BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

止まれない赤信号 ビレッジマンズストア

もう何回目か数えるのめんどくさくなってきた。どうせたくさん書くんだ。後ろは向かん。

今日はビレッジマンズストアを紹介しよう。

なんとボーカルの水野ギィから、マモルさんにフォローがきた。

私の中ではかなり有名なバンドなので頗る驚いた。魂消た。

名古屋発の5人組バンドだ。バンドはとってもロックンロール。メロディーは懐かしく、新しい。

私はHOTLINE2010で彼らを見た。

迸るほどに熱かった。男臭かった。

他のバンドが綺麗めが多かった分、魅せる音・歌声・テンション、真っ赤な衣装でどのバンドよりも目立っていた。

彼らを見たときの映像だ。もしやしたら私が映ってるかもしれん。

ジャンル分けするなら歌謡ロックンロールだろう。今のがもっとかっこいいからそっちを聴くのをオススメする。

他のアーティストを紹介するのはどうかと思うが、私は佐藤タイジのようなカリスマを彼らから感じた。

vo.水野ギィから「これからも尻叩いてくださいよー!」と身に余る言葉を頂いた。

佐藤タイジ率いるTHEATRE BROOK の『お尻をひっぱたけ! 』を彼に送ろう。

あ、ない。Youtubeにない。悔しい。0:45秒ぐらいからだ。

ロックンロールって完全に外国産のものだと思うんだが、その土俵で日本人だと胸張って戦えてるのはすげぇかっこいい。

『亡霊よ、爆発しろ』より『逃げてくあの娘にゃ聴こえない 』

逃げてくあの娘も振り向くだろう。

彼らの楽曲を聴くとボーカルのワンマンショーじゃなくて、バンドで曲作ってる感じを受ける。

バンド全員で曲に対してアプローチをして、ユニゾンしてみたり、主役譲ってみたり。

勢いのある楽曲だが、バンド全体での工夫を感じる。

バーッっと作って、ほら?勢いあるでしょ?っていうのは微塵も感じない。

計算された勢いだと思う。非常にニクい。かっこいい。

これからもお尻をひっぱたく音楽を期待せざるを得ない。

ニューアルバム『刃の上を君と行く』が近日発売予定だ。

題名だけでワクワクしないだろうか。

もうすぐ発売の新譜、私は買う。

こちらもオススメだ。逃げてくあの娘にゃ聴こえない、ライブ映像一曲目のユーレイ、バラード調のビデオガールもいい。いい。オススメだ。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事