BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
石左

記事

俺たちにとっての本当のBTS防弾少年団、挫・人間

 webザコのみなさん、こんにちは。今日もプロフィール、スラッシュ(これ→/)で区切ってますか!?

 最近はなんか、BTS防弾少年団のナニガシが原爆をモチーフにしたTシャツがどうこうで各陣営なにやらアツくなっておりますが、キムチとメイプルストーリーぐらいでしか韓国とかかわりを持たない俺たちのようなインターネットゼロ年代の人間には全く関心ごとにならないというか。でもそれはマズいなと思ってちょっと調べてみたんですけど

「방탄소년단(読み:バンタンソニョンダン、日本語訳:防弾少年団)」というグループ名は、「10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜く」という意味が込められている

 はぁ~~~~(ハルヒが無茶言い出したときのキョンを想像してください。私はいまそれです。)

 俺は思うんですけど、世界トップレベルのコンポーザーが制作した楽曲に、キレのあるダンスを乗せて、整い散らかした顔面から放たれる音楽が、俺たちみたいな未だにニコニコ動画有料会員のヒトモドキを守ってくれるはずないだろうと。馬鹿が。10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧だと?生まれつきキモくなってしまった人間は60代・70代になっても死ぬまで差別されるんだよ!!!むしろ、イケてる10代に何歳になっても一生差別される側なんだよ俺たちは。オイ、守ってくれよ。なあ。BTSさんよ…?その国営音楽で日本の内需を食い散らかしたカネで俺たちの健康保険料を払ってくれよ!!!!

 BTS防弾少年団ではなく、檄!帝国華撃団で育った俺たちが聴くべき音楽、向かうべきザナルカンド、わかりますね?

 挫です。挫・人間、その人です。

 ていうか、新大久保でチーズダッカルビ食ってるような女には本当は音楽なんか必要ないんだよ。音楽なんかよりananの「本命になりたい!セフレ沼から抜け出す8の方法」みたいな特集の方がよほど救ってくれるよ、お前を。

 本当に救いを求める困窮した人間が、なにを聴いたらわからねえ。そんな世の中は間違っている。そんなわけで、今日は挫を布教しようと思います。チェケ。

 かといって挫・人間を聴くのもまあ、絶対に間違ってるわけですが。

 やっぱファーストインプレッションって大事なので比較的キャッチーなミュージックビデオを配置しましたが、どうでしょう。この時点で9割5分の方が脱落したかと思います。作戦通りです。

 たぶんスチャダラパーリスペクトなんだろうけど、顧客層のほとんどがわからないのにそういう所徹底する。実に、オタクですね。

 響かない人には全く響かないと思うんですけど、クる人間には、キやがる。歌詞もメロディもロケーションも表情も。

 ずっと、ふざけたような、照れ隠しみたいなスラングとか冗談歌っておいて、タイアップでも試聴でも、一番聴かれない、一番最後の最後のサビにだけ本当のことを歌うんですよねこの人。

大人になったこの僕に
もし願いが叶うなら
あの子がずっと忘れない
サヨナラがしたい

届きませんように

 つらい。

 俺たちみたいなのは、もしもの話ですら幸せを願えない。ただの妄想なんだから付き合いたいとか結婚したいとか、言えば良いのに、言えない。誰にかわからないけど何故かおこがましくて、言えない。なんか急にテンション下がってきた。

 いつだかボーカルの下川リヲと秋葉原で飲んでた時、下川が突然頭を抱えだして

「ウワアア俺はオタクにもバンドマンにもなりきれない最低の◯◯(放送禁止用語)なんだあーーー!!!」

 と叫びだしたんだけど、こういう屈折を抱える人間の言う事しか俺は信じられん。

 

 常々思ってるんだけど、体育教師って学生時代から体育が得意なやつが体育大とか出た末になるけれど、あれおかしくない?

 体育なんかできるやつなんか教えなくてもスイスイ勝手にできちゃうわけで、そんなやつよりも本当に手を差し伸べるべきは逆上がりもできないドンくさい奴ら。

 だけども元々運動が苦労なくできたやつに、運動音痴たちの気持ちなんかわかるわけないし、本当に体育の先生を務めるべきは、元々運動が苦手だったヤツだと。デキる奴に、デキない奴は救えない。

 冒頭の話に戻るけれど、上手くやれない冴えないやつにはポップソングは眩しすぎる。

 そういう人間にとっての体育教師は、挫・人間みたいなやつらであるべき。

 

 そんな挫、最近はメジャーチックなMVをリリース。挫・人間からこういう曲聴けると思わなかったけど、老若男女に聴かれるような曲も普通に書けるんだね、この人。

 アルバムとか過去のリリースとか聴くとハチャメチャやってるイロモノバンドっぽいけど、やってしまえばなんでも作れるし、そこらのバンドマンより理屈で音楽を理解してるタイプの、努力の人だと勝手に思ってる。本人は、こういうこと言われたくないんだろうけどね。

 有線でもいやに聴くし、ワンマンの会場はでかくなって、知らないうちに遠くなっちゃったような寂しさもあるけれど、それだけ下川の救済活動が伝播してるということで、世界が正しく機能している証拠かなと。

 JPOPにもKPOPにも居場所がないあなたが挫・人間で救われますように。

 

それでは。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事