BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
谷澤 千尋

2015/09/21

記事

ボーカルがはみ出している THE INTI[新人発掘]

こんにちは。
先日のことだが、THE INTIというバンドの方から掲載希望のメールをいただいた。

最高にボーカルが魅力的なロックバンドだ。

はじめまして。突然のメッセージ失礼致します。
私は札幌にて活動しておりますTHE INTI(ジインティ)というバンドのカイと申します。
ボーカルはハーフのMASASHIと言います。
曲では全て歌詞が英語ですが、栃木生まれの普段は日本語を話します。
自主制作になりますがMVがございますのでリンクを添付致します。
お時間あるときに一度見て頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

THE INTI

筋肉から声が出ている。

では、早速聞いていただこう。


THE INTI - SALMON
 

なるほど、一瞬ボーカルの彼の見た目でメタルコアバンドかと思ってしまったが、
どうやら、ファンクロックに近いジャンルのようである。

ポケモンの世界だと確実に「かくとうタイプ」であろうボーカルのMASASHI氏の存在感が有り過ぎるため、そちらの方に目が行きがちだが、
曲をジャムで作っているせいか、良い意味でサッパリしたアレンジで、それがボーカルと相まって良い意味で日本人離れしている。
あと個人的にベースが印象的なフレーズを連発しまくっていて好きだ。

 

ボーカルのパワーが強すぎる


THE INTI - Stand Up

特にサビ、ボーカルがグイグイ引っ張って、邦楽では聞いたことのないような勢いがでている。
あとやっぱりベースがやたら自己主張が激しいが、カッコいいの無問題だ。

 

んー・・・
カッコいいんだが、なんだか気になるところがある・・・

ボーカルのMASASHI氏、どこの国のハーフの方かは存じないが、
その猛々しい歌とパフォーマンスを見る限り、相当、強靭な遺伝子を受け継いだのだろう。
正直、本場のイカつい系外人と戦わせてもパワー負けする気がしない。最高だ!

対する純血日本人チーム、ギター、ベース、ドラムの三人!
非常に申し訳ないが、音源を聴く限りだと、三人ともまとめてブッ倒されている。

これが血統の力なのだろうか・・・

 


 

うーむ・・・
歯に衣着せずに言うと、純血日本人チーム、圧倒的に筋肉が足りない。
一番顕著なのは筋肉量がダイレクトに音に関わってくる、ドラムだろう。理想を言うとレッチリのチャド・スミスぐらいの筋肉が欲しい。

本人も見るであろうのにこんなことを書くのは、なんとも怖いが、
楽器隊3人で、ボーカルを支えきれずに完全にボーカルがはみ出している。

いや、決して別に楽器隊3人が弱いわけではない、
ボーカルが強すぎるのだ。

ボーカルは間違いなく100点を越えて120点を出している。これ以上にない逸材だ。
純血日本人チームが、そのボーカルを支えきることができたら、さらにカッコよくなるのではないだろうかと思う。
とりあえず純血日本人チームは、是非とも筋トレに励んでいただきたい。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事