BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

オシャレ、あ~もう、オシャレ! Blue Six

このページを開いてお前は幸運だと思う。

ちょっと生活をオシャレにしてしまうような音楽だ。

私の中で、『ガッツリ聴きこむ音楽』と『普段の生活の中で流しておくBGM的な音楽』と分けている。

今日紹介するのは後者だ。

薄暗くした部屋と、彼等の音楽があれば、あなたの生活がオシャレに彩られることうけあいだ。

Blue Sixは、Jay Denesによるプロジェクトだ。

hip-hop界隈で名を馳せているBob Powerが彼を見出した。

エレクトロニカ、スムースジャズ、ハウスの影響を感じる。

一曲聴いてみよう。

女性ヴォーカルのかすれ感というのだろうか、絶品だ。

ジャンル分けをするならば、ハウス。オシャレ系ハウス。オシャレと言わずして何と言おう。

『都会的』な音楽だ。

曲がとてもシンプルで、音楽界のiPhoneだと私は勝手に思っている。

『普段の生活の中で流しておくBGM的な音楽』には、多くの場合ボーカルがガツンと飛び出してジャマになってしまう場合が多い。

彼等は控えめだ。出過ぎないところに圧倒的クールさを感じる。

CD買うことを強くおすすめする。詳しく言えばAmazonで買おう。

部屋にCDがあることによる自分だけが感じるオシャレ小物感。これを味わってほしい。

当然中身もいい。

だが、どこに行っても売っていない。私が買ったのは寂れた中古CDショップの300円コーナーだ。

こんなにいい音楽が300円で売られていることに、SEKAI NO OWARIを感じずにはいられない。

Amazonの奥地で買うのがいいだろう。売っているところが極端に少ないからだ。

ふわっと包み込むような音楽だ。美しい。

お菓子でたとえるなら『大人のきのこの山』。大人のきのこってちょっとエロいよね。

ちなみに私は『たけのこ派』だ。

そんなことはどうでもいい。

落着いた雰囲気の中に違和感無くとけ込んでくる、女性ヴォーカルと隙間を埋めてくるようなピアノ

hardhouseのように元気な音ではないが、そういうハウスを普段から聴いている人間にもおすすめだ。

都会のホテルの一室で、ワインを片手に街を眺めている。そんな音楽だ。

私はお酒が飲めないが。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事