BASEMENT-TIMES

読める音楽ウェブマガジン

ホーム
アバウト
人気記事
月別索引
オススメ記事
はと

2015/09/07

記事

そうだよアホだよ BRADIO

今年に入って急にプッシュされたBRADIO。
アニメ「デス・パレード」オープニングテーマを担当したことが大きな要因だろう。
このバンド、最近聴いた中では頭一つ抜けてかっこいい。
乗車必須のソウルトレインである。

似ている。

ボーカル、真行寺 貴秋。
vo
真行寺という苗字が羨ましい。ちなみに私は鈴木だ。

誰かに似ているんだ。。
この深層心理にひっかかる感じ、なんだ。。誰だ。

あ。


学校へ行こう B RAP 軟式グローブ

※BRADIOではありません。

そうだ、パークマンサーだ。
あまりのスッキリ感にこの記事をこのまま投稿してしまいたい衝動に駆られるが、音楽、音楽を紹介しよう。

日常の世界(Rule)に、素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Breake)を。
「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに結成された4人組ロックバンド。

(公式HPより引用)


BRADIO-Take Me Higher

アホじゃねえ。日本人のくせになんてファンキーなんだ。
パークマンサーの日本人離れしたボーカルがたまらない。トータス松本が頭をよぎるが、彼にレモン汁をかけたような爽やかさがある。
オートチューンバリバリの無菌室みたいなボーカルがはびこる中、正統派のソウルやブラックミュージックを匂わせるコブシの効いた彼の声は輝いて見える。
歌詞の乗りもいい、コーラスも凝っている。
バックの演奏も、このソウルっぽい系統だとUNCHAIN以来の衝撃である。
こういうバンドが中々出てこないのは生半可な演奏技術だとノリが出ないからだと私は思う。
演奏うまい人たちがアソビのある音楽をやっているバンドは、多いようでなかなかない。
MVも最近流行りのリリックビデオ風になっている。

そんなBRADIO。
アニメ『デスパレード』のOPを担当した。
Take Me Higherで止まっていた私のBRADIO熱が一気に蘇った。


BRADIO-Death Parade OP/ "Flyers"

彼らの楽曲はアニメの雰囲気がバッチリフィットしている。
アニメは全体としてはお洒落感が全面に出ていて、暗い。ただダークなだけではなく希望がある暗さである。
そのPVをBRADIO本人が実写化している。


【デス・パレード OP】BRADIOが本気出して実写でやってみた

やっぱりアホかもしれない。
彼らの音楽の惹かれるところはここにあるような気がしてならない。
本気でやっているのかふざけているのかの境界線が曖昧になるこの感じ。
たまらない。
こういう系統に多いねちっこいエロさも感じない、オープンスケベである。
絶妙な位置にいるところが彼らの魅力のひとつかもしれない。


BRADIO - Golden Liar (OFFICIAL VIDEO)

楽曲の振れ幅も半端ではない。
根底にあるお洒落さ、ソウルフルさはそのままに楽曲によって変幻自在である。
さてここまでベタ褒めしてきたが、曲ごとの変化が本当に大きすぎて、リスナーが置いてきぼりになりそうな匂いがする。
色々できるのは良さでもあり悪さであるが、私は冒頭で紹介したTake Me Higherがツボすぎて、続く曲があの衝撃を超えられていない。
全く根拠はないが、狙って色々な雰囲気の書いているというよりは、自然に変わっていっているような、そんな印象を受ける。


BRADIO - あの鐘を鳴らすのはあなた

カバーも出そうだ。
洋楽カバーとか、来るかも。
願わくば軟式グローブのカバーをやってほしい。
今後が非常に楽しみなバンドである。

オススメ記事

記事検索

オススメ記事