BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事

コラム 記事

岡崎体育が本当に殺したのは"金のない"バンドマンなんじゃないか

okazaki

 この写真、私には

 

id00055

 こう見える。おいしそうですね。

 


岡崎体育 - MUSIC VIDEO

 みなさんもご存じ、岡崎体育のMUSIC VIDEOの一幕だ。

 いやこのMVめっちゃ笑えるし、私も結構好きなのだが、最初に見た時にどこか引っ掛かるとこがあった。そのモヤモヤしていたのが最近ひょんなことでハッキリとして、それが今回の記事のタイトルとなったというワケである。

 さて、いきなり「岡崎体育が本当に殺したのは"金のない"バンドマンなんじゃないか」なんて言われても何のことかさっぱりわからないと思うので、一つ一つ説明していこうと思う。


スポンサードリンク

MVの需要が上がり過ぎて、インディーズのバンドマンもMVを作る必要性が出てきた

「みんなはどこで音楽を発掘しているのか 音楽の流通経路を調べてみた」

 以前当サイトで行ったアンケートの結果も表しているが、今はみんなYoutubeで音楽を発見・視聴する時代である。

 我々にとってみれば便利な時代になったものだなあと思うが、逆にバンド側からみれば今の時代にYoutubeにMVをアップしていないのは、ネット上のプロモーションを捨てていると同義なのである。

 顧客はいつだってシビアだ。有名バンドから駆け出しバンドまで当然のようにMVが公開されている現代、何かのきっかけにバンド名を耳にして、よし聴いてみよう!となったところでYouTube上にMVがアップロードされてなければ。
「は、MVないの?じゃあいいや」
となるのは想像に難くない。

 そういった時代の変化があって、以前であればMVを作る規模でないようなインディーズバンドもMVを作る必要性が出てきたのである。

 彼らにとっては本当に大変な時代だと思う。昔なら当然Youtubeもなかったので、ウワサだけでライブに来てくれたのにな。

 

 ただみなさんもご存じの通りインディーズバンドマンはホントに金がない。

 ただでさえ定職につかずアルバイトで食いつないでいる人が多く、まず収入の絶対数が少ない。そんな少ない金から自分の生活費、練習すりゃスタジオ代、機材買えば金は出てくし、音源作れば10万規模で金掛かる。ライブだって結構成功しないと全然黒字にならない。売れないうちはライブのたび2万払って客ゼロの箱でリハーサルのような本番に臨む日々。

 そんな殺意高めの財政状況の中、テクノロジーの進歩に巻き込まれる形でMVまで撮影しないとお話にならなくなってしまったのだ。ああ神よ、バンドマンに安らぎを与えたたまえ。

 ここまで書いて敢えて言う必要もなさそうだが、インディーズバンドのMVは99%クソ低予算で作られているのだ。

 訊いたところによるとそこそこのバンドでも予算が10万あればいい方らしい。ハリウッド映画の10万分の1の予算である。逆に言えばハリウッド映画1本でインディーズバンドのMVが10万本作れる計算になる、ハリウッドヤッバい。

 で、そのなけなしの金だが動画を作る上の予算感だと、10万って撮影スタジオ抑えてカメラマン一人呼んだらもう無くなってしまう額である。もはや諸経費くらいにしかならない額だ。

 普通に考えて作るのは無理な額だが、バンドマンの気合いと頑張りによってどうにか完成する。まあ大抵の場合は動画が好きな知り合いとかにタダでやってもらうんだけど。そうなると立場上あんまりに凝ったものはお願いできないし、バンド側から企画を打診することすら憚られる場合もあるだろう。

 

似通ったMVが誕生してしまうのはしゃあない

 マイケルジャクソンのMVの7000分の1の予算で作られるインディーズバンドのMV。

 そんな圧迫された財政状況の中、MV監督が思い描いた映像世界が作れるかというとかなり厳しいだろう。

 カメラ目線で歩きながら歌うシーンも、引きのワンカットで撮れるからちゃんとしたカメラマン、またはカメラを用意しなくてもそこそこ様になるから。

 モノクロの映像淡い映像ざわとザラついた映像は、バンドマンという名の素人俳優たちの顔面をステキに見せる為の工夫の爪痕だ。予算があり、ちゃんとした俳優を出演させられるならKANA-BOON方式で、メンバーが映らざるを得ない演奏シーンは動きを激しくファジーに映したり暗い部屋で写したり被り物や髪の毛で顔被せたりして、明るいアップのカットは俳優女優に任せる手法も取れる。

 仲良い人たち映すのは昔よくあったやつだよね。コストは掛からないしなんかあったかいし良いよね。

 特に最近は女の子が出てくるMV多いが、単純な流行りというのもあるが、それよりも女の子がただいるだけのシーンで映像の尺を稼げるという現実的な理由からだ。あと下北のドブに生えてるキノコみたいな髪型の男数人を延々映し続けると画が汚染されるので、それを浄化する芳香剤のような役割もある。

 大体こんな感じの理由だ。少ない予算の中でソレっぽく作るために色々と工夫すると結局ああいう映像になってしまうのだ。なんか岡崎体育の満面の笑みがいやらしく感じてきたぞ。

 あのMVは”MVでよくみるあるある”をネタにしているというよりは、正しく言えば”予算がなくてどうしようもないインディーズバンドのMV”がネタなのだ。

 逆にメジャーで予算ガンガンに使って作られたMVを見ているとあの中でネタにされているあるあるはサッパリ出てこないぞ。オ?日和ったか?ソニーの先輩方を敵に回すのは怖いんかアアン!?

 インディーズバンドマンも予算さえあれば、裸の女体をたくさん並べて文字作くるようなクリエイティブな映像を作りてえんだよ!!


サカナクション - ユリイカ

 

メジャーアーティストも殺してほしい

 岡崎体育のMUSIC VIDEOに思いっきりケチをつける内容になってしまったが、誰も彼を責められまい。罪を憎んで人を憎まずだ。

 だってあんなおいしいネタが転がっていて放置するわけにはいかないでしょ。そのうえ当時の岡崎体育には予算なんかなかったワケでMUSIC VIDEOのMVだってヤバTの小山と二人ほぼ人力で作っている。彼らも"予算がないインディーズ一味"の仲間だったのだ。彼ら自身も予算の都合でメジャーアーティストあるあるのようなネタは盛り込めなかったのだろう。

 しかし今は違いますよね体育さん。Mステにも出ちゃうようなバリバリのメジャーアーティスト様だ。予算もマイケルジャクソン並みに湯水のごとく降りるに違いない。殺されたのがインディーズバンドマンたちだけでは浮かばれないだろう。差別は良くない、ちゃんと平等に皆殺しにすべきだ。事務所の直系の先輩である西野カナの曲、MVの傾向を分析して完パクして殺すぐらいのことをしてほしい。殴るなら、男も女も老人も子供も黒人も白人も全力で殴る。それが誠実さだと僕は思うのだ。

 岡崎体育に殺されて闇へ消えていった、すべてのMV企画案たちの怨嗟の念より、愛をこめて。

 岡崎体育さん、ひとつ宜しくお願い致します。それでは。

 

オススメ記事

記事検索

オススメ記事