良いバンドだらけ、俺らを聴いてくれ!ファンになってくれ!と無言の声が関連動画欄に立て並び。買うにも買うで困っちゃいますよね。

 女性たちも女性たちで、近寄ってくる男は数尽きないわけで。悪くない条件の男性がいたとしても恋愛に踏み込めないのは同じ話なんじゃないかと。

 だって、ひとバンドひとバンド全部好きになってたら。通りすがるすべての男を恋の視線で見ていたら。心が疲れちゃいますし、もし良くなかったときにショックが大きい。

 なので音楽市場における僕らも、恋愛市場における美女たちも、心にブレーキをかけるんです。ブス?ブスはそんな余裕ないですから。「イケメンはちょっと」とか言ってたらバチが直撃して死にますから。

 でもこういうの良くないと思うんですよ。自分でも。多少疲れてでも知る努力をした方が良いと。

 

10から選んだ1より10000から選んだ1

 その時代を知らないので伝聞でモノを言いますけど、まだネットとか発達してなかった時代ってみんなラジオとかにしがみついて音楽を探していたって言うじゃないですか。

 それが今や手元のスマホをちょっといじれば、どんな音楽もタダで試聴できちゃう時代になって。そうなると探してまで音楽を聴いたりしなくなるんですよね人間って。不思議。

 でも生活を豊かにするのはやっぱり文化で。「マイヘアとクリープハイプならマイヘアの方が好き~」よりは、ライブに行くなりネットで探すなり人から聞くなり、なんでもいいからたくさん聴いてその中から選んだバンドの方が良いはずなんですよ。

 大人なると、友達って減るんです。どうしても。

 学校に行くことが当たり前の10代には想像つかないかもしれないけど、学校っていう同年代ばかり集まる場所の方が異常で、学校に行くことがなくなった年齢から突然「新しい友人になり得る人」の供給がパタリと途絶えるんです。

 そうすると、自分から友達を探しに行かなくなった人って年々交友関係が狭まっていって、悪いケースだと終いにはついに数人になった友人の不満をローテーションで別の友人に代わる代わる言うようになる。そんなこともないか。いやあるか。とにかく辛そうになっていくんです。

 いつまでたっても楽しそうな奴って、何かしら新しい知り合いと友達になる場を確保しているんですよ。それこそ、バンドやってたりとか。そういう仕事してたりとか。

 友達を選ぶなんておこがましいけど、たくさんの人の中から特に気の合う選りすぐりの友人と、生活状況の上仕方なく遊んでる友人じゃ、そりゃ同じ友人という言葉でも内情が違うよなあと。それに、友人は多い方が人間関係が悪くなっていかないなと。

 違う話になった。

 音楽も恋人も友人も、たくさんから選んでいくことが豊かさにつながるなと言いたいんです。

 スマホ開いてフェイスロイヤルに顔殴られてる時間とか、なんとなく2chまとめ見てる時間とか、つまんないけど深夜番組で知らない関西芸人がデカい顔してるのを惰性で見てる時間とか。

 音楽聴いたり本読んだり勉強したり考え事したりいつも電話しない誰かにかけてみたり、そういうことした方が良いんじゃないか。自分に対してそういうことをすごく思います。

 みなさんも手始めに、僕の事を好きになろうとしてみてはいかがでしょうか。音楽のついででいいので。

 そんなわけで。それではさようなら。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事