BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
石左

2015/09/07

記事

バンド初心者の為の、コピバン推奨バンド5選

 春ですね。新歓と思しき大学生が居酒屋に溢れ、ホッピーがなお一層苦くなるこの季節、いかがお過ごしでしょうか。

 この地下室TIMES、意外と新大学一年生や高校生の方も見てくれているらしく、青春真っ只中の若者がこんな性根の腐り切ったインターネットの墓場のようなサイトを見てたら根性ねじ曲がるぞ!とワクワクが止まりません。取り返しのつかないことになれ。
 そんなわけで今回は日ごろから地下室TIMESを見てくれている若年層の読者のみなさんへ感謝の気持ちを込めて、新春バンド生活応援キャンペーン。"バンド初心者の為の、コピバン推奨バンド5選"この記事を届けたい。

 初心者がバンドを組むとして、いきなり作曲して披露!という具合にはいかないので、みなとりあえずはコピーバンドからバンド生活をスタートさせるわけだが、このコピーバンドというやつが曲者で、世に出回りよく耳にする曲たちはすべからく楽器演奏に長けたプロのミュージシャンが作曲・演奏しているので、簡単に演奏できる楽曲なんてものがほとんど存在しない。みんなが下手だ下手だとあざける初期のバンプですら蓋を開けてみれば中級者以上も難儀するような楽曲ばかりだ。(当時本人たちもライブであんまり弾けてなかったよ!)

 マンウィズやりたい!東京事変やりたい!と夢を見るのもいいが、バンドは一人遊びじゃないのでとりあえずは現実を先に見て欲しい。自分のパートが簡単だからといって複雑な演奏をメンバーに押し付け空中分解してゆく初心者バンドをいくつ見たかわからない。
 難しい曲をガタガタと演奏するよりも、簡単な曲を上手にやりきる方がずっとかっこいいぞ。

 そんなわけでバンド初心者の為のコピバン推奨バンド・楽曲を集めた。
 新しくバンドを始めようとする新入生と、そんな彼ら助けになりたい先輩諸君はバンド生活を踏み出す一曲を選ぶのに是非参考にしてほしい。

DOES/修羅

 初心者コピーバンドの為に作ったのでは…?と思えるほど簡単。
 ワンオクとかゲスとかキートークとか、やりたいバンドはたくさんあると思うがここは安全策でDOESだ。

 「あれ?これ何の曲だっけ」
 と言われたらワンオクの新曲とでも言っておこう。大丈夫バレやしない。みんな自分の演奏に必死で人の曲なんか憶えちゃいないからな!

 

フレデリック/オドループ

 それでも流行りの曲をやりたいんじゃ!女子にキャーキャーいわれてえんじゃ!
 お前らの事だからそういうと思ったよ。それで改めて色々聴いてみたけどAlexandrosとかONE OK ROCK はとてもじゃないけど無理だ。すまん。メインリフがそもそもハードル高かったりでなんともならない。
 そんな中要所要所端折ったらなんとかいけそうだなと思ったのがオドループ。コピーのコツとしては
 ・リードギターの最初のプリング三連とソロは無視、なかったことにしよう。
 ・ドラムのフィルをも簡略化してしまおう。
 ・イントロのベースはずっとE A B F#で良し。

 なんならギターもパワーコードだけでいい。大丈夫。なんならもうリードギター無しでもいいよ。終始早目のテンポで鳴っているドラムのダンスビートが問題だが、流行りの曲をやりたいとなるとどうしても避けて通れないし、逆に言えばこれさえ覚えれば終生これ一本でいける。KANA-BOONとかもうずっとこれ、これが叩ければ安泰だ。リズムキープがんばれ。

 

indigo la end/緑の少女

 あとこれとかモテそうですよね。女子が歌っても可愛い。ていうか最大の鬼門はこれを唄って似合う男がいないことだろう。これを綺麗に歌い上げて様になるような奴は既にモテるしバンドなんかやんない。えのんめ…
 終始ベースが動くのでギターに合わせてずっとE A Dでいい。原曲をコピーしてもいいが本番でロクなことにならないのでオススメしないぞ!もちろんフィルも難しいと感じたなら無視していい、最悪バスドラとクラッシュを要所で叩いておけば大丈夫だ。ギターソロはギリギリ手が届くぐらいなので余裕があったら挑戦してみてもいい。僕はこんな長いソロ憶えきれる自信ないけどみんなは若いから大丈夫。

 

クリープハイプ/二十九、三十

クリープハイプなんかは下積みで培ったバンドの経験値の高さからか、複雑でないのにリズムの跳ねや曲の端々に工夫が多く且つ楽曲として無視できない部分でそういったところが目立つので、どう考えてもコピー向きではないが、スローテンポのバラードだったらなんとかコピーできなくもなさそうだ。どのバンドもアルバムに一曲ぐらいはそんな曲が用意されているので、楽譜さえ確保できそうであれば挑戦してみても良いかもしれない。
「うるせえ!俺は疾走感があってインパクト大の曲でほかの新入生を出し抜きたいんじゃ!」
 そんな人は欠伸のイントロのリードギターを音だけでも追ってコピーしてみてほしい。まずあんな風にならん。同じメロディを弾いていてもビブラートやピッキング、音作りで聴こえの全てが変わってくる。初心者が頑張ってメロディを追っても二束三文のギターアンプから情けない屁のような音が鳴るだけだ。

 それとボーカルだが、女の子が唄った方が無難だろう。カラオケでクリープハイプを唄ってる男でロクなのを見たことがない。あんなんを唄える男は尾崎世界観とフォーリミのボーカルとハワイアンの元ベースぐらいなもんだ。
 でもクリープハイプ唄ってる女の子ってすごく嫌だよね…いつまでも元カレと会ってそうだよね…週8でバンドマンに抱かれてそうだよね…

 

ART-SCHOOL/Scarlet

 コピーバンドと言えばバンプ!アジカン!となりがちでなぜかART-SCHOOLは話題に上がらない。かなり上の世代のバンドではあるが、ジュディマリやプリプリ、モンパチ等に比べたらずっと現代風で違和感なく演奏できるんじゃないだろうか。
 特に初期の曲は簡単なものが多く下手したらバンプよりも敷居が低い。

 あと歌のキーも無難なのがうれしい。ボーカルで事故死しそうなバンドは一考を。

 

クマムシ/あったかいんだからぁ

 余興としてはいいんじゃないだろうか。先輩たちから目の敵にされサークルから追い出されるリスクはあるが、なりふり構わず目立ちたいという人はやってみて欲しい。責任は取らん。

 

おわりに

 今回は今の18歳前後の間で流行っているであろう曲を中心にピックアップしてみたがどうだろう参考になっただろうか。
 小さな恋の歌 リライト、シャングリラとコピーバンド定番の曲もなんだかんだ難所があったりするし、大切なのは出来ない事を無理してやらないことだろう。

 あとは何よりリズム感を大切にしてほしい。「自分はリズム感あるし平気っしょ!」と思っている初心者、たくさんいるだろうが初心者の"良いリズム感"なんていうのはサッカー部のバッティングみたいなもので、多少自信があっても野球部からしたらお遊びみたいなものである。一人ダメだと全体を巻き込んで崩れてゆくのがリズムの恐ろしい所。面倒でも毎日メトロノームを使って練習しよう。
 それからボーカルも、カラオケの喉自慢が自信満々に入部して大恥かいて退部するパターンが非常に多い危険パートだ。しっかり練習して本番に備えて欲しい。

 ここまで読んだのならば後は各自の努力と才能次第だ。がんばれ!

 それではまた次の記事で!

Ghosts & Angels
Ghosts & Angels

posted with amazlet at 15.07.21
ART-SCHOOL
PONYCANYON INC.(PC)(M) (2008-10-15)
売り上げランキング: 87,278
オススメ記事

記事検索

オススメ記事