BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
Akira_Sapporo

2015/09/07

記事

まずはここから!お薦めハウスアルバム3選

突然だが、あなたは最近音楽のジャンルを開拓しているだろうか?
好きなジャンルが偏って、新しい音楽との出会いを逃していないか?
春だし、新しいジャンルに手を出したいけど、何を聴こうか迷っている方はいないだろうか?

今回、"新しく聴く音楽候補"としてお薦めしたいのがハウスミュージック(以下ハウス)だ。
なぜかって?筆者が大好きだからだ。

顔が見えない音楽"ハウス"

最近は服屋やカフェなんかで耳にすることも多いが、iPodに入ってるとかCDを買ったことがあるとかいう人は少ないのではないだろうか。
どこかで聴いたことはあるはずなのに、よくわからない、そう思っている人も多いはず。
バンドであれば演奏者やボーカルがいるため、ライブに行けばアーティストが実際に演奏しているのを見て、聴くことができる。
しかし、ハウスはDJがクラブでかけるという前提で作られていることが多く、レコードやCDといった録音媒体を通じてリスナーに届けられる。そしてDJ=かけている曲の演奏者/作曲者 という構図は多くの場合当てはまらないため、バンド形式の音楽に比べて作曲者や演奏者の顔が見えづらい。そもそも機械による打ち込みで作っている曲が多いため、演奏者が存在しないこともある。
この匿名性ゆえにどのアーティストから聴いたらいいかわからず、多くの人がハウスを聴くきっかけを掴めないでいるように思う。

というわけで、今回は筆者の独断と偏見により選んだ、ハウスを聴くならここから!!とお薦めのアルバム / アーティストを紹介していく。

 

1.Elements Of Life / Elements Of Life

1
ハウス界の大御所Loiue Vegaのバンドプロジェクト。
シンガーのRaul Midon や、Louie Vegaと同じくハウス界の大御所Blazeなどが参加している。
まずはこの曲を聴いてほしい。

 


Elements Of Life / Elements Of Life
 

バンドの名前が付けられていることからわかるように、このバンド、そしてアルバムを象徴するような曲になっている。
純粋に"生"への喜び、生きていることへの感謝を表現している。そして音も美しく、壮大だ。一方で、このメッセージ性の強さと音の壮大さにも関わらず、どことなく土臭いような、飾りすぎない親しみやすさを持っており、音が自然と身体に沁み渡っていく。

このアルバムでは、ハウスという打ち込み中心の音楽にジャズやソウル、ラテン、アフリカンな要素のある生音を取り入れており、ハウスが様々な音楽を吸収して進化できることをよく表している。
それによって、反復によるダンス特化型音楽になりがちであったハウスに、日常でのリスニングにも耐えうるような厚みが加えられており、それこそBGMにしても全く違和感のない内容となっている。

また、ストーリー性が高く、イントロからラストまで飽きずに楽しめることもお薦めの理由だ。
このバンドが気に入った方は、Elements Of LifeのセカンドアルバムEclipseも大変気持よく聴けるので、ぜひ手にとっていただきたい。

 

2.Release / Ananda Project

2
こちらもまずは曲を聴いてほしい。
 


Ananda Project - Cascades Of Colour
 

最高だ。気持よすぎる。非日常感というか、異世界に一気に連れて行かれる感覚が半端じゃない。生きててよかった。
このアルバムの中には他にもBreaking Downや Glory Gloryといった名曲が収録されており、Ananda Worldにどっぷりと浸かることができる。疾走感のある曲が多く、これからの時期のドライブにもうってつけの一枚。
キャッチーと言い切っていいほど、一度聴いたら忘れられない音楽を作るのがAnanda Projectのプロデューサー Chris Brannだ。
3
彼はいろいろな名義で活動しており、Wamudu Kids、P'TAAHなどそれぞれの名前で異なる性格の音楽を作っている。
Ananda Projectが気に入った方にはP'TAAHのPerfumed Silenceというアルバムもお薦めしたい。こちらはキャッチーさは控えめだが、一曲目からの世界への引き込みかたは健在、気づいたら音に身を任せているはずだ。

 

3.Rise from the shadow / Dazzle Drums

4
最後は日本人夫婦DJユニットDazzle Drumsによる一枚。
こちらもまずは一曲。と思ったがアルバムのPVがあったのでそちらをどうぞ。
 


Rise From The Shadows PV - Dazzle Drums
 

今まで紹介してきた2枚と比べてかなり激しい、クラブの空気をそのままCDに詰め込んだようなアルバムだ。
深い海の中に沈んでいくような曲もあれば、高い山から遠くを眺めているような曲もあり、非常に多くの表情を見せてくれる。そんな中で、すべての曲に共通しているのがDJとして聴く人を"踊らせたい"という強い思いが伝わってくることだ。
これでもかというほどの音のシャワーを浴び。アルバムを聴き終えたときには、心地よい余韻が残り、また最初から聴きたくなってしまう。

余談ではあるが、筆者は彼らのDJを聴いたとき、夫婦揃って身体を揺らしながら真剣に音楽と向き合っている姿に圧倒され、一瞬でファンになってしまった。
彼らは東京を中心に日本全国で活発に活動しているので、興味のある方は実際に足を運んでDJを聴いてもらいたい。

 

まとめ

いかがだっただろうか。ハウスの顔が少しでも見えてきただろうか?
今までハウスを知らなかった方に少しでも親近感を持ってもらえていれば嬉しいかぎりだ。
ハウスは多くの音楽の要素を取り入れてきているので、音楽好きにはグッとくるところもあるのではないだろうか。

今回はハウスを初めて聴く方には聴きやすく、手に入りやすいものを選んだ。1~2枚目はレンタルでも扱っているところがあるし、3枚目はCDショップで手に取ることができると思う。興味が湧いた方はぜひ手にとって、自身のライブラリーに加えハウスミュージックライフをスタートしてほしい。
この記事が少しでも多くの方のハウスとの出会いに繋がることを願っている。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事