BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
石左

記事

この期に及んでまだバンドなんか聴いてるヤツは"時速36km"みたいな音楽を待っていたんじゃないか

 こんにちは、この間一緒に飲んでたネイリストのギャルに「最近バンドは何が流行ってんの?」と訊かれたので適当にいくつか聴かせたら「イケボじゃないからムリーそれよりマツエクしたから見てー笑」と言われたのでその場でマツ毛もぎ捨ててやりました。バンド音楽のCD取り扱っております。石左と申します宜しくお願い致します。

 とはいえバンドは時代錯誤なんだろうと思うフシもあって、たとえば海外じゃヒップホップが完全に主流になりつつあるし、国内でも「好きなバンドは?」と訊くと高確率で「米津さん!」と言われる始末。米津さんはバンドじゃなくて、成人男性個人だろうが。なんだその取引先みてえな距離感は。

 もう一般の方が知ってるバンドなんていうのはRADWIMPS、クリープハイプ、ゲスの極み乙女。がギリなんじゃないでしょうか。WANIMAなんかバンドじゃなくてバイク屋かなんかだと思われてるんじゃ。

 だのにこの逆風の中いまだにバンドに固執してる人たちなんてのはかなり稀な存在で、特にインディーズバンド聴いてる奴なんていうのは奇特も奇特。自分の事客観視するのは難しいと思いますんで別のジャンルで例えると、腐女子の中でもピプマイとか刀剣乱舞とかじゃなくてこの2019年にD.Graymanの夢小説書いてる腐女子ぐらい奇特。わかったか、自分がいかにヤバい状態か。このサイトなんて魔法のiらんどみたいなもんだからな。インディーズバンドの派閥で喧嘩してんのなんて、ラビ神田のカプもっと増えないかな…って言いながら神田ラビのカプ書いてる腐女子叩いてる腐女子とさして変わらんからな。

 でも、俺はそうってだけでみなさんに当てはまるかはわからないんですけど、俺はどうしても電子音とかアイドルの顔面とかでテンション上がらないんですよね。同じ大音量で音楽聴いても、クラブで爆アゲみたいなことなったことないし。性癖でしょうねこれはもう。性的なことって「なんでこんなんで興奮すんの?」って言われても説明できないし。

 そんな俺の性癖に直撃のバンドが出てきたんですけど、どうですかねこれ。ジャン!

 

 時速36kmです。通称"時速"。こいつら最近やっと自動車免許取ったばっかりの癖にとんでもない名前つけやがる。しかも別にそんなに速くないし。Uber Eatsぐらいのスピード。名古屋のババアの原付の方が速え。

 売れるバンドも、売れないバンドも、結局のところカタにハマりがちで、そのハマったカタが売れるカタだったりそうでなかったりっていう違いだけってケースがバンドには非常に多い。

 例えば、女目線の不道徳なラブソングを、それらしい髪の長さの線の細いボーカルが歌ったらば、クリープハイプが耕したファン層に一定の支持は得るだろうし、最近めちゃくちゃに多い(月1で新種が報告される)のはマイヘアから才能と心意気をゴッソリそぎ落としたようなバンドだけれど、どれもこれもある程度人気が出ている。

 けどそんなんは本当につまんなくて、正規品のクロックス変えないヤツにドンキホーテが偽物売ってるような「そりゃまあ、買う奴いるよな」っていう商売。音楽じゃなくて商売。

 クロックスでたまたま例えたけど、よく考えてみてください。クロックスってすごくないかと。あれって俺たちが小学生の時存在しなかったじゃん。

 なんかの模倣じゃなくて「サンダルって親指の付け根痛くなるから、もっと覆いかぶせる形のサンダル作ったら便利じゃない?」っていう着想から作られたわけで、俺はクロックスを売ったことがないからわかんないけど、今みたいに世間に浸透するまでめちゃめちゃ苦労したと思いますよ。馴染みのない形してるし、俺も初めて見た時「あひるのくちばしみたい」とか思ったし。

 そいつをここまで世に広めて、偽物が出回るぐらいに一般化させたのってマジですごくないかと。プロジェクトXとかでやってほしい。ていうかプロジェクトXはだいたいそういう話だからみんな見て是非。

 

 時速36kmはそういうバンド。俺が好きなのはそういう。好きだし、応援したい。

 こういうの、なかったよな。っていう、良くも悪くもカタにはめられないヤツ。一言で片付かないバンド。

 ラブソング全盛の現代に、人生不満の歌詞をギチギチに詰め込んで正攻法で行くバンド久しくいなかった。

 何かに似てるバンドとか、もうすでに界隈(?)があるような音楽って本当キャリア序盤楽なんですよ。そこに飛び込んで仲良くしておけばある程度人気が出るから。

 ただこういうバンドはマジで苦労する。たぶん今までもこういうバンドは他にいたのかもしれないけどその最初の苦労が大きすぎて消えていったんじゃないかと。

 このコンセプトってBUMP OF CHICKEN以来で、正統派すぎて20年近く忌避され続けてきた。それがついに、という感じ。

 だからといって初期BUMPそのままというわけでもなく、20年の間に正統派も形を変えたみたいで、音楽性的にはバンド音楽の20年ゆっくりやってきた進歩が詰め込まれている。ギターのサウンドから編曲まで、今を生きるバンドっていう音している。

 が、なんというか、精神性が少年的というか、良い意味で大人びてないスレてない暗さで、聴く人間からのウケも狙ってない、そういう無鉄砲な危うさが良い。ああバンドってそういえば、陰キャなんて言葉がなかった時代から日陰者の為の音楽だったよなって思い出すようなバンドをやっている。冴えない学生が手に取れる音楽がやってきたなと。俺はずっとこういうの待ってたし、これからも待ってるし、こういうのが聴きたくてアレでもないコレでもないとバンドを聴いたりしている。そういう人に、是非聴いてほしい。

 

 一年前の録音。音が悪い。

 ただ、この半年や一年で露骨に音像もパフォーマンスもしっかり上げてきている。努力と苦労と成長が見える。

 作詞作曲者が二人いる珍しい編成だけれど、それが良い方向に働いてて成長速度2倍でメキメキ実力をつけている。

 バンド性と名前のとっつきづらさでまあまあ損してると思うんですけど、それを覆して着々と人気が出てきてて、都内、特に下北沢じゃモリモリ人を呼ぶし、今年は全国行ったるぞ!という勢い。時速 SUP ROKI CRYAMYという感じでホーム箱Daisy Barじゃお馴染みの並びになりつつある。バンドは目を離すとすぐに売れる。時速はもうここからが早いと思う。みるみる売れるからホント今のうち今年のうちである。知らんぞマジで。

 馬券なら間違いなく買いのバンド。バンドばっかり聴いてる、冴えないあなたに是非。

 それでは。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事