BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
ありんこ

2015/09/07

記事

水曜日のカンパネラはズルい

巷で何かと話題を呼んでいる水曜日のカンパネラ。ご存知だろうか?
Twitterで検索してくれ、そっちの方が早いから
て訳にはいかないので簡単に紹介しよう。

コムアイ
担当:主演 / 歌唱
1992年7月22日生まれ。
神奈川県出身。

また、“サウンドプロデュース”にKenmochi Hidefumi
その他、“何でも屋”のDir.F。
などが、活動を支えるメンバーとして所属。

ざっくり言うとこんな感じ。ステージには、コムアイのみがPCその他諸々を持って現れる。よくわからないと思うので一つ動画をご覧あれ。

お菓子を持ってきてばら撒く、ボールを持って客席へ。他にもちゃぶ台投げたり、筋肉マンのお面で現れたり…ちなみに毎回演出は全く異なるらしいので、一夜限りのプレミアム。少しはイメージ湧いたかな?

彼女はおそらく現役女子大生、それであの貫禄、堂々としたパフォーマンスには脱帽だ。もうカリスマ性があるとしか言えない。

ひねりのないズルいタイトル

『千利休』

『うめこんぶ茶 ほうじ茶 減肥茶 ミネラル麦茶 ヒューマンネイチャー』『新茶摘まない つまらないやつに用はない』

聴き取れただろうか。この絶妙な少し舌足らず感にあえてめいっぱいリリックをつめこむという荒技が心をくすぐる。

千利休、かの有名武将、豊臣秀吉に仕えた安土桃山時代の茶人。普通ならここで終わりなのに、現代版仕立てになっている。ここまでラップ調でユーモアに展開するセンス、ズルい!!!

盲点作戦大成功といったところだろうか。

『マリー・アントワネット』、『桃太郎』、『竹久夢二』などなど。ざっくり、ひねりのないタイトルで興味を抱かせる。


もう一曲。エレクトロニックで緩く体を揺らしたくなる。タイトルとミスマッチな映像美が、水カンならではの妖しい世界に誘う。

『お菓子を食べればいいじゃない フランス革命!』

 なにげにおべんきょうができる

Ernst_Engel

突然ですが、知ってます?この人。エルンスト・エンゲルスさん。エンゲル係数を提唱した人だ。家計の消費支出に占める飲食費のパーセンテージのこと。っていっても堅苦しいので水曜日のカンパネラで一緒に楽しくおべんきょしよう。

『エンゲル』神戸牛 松坂牛 米沢牛 近江牛 かに道楽 成城石井 ロイヤルホスト いーじゃん いーじゃん 贅沢したって 一度きりの人生 エンゲル係数が 右肩あがりに跳ね上がる エンゲル係数よ 右肩あがりに跳ね上がれ

といった感じに噛み砕いて説明してくれるのでイージーリスニングで考えずに学べる、一石二鳥な曲。

もういっちょ!『チャイコフスキー』

Porträt_des_Komponisten_Pjotr_I__Tschaikowski_(1840-1893)

音楽室の肖像画におわしますこの方。ご存じロシアが生んだ偉大な作曲家チャイコフスキー。さり気なくさらっと彼の生涯を感じられる、、ハズ!!!

残念ながら動画がないので是非、CDをゲットして歌詞を見ながらLet's studyしてほしい!!!期待は裏切りません。聴き終わる頃にはなんだか分かった気になって親近感が生まれていることだろう。

私を鬼ヶ島に連れってって

908583j8393jk4th8fac

インカの革命、きっとアナタも脳内革命。ということで4th mini album『私を鬼ヶ島に連れてって』、水曜日のカンパネラ入門の一枚としておススメしたい。

上でご紹介した曲も入っているぞ。フツーではない歌詞カードと戯れながら曲をJOY JOY ENJOY!!!!してくれ。で、好きになっちゃたって人、一緒にきび団子もって鬼退治に行こうではないか!←HPチェック!

オススメ記事

記事検索

オススメ記事